気になる巷の真実の話 【サージ船長のブログ】潮風◆

アクセスカウンタ

zoom RSS ◆氷河期到来の序曲

<<   作成日時 : 2010/07/23 00:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

昇る太陽 連日、海流の異常変化に
 よって、日本は高気圧に
 覆われ記録的な蒸し暑い
 日が続いていますが、
 これらは温暖化なので
 しょうか?
 平年と違う海流のために、
 日本の漁業関係者にも
 被害が及んでいます。

テレビでは、温暖化を強調したような報道が繰り返されていますが、
本当に温暖化なのでしょうか?

答えは「No」です。

この7月半ばから、南米では記録的な寒波が襲い、アルゼンチンや
パラグアイ、ボリビアなどでは寒さによる死者が続出し、雪や強風の
ため、空港の発着便は大混乱しています。

アルゼンチンでは、低体温症などで19日までに13人が死亡し、
また暖房の不完全燃焼と見られる一酸化炭素中毒で33人が
亡くなりました。南部や中部では18日、零下14度を記録し、
ブエノスアイレスは16日、零下1.5度と過去10年間で最も
寒い日を記録更新しました。

ペルーやアルゼンチンなど南米8カ国で220人以上が寒さの
ため死亡し、この寒波は今週に入っていったんは和らいだものの
牛や豚など家畜の被害は少なくとも数千頭に上り、これについて
ボリビアのモラレス大統領は、農作物の生産への影響に懸念を
示しています。

特にアルゼンチンでは、記録的な寒波到来で、数十人以上が
凍死しました。通常なら気温20度以下に下がることのない
ボリビアの熱帯地域でも0度近くまで気温が下がり、5人が
寒さのために死亡しました。

チリでは今のところ死者は出てはいませんが、普段は温暖な
地域なのに大雪に見舞われてます。


アイスランド噴火 アイスランドの噴火に始まり、
 地球は間違いなく寒冷化に
 向かってます。
 この5〜10年の歳月を掛けて、
 ヨーロッパの大地が氷河に
 覆われることになるでしょう。

日本でも1783年に浅間山が噴火した際に、東北地方を
中心に深刻な作物被害を出した天明の大飢饉が記憶に
あります。
また1970年の浅間山が噴火したことを記憶している人も
いることでしょう。

この2009年に浅間山は活動を活発化させました。

これら噴火による冷害は、作物に確実に悪影響を与えます。
火山灰により太陽光が遮られることで、世界各地で一瞬のうちに
作物が実らなくなり、僅か数十日で地球規模の飢餓が訪れます。

食事もままならないまま、様々な疫病が世界中で蔓延するでしょう。

これら寒冷化に備えて、ノルウェーを始め他の国々でも、
食料や医薬品の備蓄が行われています。

英国凍結 こうした氷河期は、過去、何度も地球に
 訪れています。このような現象が
 約1万3千年前に起こり、その時の
 小氷河期は約千年続いたそうです。


 旧約聖書の創世記に、ソドムとゴモラが
 一瞬で壊滅した話があります。
 振り返ってはならないと言われたのに、
 ロトの妻が振り返って逃げ遅れたために、
 一瞬にして塩の柱(正確には白い柱:氷柱)になりました。


あの凍結したマンモスを思い出す人もいるでしょう。
「リューバ」と名付けられた雌のマンモスはほぼ無傷で、
約3万7000年前のものと推定されている。(共同)

マンモスの胃袋には、熱帯地方に群生する植物が、
食べられたばかりの状態のまま凍っていました。

これら超短時間で世界が凍り付けとなる事態だけに、温暖化よりも
はるかに深刻であり危機的状況であるがため、これをもしマスコミが
公表すれば、世界経済は一瞬で崩壊し、世界中がパニックに陥るでしょう。

当然、報道機関は各国の政府通達により、報道規制が敷かれています。

しかし、我々は真実を知る権利があります。
何が真実なのか、それぞれが自分の力で調べましょう。

明日を切り開くのは、他の誰かではなく、あなた自身なのです。


さて、これらは本当に自然災害なのでしょうか?

皆さんはハープ(HAARP)と呼ばれる装置をご存じですか?
地震やハリケーンを人工的に引き起こす事が出来る装置
なのですが、元々はマイクロ波によるマインドコントロール
を行うための装置として開発された物です。

気象コントロール装置として最初に使われたのは1976年。
当時に様々な気象実験が繰り返されました。また、軍部の
介入により、この装置は兵器として用いられるようにもなりました。

このプログラムの開発に携わったバーナード・イーストランド博士が
1987年に特許を取った際に、この装置の力や能力がマスコミで
報道されたことがありますが、その後、報道規制がされたことで、
一切明るみに出ることはなくなりました。

原理は電子レンジに似ており、周波数を調整することによって
嵐に熱を起こさせる働きがあります。そのエネルギーは莫大で、
仮に電子レンジを600Wとすると、HAARPは17億KW以上。
電磁波をハリケーンに向ければ、その勢いや規模が増大し、
それらがもたらす被害は甚大です。

1994年の夏、500年に1度しか来ないと言われた巨大な
ハリケーンがアメリカに上陸しました。ミシシッピ川が決壊し、
大災害が発生しました。多くの家屋は倒壊し、人も大勢亡く
なりました。

その被害の原因となった理由に、このハリケーンが不自然に
ずっと同じ場所に停滞し続けたことがあります。あの地域の
自然現象では起こりえない自称です。

これはHAARPによる被害以外の何者でもありません。

さらに、2005年8月にメキシコ湾からニューオリンズに上陸した
ハリケーン「カトリーナ」や、2008年5月にミャンマーを襲った
巨大サイクロンも、同様にHAARPによってもたらされた
気象操作による被害です。

いずれも観測史上で甚大な規模で、同じ場所に長時間留まった
のが特徴です。新聞や科学雑誌では「500年に1度」の言葉が
並びました。気象学的に説明の付かない状況がそこにあった
からです。

次にHAARPの電磁パルスは、対象となる物質が持つ特有の
周波数を増幅させることが出来ます。スティーブン・セガール
主演の映画「暴走特急」や「時計じかけのオレンジ」、邦画では
「K-20 怪盗二十面相」に登場した装置がこれに似ています。

特定の地域に、強力な電磁パルスを照射することで、その地域に
巨大な地震を発生させることも可能です。原理としては、手品で
ガラスのコップを割るパフォーマンスと同じで、コップが持つ
周波数と同調する声を浴びせ共鳴させることで、コップを破壊
すると言うものです。練習をすれば誰にでも出来る技です。

この手品と同様に、ある周波数の電波を活断層のある地面へ
照射すると、その地域の地下水温度が上昇し、それらの水が
染み込んだ地殻が膨張、破断して大地震が発生します。
画像
現代の交流電源を発明した
ニコラ・テスラが、交流電磁
誘導を説明した時、次のような
言葉を残しています。
「地球でもリンゴのように割る」

このHAARPによる人工地震の特徴は、地震が発生する前に
空で巨大なプラズマの塊(渦巻き)や虹色の雲が現れることです。

高周波の強力な放射ビームを地球の電解層に飛ばしてから
地面に跳ね返させることができ、遠隔の特定した地域を狙うことが
可能です。

1976年に中国で唐山地震が発生し、公式発表で約24万人
以上の死者が出た大規模地震でしたが、この時も上空に
奇妙な光が大勢によって目撃されています。

2007年7月の新潟県中越沖地震の前にも、2008年5月の
中国の四川大地震の際にも、同種のプラズマ光が撮影
されています。

新潟の地震のとき空に現れた妙な前兆は、下記のYou Tube
サイトにアップされていますので、是非ご覧ください。
「B.FULFORD VS. HAARP」



特定地域の海水温度を上昇させ、下は海流、上は偏西風を
操作しなが、指定地域の気温をコントロールしている者が
います。

そう、Co2の排出権で一儲けしたい輩たちです。

面白いことに、途上国では地震や自然災害により深刻な
飢餓と疫病が発生し、人道支援と言いながら、その国々を
政治的な面で支配しています。いずれその国の土地は、
彼らの所有物となるでしょう。ある時期が来ると、
そこは肥えた楽園の土地に変わるでしょうね。

反面、この近年で飛躍的に経済的成長を続けた中国や
インドをはじめとするアジア圏に対して、環境問題を
ねつ造したデータとメディア戦略により、それぞれの
国の大衆心理に植え付け、実際に大規模な災害を起こ
させて脅し、仕舞いには政府もグルになってCo2の
排出権という名の「国家税」を払わせて、一儲けを企んで
います。

だから大企業や銀行の税制優遇を行いつつ、彼らも仲間に
引き入れているのです。

結果がどうなるかも知らないで、目先の餌に飛びつく
馬鹿な蛙たちです。

追伸 ※二枚舌の蛇にはご注意を。
















凍結都市















デイ・アフター・トゥモロー [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2008-10-16
ユーザレビュー:
文句なく面白いです。 ...
うーん、確かに、CG ...
文句なしの傑作です。 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
◆氷河期到来の序曲 気になる巷の真実の話 【サージ船長のブログ】潮風◆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる