気になる巷の真実の話 【サージ船長のブログ】潮風◆

アクセスカウンタ

zoom RSS ◆心と宇宙(世界)の話

<<   作成日時 : 2011/08/30 17:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 24

画像 この夏、福島へ行ってきました。色々見て、聞いて、考えて、ふと気がついたことがあります。

 3月11日以降、街中やインターネット内に、やたらと目立つように、ある言葉が見られるようになりました。


アセンション、ハイアーセルフ、ライトワーカー、高次との繋がり、ワンネス。これらの言葉を発する方からは、強いエゴを感じることがしばしばあります。

これらのスピリチュアル的な言葉を並べている方々をよく見掛けますが、この方々は自らの矛盾に気付いていません。私から見れば、人々を独自の思想や哲学、真実を隠した知恵でコントロールしようとしている悪しき集団に属する方々に見受けられるのです。因果、自然の法則に反する理念を展開する方々があまりにも多くいるからです。

そもそも人の存在とは、特にあなたの存在ほど、この世で大切なものはありません。あなたの想いが、あなたを中心とした宇宙(世界)を形成しているからです。

あなたの心やその想いが、他の誰かのものであったなら、その考えの裏には、あなたの存在価値を損なわせ、あなたの存在を無意味化させようとしている働きがあることが分かります。

この宇宙で、あなた以上に高次な存在はあり得ないのです。「そんな馬鹿な」と、あなたは思うかも知れませんが、これは事実です。

もちろん他に大勢の人が、あなたの宇宙(世界)に介在しています。多くの人の意思が重なり合い、エネルギーに満ちた美しい宇宙を形成しているのも事実です。その中心に、あなたの存在(宇宙)があるのです。当然にして、あなた自身の宇宙を広げることは、あなたにしかできません。世界が重なり合うことがあっても、あなたの宇宙(世界)はあなただけのものなのです。

どんな優秀な哲学者や宗教家、科学者や数学者、博士であっても、他の誰かがあなたの宇宙を作ることは絶対にできません。このことからも、あなたを中心に外界へ広がる宇宙(世界)の中で、最高の創造作業を行えるのはあなたが唯一の人であり、あなたが宇宙で最も優れた存在なのです。

そう、神なのです。

画像



















ゆえにあなたに何かを命令したり、無理矢理に何かをさせようと考えている者が現れれば、それは間違いなくあなたの宇宙を破壊、あるいは利用しようと訪れた、いわゆる悪魔なのです。

人は生まれながらに、嫌なことを無理に行う必要などは一切ありません。しかし、先ほども説明したように宇宙(世界)は、それぞれの人が創造する宇宙(世界)と重なり合っています。あなたの存在に力を与える流れもあれば、逆にあなたの力を打ち消す流れもあります。それは、あなたの存在が物質ではなく、エネルギーであることを証明しています。つまり、エネルギーの塊が結果として物質や現象として生じるのです。

たとえば、仏像やお墓、仏壇にお位牌、イエスやマリア像などは、あなたにとって単なる心を向ける対象でしかありません。それらを作った方々が、ある意志の元に創造した産物です。しかし、大切なのは、そこへ向けたあなたの心こそが、力の源である神の存在であることを知るべきです。その心は、当然にしてあなたのものです。このことに気付いてください。

この世界では、作用と反作用の働きが生じます。あなたから外界に向けられたエネルギーは、それに比例した現象となってあなたに返ってきます。その返ってくるエネルギーは、本来ならあなたが送ったものと同じエネルギーな筈です。しかし、返ってくる際に、どこに当たって跳ね返っきたかで、その返ってくるエネルギーが違う形となる場合が多々あります。

光が、赤や青のセロファンを通り抜けた時のように、水面や白い布に反射した光が異なるように、変化して返ってくる場合があるのです。自分が求めたこととは、何ら関係のないエネルギーが予想に反して返ってくることもしばしばです。

「自分は神なのに、自由にならないのはなぜ?」と思うでしょう。しかし、それら原理をしっかり学べば、ちゃんと希望した結果が返ってくるようになります。それを知らないで闇雲に光(行動やエネルギー)を放っていても、事態は良くなるどころか、ますます混乱することばかりが起きてしまうでしょう。

かといって、その光を他人任せで放っていては、いつまでたってもあなたの宇宙がその恩恵を受けることはありません。あなたのエネルギーを利用したい悪魔は、あなたに「ああしろ、こうしろ」と、やたらと何かをさせようとします。しまいには、「これをやらないと不幸になる」や「地獄に堕ちる」などと、不安を煽ったりしてきます。まさに悪魔の所行です。

実に馬鹿げた話ですが、当然ながら、そこに答えなどはありません。あなたのエネルギーを良からぬことに使われてしまうのがオチです。

「人が答えを求めたいなら、瞑想をするのがよい」と、言う方もいます。では、瞑想とは何でしょう。

画像 非常に簡単です。
静かに自分を見つめることです。外界のことや、他の誰かの価値観ではなく、自分自身の考えや想いを見つめ直すことです。

 そうすることによって、全ての物事には、ある決まったパターンが存在することに気付くでしょう。

そして、自分にとって一番心地良かった時は、何をしていた時か、どうすればそうなったか、冷静に考えることでそれを知ること、さらに、充実感や幸福感で心を満たす時間を作ることが「瞑想」なのです。

チャクラがどうのこうの、クンダリーニがなんとかと、わざわざ難しく語っている方々がいますが、その方々は瞑想が何であるかまるで分かっていません。当然、何でも下ネタと結びつけるフロイトの悪魔的知識など一切無用です。

瞑想とは、自然にそうなることであり、言葉など必要のない状態の事を指しているのです。

あなたが静かに目を閉じて、自分の楽しかったことや、心地良かったことを思い起こし、その幸福感にただ浸るだけで、すでに瞑想の状態は完璧に整っています。瞑想とは、心を静め、心眼を見開くための準備運動のようなものです。瞑想のみで人が解脱(悟りの境地)することはありません。

心を静める時間を長く保つように練習するだけで、自然と無心になれるようになり、その無心の状態から新たな閃きや、映像、音などを心の中で感じることができるようになります。無心とは、自然との調和です。人の価値観や物質に囚われた価値観を捨てることなのです。ある意味、解脱と言えば解脱です。

やがて、その心の中から、あなたの宇宙(世界)に取り出せる知恵をも得ることができるようになるでしょう。その知恵をどう使うかはあなた次第です。まず肉体を持ってあなた自身が現存するというその因果を知り、真っ向から受け入れましょう。その上で手足、体、頭を使って何をもって世に働きかけるのかが大切なのです。

よりリラックスした時間を継続できるように、キャンドルやアロマ、半身浴を利用する方法もあります。音楽は、曲によって様々な影響を及ぼすので、あえて無音の状態を作った方がベターです。大切なメッセージや、微かな音による知らせを聞き逃しては元も子もありません。と言いつつも、無我の境地では、外界の音など聞こえてくることはありません。ただ、この状態の維持に慣れるまでは、音などはない方が良いでしょう。

ある友人の僧侶は、「読経や木魚を一定のリズムで叩く音(単調なリズム)によって、この無我の境地に到達し易くなる。」との意見もありますが、その人によってそれぞれですので、自分なりの最も良い方法を見つけましょう。

多くのサドゥや賢者、シャーマンがこの無心無我の状態を造り出すのに、ドラッグや恍惚状態を得る薬草を使ったりしますが、それは、彼らが悟りを得るために荒行や苦行を重ねたことで、人としての俗世間の幸福感が削ぎ落とされたり、それすら知らずに育った環境にあったために、そのようなものを使わなければならなくなった場合が得てしてあります。本来なら、そのような後遺症を伴う道具に頼る必要はありません。

ゴールは一つでも、道はいくつもあると言うことなのです。しかし、度を超えた遠回りや、まして後戻りする方法では意味がありません。いくら偉い先生の言葉だとしても、その方法が本当に正しいかどうか、自分自身でしっかりと考察した後に判断し、着実に前へと行動していきましょう。本の行や先生の言葉をただ鵜呑みにするのは、自然の法則や真理に反する行為なので注意が必要です。


さぁ、皆さんも今一度、自分を見つめ直して、自分の宇宙を広げていきましょう。そして、幸ある宇宙を体験してください。


−追伸−

助けが必要な方々に、未だ届かない義捐金で思うことを書きます。

人を思いやる心から、苦難にあった人々に具体的に支援したいと思うなら、せめてあなたが善意で寄付した半分(50%)以上のお金を、その慈善団体の管理費や運営費に使ってしまわないような善意ある組織や団体に寄付することをお願い申し上げます。あなたの善意を半分も届けられない無力な団体では、人々を本当の意味で助けることはできないでしょう。あなたの想いを最大限に活かしてくれる、愛のある人々に託すことが大切です。

災害や紛争によって住む場所や、食料、飲料水の不足に悩み、寒さに耐えている人々のために何かがしたいと思うなら、自ら行動し、その人たちを直接助けることもできるでしょう。しかし、一人の力で多くの人を助けることは、時間も労力も膨大に必要となるため、あなたと同じ気持ちで優しく愛のある手をさしのべてくれる団体を見つけることも、それら想いを成就させる近道の一つです。

人のために行動すると言うことは、それだけあなたの気持ちと同じくらい真剣で、大切にしなくてはなりません。人に何かをすると言うことは、結果はどうであれ愛の始まりなのです。

画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 33
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
仏陀は、この世界の本質とは「空」であると言ったらしいです。最近の科学では、原子の周りを回る電子がなくなると原子は消滅することが解ったらしいです。まさに、この世界はエネルギーそのものであって、実は実体がないということを科学的にも証明されたのです。世界を動かせるのは自分自身であり、神というものの本質は人間一人一人の中にあるということが一般に知れ渡り始めて居ます。未来に対する一筋の光ですね。
修行僧
2011/08/30 21:23
修行僧さん、お久しぶりです。
まさにその通りですね。

物質は、99%以上の空間でできています。現代物理学や量子力学の世界では当たり前に論じられることですが、なぜそうなのか誰も解明できていません。

解明できないのは、観測や結果検証においてしか証明できない、現代科学の矛盾点にあるからです。

理論上、人が壁を通り抜けたり、空を飛んだりすることはできて当然の筈なのに、それができないのはこの世界が意思により形成されている証です。

幼い頃から強制された洗脳教育によって、強い固定概念が生まれ、あらゆることを不可能であると刷り込まれているのです。

さぁ、いよいよ世界の真実が明るみとなり、世界中の人々が目覚め、解放される時が訪れようとしています。

私は、世界を照らす一筋の光の一つになるために、全力で悪しき者達に立ち向かいます。
サージ
2011/08/31 09:43
おはよう御座います。
先月から世界同時多発している新型インフルエンザによる死亡者が日に日に増えています。これに効くワクチンは当然ながらありません。前回と同様に人工的に作られたウィルスだからです。海外の渡航をお控えください。

今朝、南太平洋でM7.0の地震が発生しました。それぞれ双方が本格的な戦いを始めています。この2派の破壊と殺戮工作を続ける戦いに皆さんが巻き込まれないよう、本日から断食業に入りました。

全身全霊で、彼らの利己的な悪しき活動を抑え込みます。
現場で謀略阻止に当たっている方々の無事をお祈りしております。

セム派も、カナン派も、双方共に操り人形です。
その影に潜む黒幕に、そう、あなたに思念を送ります。
サージ
2011/09/04 09:15
断食業(不食)のお陰でだいぶ体が軽くなってきました。と言っても体重は極端に変わりません(当たり前)。このまましばらく続けていこうと思います。と言うのも、ソマリアで75万人が飢餓で数ヶ月以内に死ぬなどと、国連が精神への悪質な刷り込みをはじめましたから、人は不食でも生きられる証明をしたいと考えております。

皆さん、お気付きの方もいるとは思いますが、このブログの左側に「気になる東京の空模様」として、リアルタイムの東京(スカイツリー)が見える動画を張りつけています。夜間見れば分かると思いますが、街の灯りやネオンが点滅したりするのが確認できるでしょう。

私はいつも彼らを見張っていると言う証です。皆さんも彼らを見張っていてください。ま、彼はもっと上から見張っていますが、そのカラクリも、「世界の真実−後半」で暴露しいてきますので、ご期待ください。

バレないと思っている内は、彼らは盲目なのです。
サージ
2011/09/08 01:27
東北地方、東海、沖縄地方の方は、突然の衛星落下にご注意ください。

以下、9月23日の読売新聞の記事。

◆破片落下の衛星、24日3時半に中部上空を通過
文部科学省は23日、寿命で地球に落下しつつある米国の大気観測衛星(UARS)について、大気圏に再突入するとみられる日本時間の24日未明から午前にかけて、衛星が日本付近の上空を通過する可能性は3回との試算結果を公表した。

同省によると、米航空宇宙局(NASA)の情報を基に宇宙航空研究開発機構が衛星の軌道を計算したところ、24日午前2時に北方領土付近、同3時半に愛知、岐阜、福井県など中部地方付近、同5時に沖縄本島の南側の上空を通過すると見込まれているという。

この際、高度が下がった衛星が大気圏に突入すれば、数分で破片が地表に到達する可能性がある。NASAによると、人に破片が当たる確率は3200分の1で、特定の1人に当たる確率は20兆分の1以下になるとしている。
-----転載以上

つまり事実上、交通事故で亡くなる確率よりも高い。
大気圏内に突入の際、音速を超えることが予想されるので、とてつもない爆音と振動が起きると思います。現在、私は仲間たちと領空内を監視中です。

まさか、これまでの多数の作戦失敗の穴埋めに、人工衛星落下を利用して、原発に直撃(ミサイル攻撃)という強制シナリオを実行する馬鹿げた暴挙に出るかも知れませんので、引き続き監視の目を研ぎ澄ませます。
サージ
2011/09/24 01:07
人工衛星UARSは、その大半が大気圏内で燃え尽き、一部の破片がカナダとアフリカ、太平洋沖へと落下した模様です。原発については、色々と不穏な動きがありますが、ひとまず衛星落下は安心ですね。

ところで次期ロシア大統領は、シナリオ通りにプーチンです。
彼らの言葉に注意を払いましょう。
「鷹と熊が豚を貪る時が来た。」
この中に犬という言葉は存在しません。
お分かりでしょうか?

犬と言えば、桃太郎のお話を思い出す。この民話は、14世紀初頭に訪れたイエズス会の宣教師が民話として創作し広めたもので、瀬戸内に蔓延るポルトガル人やスペイン人の海賊を蹴散らすお話です。

彼らは、この頃から日本侵略を目指していたのです。それまでは土地土地に密着した状態でキリスト布教を広め、16世紀に入って幕府に対して本格的な活動へ移行します。イエズス会は、大英帝国による世界支配を闇で支えるイルミナティの司令塔です。

彼らが日本を侵略する際に、刀を持ち歩く武士がとても目障りだったため、織田信長、豊臣秀吉に入れ知恵をして「刀狩り」を行わせた。以後、徳川家康、明治政府と刀狩り令は続き、庶民だけでなく武士までもが刀を取り上げられるようになった。

これまで他国に比べて日本が彼らの手中に落ちにくかったのは、まさに武士の存在です。己を研ぎ澄ませ、信念の元に太刀を振るう。その姿は、まさに日本人としての神髄である。

明治維新とは、日本人にとって大いなる恥事である。

若者よ、刀を取れ。
志の元に生きよ。
サージ
2011/09/24 21:42
次は、時速2万8000キロで周回しているドイツのX線観測衛星「ROSAT」が、明日から25日にかけて大気圏に突入します。

破片の合計約1.6トン、最大30個の破片が地表に降り注ぐ可能性があるそうです。引き続き観測を続けます。
サージ
2011/10/19 18:29
ドイツのエックス線観測衛星「ROSAT」が日本の上空を含む北緯53度から南緯53度の間のどこかに落下することが懸念され、日本時間の23日午前10時50分前後にインド洋上空で大気圏に突入したと報告された。

その最中、カダフィ大佐の不審死とニュースに事欠かない中東で、またも大被害が起きた。

昨日23日、トルコ東部エルジシュで起きたマグニチュード(M)7・2の大地震は、多くの犠牲者を出した。衛星落下との関係は現在調査中。

この地震で、多数の人が依然、生き埋めになっており、エルジシュの病院の外に100人以上の遺体が置かれているとの情報もあり、気象当局は推定500人から千人が死亡したとの見方を示している。今後さらに死者は数千人を超える状況だと言える。

エルドアン首相は23日夜に現地を視察後、被災地ワンで93人、エルジシュで45人の計138人の死亡を確認、約350人が負傷したと述べた。救助隊は倒壊した建物からの救出作業を徹夜態勢で続けている。
現在、被災地には約1300の救助チームが展開している。

AFP通信によると、エルジシュでは約55棟のアパートが崩落し、8階建てのアパートも倒壊した。住民の多くは屋外で夜を過ごさざるを得なくなっているが、夜間の気温は3度程度まで冷え込んでいるという。被災地では余震が続き、電気も止まった。住民はたき火で暖を取っているとのこと。

この東部では、軍や治安部隊が少数民族クルド人の武装組織「クルド労働者党」の掃討作戦を展開している。これにこの地震が関係している声もあるが…。
サージ
2011/10/24 10:33
こんばんわ。
妻の両親だけは創価に入信しているみたいでした。信者も洗脳されているとおもいますのでちょっと様子見ですね。

サージ氏は、哲学、歴史、世界史、宗教から物理学まで博識でありますね。サージ氏自身が何か本は出されているのですか。
andy
2012/09/17 20:41
andyさん、こんにちは。

一度洗脳を受けた人は、潜在意識に特定の理論や価値観が刷り込まれているため、そこから抜け出せないでいます。本人が気持ちの上で脱会したと思っても、その人の本質の部分で教義や理念がしっかりと根付いています。それを解消するのは容易なことではありません。

たとえばオウムがあのような事件を起こしても、それでも麻原彰晃を神と同等する考えを捨てきれない人もいます。そこから離れられない、離れるのが怖いという観念が依存という形で現れます。また宗教でなく、お酒や薬といった依存症も同様な心的な働きで生じます。

フリーメイソンなども密教と同じで、世界的な宗教には必ずついてまわる秘密主義的な概念があります。特別なイニシエーションを受けた一部の者だけに開示される秘密の教えです。それが階級制度や待遇にも連動しています。これらは、いずれ腐敗する社会構造とよく似ています。

私は今後の活動で、これら社会悪から派生する多くの問題を改善していきたいと思います。

私の作品ですが、コラムや、ある映像作品、電子小説として残したものはいくつかありますが、書籍としては、今手元にある長編物の児童書2冊と、短編物がいくつかあるくらいですね。

今、出版準備を進めているので、近々、これらは世に出るでしょう。
サージ
2012/09/18 10:38
こんばんは。

最近こちらのブログを知ったので、まだ全部のスレッドを読み切れていませんでした。
今日は、宇宙のタイトルが気になり読んでみました。
修行僧さんとサージさんのやりとりを興味津々に読ませていただきました。
以前、宇宙ってどうなっているのか知りたくってホーキングやアインシュタインも読んでみましたが、さっぱり判りませんでした。
ゆらぎだのビッグバンだの、そんなので宇宙が生まれるのケ?
よその板で知ったのですが、ホーキングもメーソンの一員らしいですが、本当でしょうか?
ホーキングのような第一人者がメーソンだとしたら、物理学会を牛耳って嘘だらけにすることもたやすいことになりますよね。

あと、桃太郎の昔話は子どもの頃から好きなお話だったので、
>イエズス会の宣教師が民話として創作し広めたもので、瀬戸内に蔓延るポルトガル人やスペイン人の海賊を蹴散らすお話です。

そうなんですか、知らなかった!
桃太郎伝は全国で数ヶ所ありますが、私の住む東海地方にもあるんですよ。
桃太郎は正義の味方で気に入っていたのに(泣)まさかの展開です、イエズス会め!
ききょう
2012/09/22 19:34
ききょうさん、こんばんは。
権威ある学会や大学、研究施設などには、フリーメイソンが必ず介在しています。彼らは優秀な人間を取り込んで、自分たちに服従させる形で世界を支配しています。教育機関や大学という制度もメイソンが造り上げたものです。

数式メインの物理学はともかく、量子力学や幾何学の分野は検証が不可能なものが多く、皆好き勝手な構想を造り上げて、それに公式を当てはめてあたかもそれが事実のようなすり替えを行っています。だからリサ・ランドールのような低俗な膜宇宙論があたかも最先端の宇宙論などとして祭り上げられるのです。実に馬鹿馬鹿しい。こういう人は、一度、臨死体験をしてくることをお勧めします。理論感が一変するでしょう。

私の理論では、地球は未だかつて一度も回転も移動もしたことがない。と結論づけています。つまり天動説を唱えていると言うことです。この分野は実に面白い。追及していくと世界の大嘘が次から次へと暴かれるでしょう。

ちなみにイエズス会は隠れ蓑です。宣教師のフリをしたスパイおよび破壊工作員。そう考えた方が理解しやすいでしょう。皆、賢い彼らに利用されたのです。桃太郎も、危険にさらされた村人の視点からは正義ですが、後に村だけでなく国ごと奪われるとして考えれば、たんなる間抜けでしかありません。

大切なのはアリの目ではなく、鷹の目を持つことです。全体像がちゃんと見えなければ、真実を見誤ります。
サージ
2012/09/22 21:07
こんばんは、リュウモンです。
例によって、週末は娘とグリーを観て、酔っ払ってるただのおっさんです。(@⌒ー⌒@)

いやはやサージさんはやっぱり面白い。(^O^)

>私の理論では、地球は未だかつて一度も回転も移動もしたことがない。

私も、何処かに行った事もなければ、あっちに行った事もないです。いつだってここにいます。
私は山を動かす事が出来るのですが、皆は私が動いてると笑います。(^O^)
まあこんな感じですが、サージさんに出会ったり、ききょうさんに出会ったり、楽しいですね。(^O^)
いつか皆さんと、心ゆくまで呑みたいです。

久しぶりにこの記事読みましたが、素晴らしいですね、ききょうさんサンキューです。(^O^)

因みにこちらのコメで、不食に言及されていますが、やはり食べなくても大丈夫なのですか?原子転換などするのか?最終的に水は必要ですか?
根性なしなので、一日以上断食経験がありません。(^-^;
よろしくお願いしマンモス。m(_ _)m
リュウモン
2012/09/23 00:45
リュウモンさん、こんにちは。

見落として返事が遅くなりました。m(_ _)m
グリーですか。あまりお勧めできないコンテンツですね。色々なモラル低下する仕掛けがあるので、子供には触らさない方がよいと思います。


そうですね。物事は見方を変えると違った側面が見えてきます。誰かが言ったこと、本に書いてあること、こうした情報を何も考えず鵜呑みにすることは、大切な創造力が育たず、しかも知らず知らずのうちに洗脳されていきます。当たり前にサラリーマンに見られる拝金主義などは、その最たる例でしょうね。

お金のために働くことこそが、一番の愚か者です。

急な断食は大変危険ですから、もしやるなら少しずつ減らして行くことが大切です。断食でなくなった方も実際にいますのでお気を付け下さい。

はい。食べると言うことが一番エネルギーを費やします。つまり、粗食や定期的な断食などは、非常に体に良いことが分かります。免疫力や自己治癒力も高まります。

実際に10年以上も不食で生活している方々もいます。そうした団体が世界各地にあります。
サージ
2012/09/25 16:17
サージ船長、

始めまして。先月やっとご縁が有りまして、このブログを発見しました。船長の船に乗り遅れ、自分でイカダを作り、イカダに愛猫を乗せ漕ぎまくって船長の船に追いつこうと必死になって居る気分です。

この宇宙のエントリーが一番好きなので此方にコメントさせて下さい。

もう色々お聞きしたい事など星の数程有るのですが、一つだけ一番気になって居る、児童書について教えて下さい。
サージさんの児童書の作品、とても興味が有るのですが、私の様な一般人でも手に入れるのは可能でしょうか?確かコメントでは会員の方のみだと有ったと思うのですが、諦め切れなかったのでお聞きしました。

サージさんがなぜあんな愛に溢れたコメントが書けるのか、なぜあんな情報量があるか、
なぜ宇宙と繋がれるのか、色々想いを馳せながら、何度もこれからもこのブログ読みますね。

(Twitterも拝見する様になりました!アランさんもサージさんの側近だけに優しい方ですね)

日本の為に、子供達の為に心の底からありがとうございます。
この春が、毎日笑顔の溢れる日で有ります様に....

TT
TT
2015/03/26 05:33
TTさん、はじめまして。遠い処より当ブログにおいで頂き、コメントまで残して頂いてありがとう御座います。

「イカダに猫を乗せて」というフレーズに、つい微笑んでしまいました。と言うのも、現在、継続執筆中の児童向け長編小説に、そのようなシーンが登場するからです。

さて、私の出版物についてのご質問にお答えします。現在、この児童向け小説は第一部の前編・後編は完成し、第二部に取り掛かっています。是非とも多くの方に読んで頂きたいと、一般販売を準備してきましたが、ISBN(International Standard Book Number)という国際的言論統制の制度が立ちはだかっています。

いわゆる日本では、このISBNという書籍コードを収得しなくては、基本的に書籍として書店に並べることも、図書館に寄贈することも出来ません。グローバルスタンダート制度の一つです。

しかも登録料18000円+国際本部運営資金2000円+税の費用が必要となります。強制はしていないものの、日本国内の書籍流通ついにおいて、ISBNを付けていない本はどこも取り扱いません。

これはヤクザの「みかじめ料」と「検閲」を兼ねた言論統制だと言えます。しかもバーコードの666を添付された形でしか流通させないという意図もあるのです。

つづく
サージ
2015/03/29 16:40
このISNBの歴史を調べたところ、元々はドイツのナチス時代に検閲のために作られた制度で、政府批判や異端書などを排除する目的で作られた経緯があります。そして、後にイギリスが管理国となっています。

これが世界中にグローバリズムの一環として広まり、知らず知らず当たり前に666バーコードが本に刻印されている現状です。日本では1981年に導入されました。

書店でこのISBNのない本を探してみてください。少なくとも古書でない限り、国内では皆無です。TTさんの国ではいかがでしょうか?

このISBNは検索すると個人情報が丸見えになり、住所や連絡先すら漏れてしまいます。また著名での作品も多いため、これに反対する著者も少なくはありません。

私は、創作者の自由な言論の発信と、創作における自由意思の尊重を阻害するISBN制度に断固反対し、それら制度に依存しない書籍インフラを整備するための準備を行っています。

特に出版業界は良書が生まれる土壌としては最悪の環境にあり、著者よりも出版社や取次、書店の方が儲かる制度で、最も苦心して生み出した著者の権利が一番蔑ろにされています。

元々私は個人の著作権保護を推進するNPOの代表であり、これは知的所有権を掌握しようとするTPPや、AMAZONのような国内の流通を奪おうとする黒船企業に対する布石でもあります。

私は多くの優れた図書が、もっと手軽に世の中へ出て行き、誰もが気軽に読めるような環境を生み出したいと、日夜考えて行動しています。
サージ
2015/03/29 17:01
結果として、ISBNを入れない出版を断行します。今年の5月ないし7月までには、書籍として皆さんの手に取れる形を用意したいと思ってます。

その後、試験的に誰もが気軽に良書に巡り会えるカフェ・スタイルの場所を展開し、いずれ世界中に広げていきたいと思います。

デジタルに依存しないものと、デジタルに特化したものの住み分けをし、それらを複合的に展開させようと考えているので、なかなか骨の折れる作業で牛歩の歩みです(汗)

いわゆるオンデマンド出版や、デジタルソリューションに繋がる分野での展開です。当然にして、泥棒クラウドには繋げる気は一切ありません。

「世の中にないもの」を造るのが私の仕事ですし、それらが人々の幸せに繋がるよう、日々精進して参ります。
サージ
2015/03/29 17:18
サージ船長、
ご多忙な中、ご丁寧な返信ありがとうございました、大感激です!
はい、仰る通り此方の本屋に置いてある本は全てISNBのバーコードが、雑誌類は表紙に、単行本と文庫本は背表紙にバッチリ付いております.....
手元に有る日本の本はバーコード有り・無しがありISNBナンバーのみ記載されている本もあります。
何故、この世の中の充分過ぎるお金を持った人達は自分達の事ばかり考えるのでしょうか?" 任侠 "の心を持つ人達はこの世のシステムに押し潰されて絶滅してしまうのでしょうか?
サージさんにはお会いしたこともなければ、お顔も存じ上げませんが真実の意味での「正義」を追求している方なのだなと私は感じます。正義は人によって全く異なると思うのです。私の正義は誰かにとって支配だったり、誰かの正義は私にとって恐怖だったり。
多分、私が求めている正義を正義感をサージさんがお持ちになられているのです。それにも増して、莫大なありとあらゆる方面の情報量と知識とアーティスティックな部分、精神的な強さ、優しさなどなどサージさんは凄い『パッケージ』です。時々もしやクローンが何人もいるのかばなぁと思う位です...

最近知ったオアフ島でネイティブハワイアンの為の独立国の活動家であるBumpy Kanaheleさんとサージさんに何か似た想いを感じました。私もハワイの海と山と太陽、全ての自然が大好きです。ハワイに行くと色んな意味で意地悪おばちゃんから真っ新な少女になれるんです。

続きます...


TT
2015/03/31 02:53
ごめんなさい、自分の思っている事ばかりダラダラ書いてしまいました...
近い将来、サージさんの作品を手にする事を心から楽しみにしていますね。(イカダの猫も楽しみです。その猫がイカダで釣りなんかしてたらいいですね)

今の私が出来ることは、限られたシンプルな事ばかりですが、何かお役に立てることが有りましたらお知らせ下さい。

サージさんの全ての細胞が喜ぶ毎日で有ります様に、うちのボス(猫)共々心の底からお祈りいたします。

TT
TT
2015/03/31 02:55
TTさん、こんにちは。
ご丁寧な返信をありがとう御座います。

ISBNをはじめ、様々な手口で彼らは多くの人々を知らず知らずのうちに囲い込み、そこからエネルギーを吸い取っています。私が最も改善するべく、熱と力を入れる場所ですね。

ハワイは、戦前から日本と深い関係があり、アメリカによる統治に対して反発し、日本へ救いを求めた経緯があります。「自分の国は自分たちで守る」とても当たり前なことであり、私も他所の国が身勝手に土足で踏み込んだり、政治や立法に干渉すべきではないと考えます。民主主義の観点からも、これ以上、アメリカや欧州の横暴を許すわけにはいきません。

YoutubeにBumpy Kanaheleさんのメッセージ動画がありましたので、ご存じない方のためにこのコメント欄へも張り付けておきます。
https://youtu.be/rkbh68gqtcY

私がクローン? 実に面白い発想ですね。世の中に同じ魂を持つ人が3人いると言いますが、実際に私もドッペルゲンガー的なエピソードに遭遇しました。

つづく
サージ
2015/04/01 13:52
一つ目は幼い頃、大人になった私におんぶしてもらって夜道を歩いた記憶があります。これは夢や思い過ごしではありません。

二つ目は、私の友人が私が住む所とはまったく別の場所(他県)で、私が歩いているのを目撃した、とのことです。声を掛けようと人混みを掻き分けて歩み寄ったそうですが、一瞬、目を離した隙にいなくなったそうです。

最後の三つ目は、私が旅行中に初めて訪れたラウンジ・バーで、そこの従業員に「また来たの?」と言われ驚くと、昨日も来て色々と旅の話を聞かせてくれた、とのことでした。私は今日初めて来たと伝えても、昨日も来たとの一点張りで、見間違いとか他人の空似ではないと頑なに認めようとはしませんでした。

こういうことがあってから、私は何人もいるのでは、あるいは多次元が存在すると、それら可能性を認めるようになりました。

密教でも、人間の魂は3つに分かれると言いますから、同時に存在していることもあるのかも知れませんね。

ご協力の意思をありがとう御座います。また本がご用意できた際に、改めてお知らせ致します。今後とも宜しくお願い致します。
サージ
2015/04/01 14:02
さっきのネガティブな投稿もなしです!
ごめんなさいね、何度も何度も投稿して。
このコメントと、2個前のコメントの「虚言癖」を削除したもので、本当に最後にします。


他 は 見 な く て い い で す。


顔は怖くてもw瞳は大きく輝いているあなたは素晴らしい存在です。そっちに植物の標本みたいなのが沢山あったりするのかな?w

こんな優しい甘い言葉を平気で吐きまくるw、あなたが好きです!(ホモじゃないよw)

まあ、俺はTNNGに縁がなかった。
途中経過で何があろうと大丈夫です。お互い、最終的には絶対うまく行きます。

この記事、何度見ても最高だなぁ。
本当にありがとう!(^ ^)
Sh どうもありがとう。他の投稿は見なく...
2015/12/12 23:09
この返信が前の投稿と重なってしまいますが、断片的言葉をいくら拾っても、結果的に自己解釈で本来の意味から遠離ってしまいますね。言葉は発した瞬間から劣化するものです。大切なのは言葉ではなく、何を想い、何を成すかに帰結します。

人間の苦難とは、自然から離れ独り歩きすることから始まります。自然に還る。これが本当の意味で生きると言うことです。TNNGは、このことを実践から学ぶ場となります。

さぁ、自分の宇宙を広げてゆきましょう。
サージ
2016/01/06 16:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
◆心と宇宙(世界)の話 気になる巷の真実の話 【サージ船長のブログ】潮風◆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる