気になる巷の真実の話 【サージ船長のブログ】潮風◆

アクセスカウンタ

zoom RSS ◆メルマガ Vol.002 NWOの狼煙

<<   作成日時 : 2017/01/21 00:20   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

画像こんばんは。サージです。
今日はいよいよトランプ氏の大統領就任式典ですね。今後のアメリカを含め日本もどうなるのか見物です。おそらくアジアの均衡がこれまでとは違う展開になるでしょうね。安倍総理や小池都知事、森などが振り回される姿が目に浮かびます。

さて、今回いよいよ第二弾のメルマガ配信となりました。TNNGに集う会のHPがオープンとなるまでは、こちらにもメルマガの内容を転載します。本来の記事内容は、画像や動画、PDFファイルなど、より多くの情報が網羅されます。TNNGに集う会のHPがオープン後は、メルマガはあくまでもダイジェスト版になりますので、その旨、ご了承下さい。

メールマガジンの配信希望の方は下記からご登録下さい。

【ティル・ナ・ノーグに集う会 メールマガジン】
http://melma.com/backnumber_00199844/

「夢と希望に溢れ、豊かな社会作りを目指すきっかけ作り。ティル・ナ・ノーグに集う会の『叡智のメールマガジン』をサージ船長がお送りします。」


------------------



◆ティル・ナ・ノーグに集う会 【第002号】2017.01.20

 ■■■ ■■■ ■ ■■■ ・‥…━━☆
   ■ ■ ■ ■ ■ ■ Happy New Year
 ■■■ ■ ■ ■   ■         ・‥…━━☆
 ■   ■ ■ ■   ■
 ■■■ ■■■ ■   ■ ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\
\ 夢と希望に溢れ、豊かな社会作りを目指すきっかけ作り /
/ ティル・ナ・ノーグに集う会 『叡智のメールマガジン』\
\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/

毎月 10日毎に発行[10日.20日.30日]

。+°。°+ °。☆。°+°。°+ °。☆。°+°。+°。°☆°

※ 表示文字が崩れる方は、【等幅】表示を設定してください。

★メールが届かない方へ★
 お問い合わせは、
【mlmag@tnng.org】
までお願い致します。係の者が後ほど折り返しご連絡致します。

またメールが届かない場合に、迷惑メールに分類されている場合も
御座いますので、あらためてご確認頂きますようお願い致します。
スマートフォン、携帯電話等で受信のお客様は、受信設定画面から
【melma.com】のアドレスを受信可能設定でお願い致します。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【ティル・ナ・ノーグに集う会 公式ホームページ】
http://www.tnng.org/

【サージ船長 Twitter】
https://twitter.com/alo353

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

┏━━━┓
┃もくじ┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗┳━━┛                        ┃
 ┣○ サージ船長による『今日の一言』          ┃
 ┃                           ┃
 ┣○ 気になる巷の話《時事ニュースを一刀両断》     ┃
 ┃                           ┃
 ┣○ 未来を照らす叡智《物事を深く見通す優れた知恵の眼》┃
 ┃                           ┃
 ┣○ 独断と偏見で船長が答えるQ&Aコーナー      ┃
 ┃                           ┃
 ┣○ サージ船長がお勧めする気まぐれ映画情報      ┃
 ┃                           ┃
 ┣○ プレゼント・コーナー《月末に当選者発表》     ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


●サージ船長による『今日の一言』             ┃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

読者の皆さん、お待たせしました。
お陰様で、メールマガジン配信初日、見事にランキング1位を獲得
しました。本当にありがとう御座います。これもひとえに読者様の
お陰です。心より感謝を申し上げます。これからも読者様のご期待
に応えるべく、内容の充実した濃密な情報を配信して参ります。

今日、20日はドナルド・トランプ氏の大統領就任式ですね。日本
時間深夜2時頃、いよいよトランプが大統領になります。賛成派、
反対派と多くの方が現地へ出向いているようです。実際に私も現地
でその空気を感じたいところでしたが、皆様へのメルマガ配信が滞
っては本末転倒ですので、各メディアや個人の実況を拝見しながら
アメリカと日本の行く末に想いを馳せます。

NHK・総合で中継をやるみたいです。


●気になる巷の話《時事ニュースを一刀両断》        ┃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

1.歴史観の相違 中国SNSで炎上したアパホテルが見解

「アパホテルの全客室に、南京大虐殺を否定する内容を含む書籍が
置かれている。中国人はこの事実を知った上で宿泊するかどうか決
めるべき」と伝える動画が中国のSNS「微博」に投稿され、2日で77
00万再生を超えるなど中国で“炎上”状態になっていることについ
て、アパホテル親会社のアパグループが1月17日、見解を発表した。

http://ur0.work/B5p7

今回ばかりはアパ、グッジョブである。書籍についてアパ側の見解
も真っ当で「特定の国や国民を批判することを目的としたものでは
なく、事実に基づいて本当の歴史を知ることが目的」と説明。今回
の炎上についても、あくまで一部の極右によるものであり、「異な
る立場の方から批判されたことをもって書籍を客室から撤去するこ
とは考えていない。日本には言論の自由が保証されており、一方的
な圧力によって主張を撤回するようなことは許されてはならない」
とし、今後も書籍を客室に起き続けると表明したのも評価できる。

南京の真実 記録映画編(南京陥落後)
https://www.youtube.com/watch?v=AAJhJnYH7yU

南京陥落、日本軍入城とは一体何だったのか、とくと御覧あれ。
南京大虐殺を起こしたのは支那人(中国人)らであり、これら不埒な
支那人戦争犯罪者を掃討しに南京入りしたのが日本人だったのだ。
従軍慰安婦もこれら捏造が介在している。

息をするように嘘を付く志那人や華僑には、ぐれぐれもご注意を。


2.ヒマワリのように太陽光を集めて、電力と熱を供給する

太陽光を2000倍に集光して電力と熱の両方を供給できるシステムが
2017年に全世界で発売される見通しだ。IBMの研究部門とスイスの
太陽光発電システム会社が共同で開発した高集光型の太陽光発電・
熱システムである。晴天の日には12kWhの電力と20kWh相当の熱を供
給することができる。

http://ur0.work/B5qc

実は、私も前々から太陽光集光発電機の設計に取り掛かっている。
問題なのは1日の電気消費量ではなく、安定して定電された電気供
給することと、エアコンや電子レンジなど高消費の家電製品に対し
瞬間消費量をカバーすることが重要だと考える。

つまり家庭用の発電環境として低減レス発電タービン部と、小型化
された大容量の蓄電池が重要だ。現在考えているのは、もともと電
気自動車用にと考えていたトリニティ・カーボンバッテリーとフラ
イ・ホイール・システムの登用を検討している。

ソーラーパネルには、非常に危険な資材がたくさん使われており、
廃棄の時には公害の恐れがある産業廃棄物になる。それをせっせと
後先考えず並べた企業が軒並み倒産しているのは、最初から補助金
目当てだったからだ。当然、その犠牲になっているのは地方自治体
と地域住民たちである。

東京商工リサーチが 1月12日に発表したデータでは、2016年の太陽
光関連企業の倒産が、調査を始めた2000年以降最多を記録している。
倒産数は前年比20.4%増の65件で、12月は単月では最多となる10件
だった。

こうした現状にも鈍い反応しか示さず、未だに交付金目当てに箱物
ビジネスをやろうとする馬鹿な地方議員や議会は、早々に首にして
いかなければ、未来を担う若者に対して申し開きが立たない。立ち
並ぶ電柱と変換器で素晴らしい景観も台無しなのだ。

無造作に山や野を切り開き、地滑り指定地域が拡大することも理解
できない無知な公僕たちである。せっかくの五輪特需が狙える観光
事業も、おもてなしどころではなくなるだろう。


3.大阪大学 高出力レーザー装置FLEXで人工太陽製造か?!

光産業創成大学院大学の北川米喜特任教授と大阪大学レーザーエネ
ルギー学研究センターの有川安信講師らの研究チーム(11研究機関:
浜松ホトニクス社大出力レーザーグループ開発部、トヨタ自動車等)
は、大阪大学レーザーエネルギー学研究センターの世界最大のペタ
ワットレーザー「LFEX」を用いて、核融合燃料をおよそ2000万度に
加熱することに成功した。

http://ur0.work/B5rJ

はっきり言って「やめてくれ!」と叫びたくなる。ビル・ゲイツが
中軽井沢の地下で人工太陽生成施設を建てているという噂を聞いた
が、まさかの状況が現実味を帯びてきている。

私が彼らを「気違いに刃物」だと思ったのは、レーザーエネルギー
学研究センターのHPを見たからだ。恐ろしい気違いっぷりだ。

http://ur0.work/B5s9

ここには核燃料ペレットに多数の強力レーザーを照射して、表面に
発生するプラズマの圧力で超高密度に圧縮(爆縮)し、中心にできる
高温プラズマで核融合反応を点火、燃焼させるという馬鹿げた理論
を、さも自慢気に発表している。無知の極みか、愚か者がなす技か、
わざわざ「未来のレーザー核融合炉」などと図面も張り付けている。

彼らは核燃料ペレットの被覆管に、一体、どんな素材を用いるつも
りであろうか? この温度に耐えうる鉱物は地球上に存在しない。
もはやメルトダウンやメルトスルーどころの騒ぎではないのだ。

技術ばかりでモラルや想像力のない者たちが、広島や長崎、そして
福島の惨劇を引き起こした。馬鹿につける薬はないという見本だ。


4.“俺の嫁”召喚装置「Gatebox」実現へ

皆さんは「Gatebox」というIoTデバイスをご存じだろうか?
3Dフォログラムで投影された手のひらサイズのマスコットキャラ
クターを、自分の嫁にできるオタク系商品だ。

http://ur0.work/B5sM

画期的なのは、3Dデータさえあれば初音ミクや他のキャラクター
も嫁にできてしまうと言う点だ。もちろんヴォイスはこの製品の要
といえるファクターなので、それらデータの組み込みやモーション
データも必要になる。

使われているフォログラム技術は、これまでにあったハーフミラー
方式の映像投影だ。とくに目新しさもなく感動には至らなかった。
キャラクターによほどの思い入れがあれば多少の感動はあったかも
知れないが、私個人としては触れ合えない嫁には愛も興味もない。

それよりも、私が注目している3Dフォログラム技術がある。それ
は株式会社バートンと慶應義塾大学理工学部の内山助教授による、
レーザーを用いた完全空間投影技術だ。

http://ur0.work/B5tu

3の上記のレーザー技術にも関係しているのだが、光パルスを高密
度で空間に照射し、焦点近傍の空気をプラズマ化して発光させると
いう3Dフォログラム技術だ。デモを見たが実に驚いた。これこそ
本物のフォログラム映像だと言える。ついに3D映像が、フレーム
やデバイス面から切り離される時代が到来する。

ただ、高出力のプラズマ発生レーザー技術は、当然にして兵器転用
も可能である。すでにレーザー兵器は、米軍や自衛隊でも試験利用
されている。戦車や戦闘機、イージス艦すらも一瞬にして消失する
レーザー砲がお披露目になるのも時間の問題だと感じた。


5.無修正AV制作・配信 67歳女社長ら逮捕

無修正のアダルトビデオを制作し、海外の動画配信サイトで配信し
ていたとして、制作会社社長で台湾出身の陳美娟容疑者(67)と、夫
で前社長の小畠厚司(70)容疑者、女優3人ら関係者の8人が逮捕さ
れた。なんと現役の小学校の非常勤講師が女優として出演していた
のには驚きましたね。

今回の事件は被害者女性が「撮影された動画を無修正で動画配信サ
イト(カリビアンコム)に公開された」と警視庁に相談したことをき
っかけに捜査が進められていたという。

http://ur0.work/B5uM

違法な強制出演を迫られ断った女優に、損害賠償請求提訴の代理を
務めた弁護士が、日弁連から「懲戒審査相当」の決定を下されたり
と、何かと騒がしいAV業界ですが、今回の事件はモザイクなし無
修正の映像を海外の動画配信サイトへ販売したことが「わいせつ電
磁的記録等送信頒布の疑い」として逮捕案件になった。

どうも分かりませんね。AVはわいせつ以外のなにものでもない製
品と考えますが、モザイクがあればわいせつではないとでも言いた
いのでしょうか? それとも男女の性器がわいせつだと主張したい
のでしょうか?

冗談じゃありません。わいせつなのは「行為」そのものです。拘束
された女性をなぶり者にして、複数の男性らがよってたかって陵辱
する。まるで戦時中の拷問や壊れた人間の行為です。AVが文化?
正直、反吐がでますよ。私の個人的な考えとして、AV業界はこの
世からなくなった方が良いと思います。

暴力団と蜜月で、OBが関係団体に天下ってるくせに、そんなくだ
らない法律解釈の歪曲をする公安委員会も、羞恥心をなくしたクズ
の集まりです。日本の恥です。


●未来を照らす叡智《物事を深く見通す優れた知恵の眼》   ┃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

このコーナーでは、一般通例として流布する視点ではなく、真の正
しき視点を持つきっかけとして、様々な逸話や言葉を取り上げてい
きます。

今回は、他の記事が長文となったため、枠に収まらなくなってしま
いました。大変恐縮ですが、急遽お休み致します。


●独断と偏見で船長が答えるQ&Aコーナー    【Q2】 ┃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

このコーナーは、サージ船長宛に送られた質問に、サージ船長の独
断と偏見を踏まえて答えるコーナーです。できるだけ分かり易く、
ユーモアとウィットに富んだ返答を心掛けます。


Q2 こんにちは。メルマガ開始おめでとうごさいます。(中略)
少し前からTwitterやネットでHAARPの存在や人工地震が気になった
ので調べたりしていました。有名な某掲示板で「人工地震説は嘘。
陰謀論だ!」と発言していた方と口論となり、とても不愉快な思い
をしました。サージ船長のブログにも人工地震に関する記事があり
ますが、もっと詳しく知りたいです。 【HN・片山左狂】


A.真実を追究するのは人として正しい姿勢です。実に素晴らしい
行動だと感服します。仰る通り、最近は自民党ネットサポーターズ
をはじめ、権力者側にとって事実が露見すると極めて立場が危ぶま
れる真実の情報が次々とネット上から削除されています。Googleの
検索で表示されないばかりか、TwitterやFacebook、AMAZON の評価
レビューからも消される始末です。

トランプ発言ではありませんが、フェイクや嘘ニュースについては
一般メディア側も日常茶飯事ですので、とくに珍しいことではあり
ません。なのに一般人の意見や発言、主義、主張が前触れなく消さ
れるのは、どう考えても言論封鎖と言わざるを得ません。また最近
では意図的にメディア側が自ら嘘ニュースを流し、自ら火消しする
マッチポンプ型の言論封鎖が展開している状況が垣間見えます。

安倍政権がカルト組織の中枢でファシズム政権の強化を図っている
だけに、見て見ぬ振りをするわけにはいきません。世の平和と秩序
回復のためにも、こうした悪しき流れを止めなければならないと考
えます。

片山左狂さん、分かりました。ちょっと長くなるかも知れませんが
人工地震および HAARPに関する情報をビシッ!と書き綴ります。


HAARP とは、アメリカやカナダ、ロシア、中国、日本でも展開して
いる高周波活性オーロラ調査プログラムの施設のことで、米空軍と
海軍、そして国防高等研究計画局 (DARPA)が主体となって共同研究
しているものです。一般的には、巨大アンテナから電磁波を高層大
気に向けて照射し、電磁波と電離層の関係等を調査しているとされ
ています。

そもそもの事の発端は、1976年7月4日に観測・発覚した「ウッドペ
ッカー事件」にまで遡ります。ソビエトの「スカラー電磁テクノロ
ジー」技術による事件発覚です。

https://www.youtube.com/watch?v=D3iDStsk780

動画を見ると、キツツキが木を突くようなノイズが聞こえますね。
モスクワにあるアメリカ大使館への低レベル・マイクロウェーブ照
射攻撃「チャイコフスキー通り事件」の発覚で、電磁波兵器の噂が
事実と判明します。

1976年11月にはロサンゼルス・ヘラルド・イクザミナー紙が「心理
変更マイクロウェーブ・ソ連の不可視光線研究」という記事を載せ、
「ソ連は人間の行動不能、神経の不活性、心臓発作さえ起こすマイ
クロウェーブの広範な研究を行う」と報道します。このことで一般
人にも電磁波装置のことが知れ渡りパニックが起きます。なぜなら
一般家庭にマイクロ波を使った電子レンジが普及していたからです。

この事件に端を発し、各国はマイクロ波の兵器転用を危険視します。
翌月の12月10日には国連総会で「環境改変技術敵対的使用禁止条約」
の国際条約決議が行われた事実が、これら兵器活用の実態の本質を
浮かび上がらせます。それほど危惧する装置なのです。

事実、ソビエトのウッドペッカーが活動を始めたてから約1年後の
1978年 7月、アメリカは極低周波気象実験を実施し、ウィスコンシ
ン州北部の6つの郡に豪雨をもたらせることに成功しました。この
極低周波によって作り出された人工嵐は巨大で、最大風速70mの暴
風に達し、1416平方kmの森林を破壊したそうです。この被害額は、
当時で100億円以上と言われています。

この超低周波(ELF)を発生させる装置がHAARPです。アメリカのヒス
トリーチャンネルの番組で HAARPに関する映像が紹介されました。
https://www.youtube.com/watch?v=d_WoJJbGWvs

ブラジルのマランハオ州立大学物理学科の物理学者であるフランデ
アキノさんの論文(2011年)で、その詳しいメカニズムが紹介されて
いるので、その一部を引用します。

---------------- 引用
HAARPは現在電離層で超低周波(FLE)の電磁波を生成するために使用
される最も重要な施設で、このELF放射を生成するためにHAARP送信
機は ELFで変調された高周波(HF)の強力なビームを放射します。
この高周波(HF)加熱は、電離圏のD領域の電子の温度を変調します。
そして変調された伝導体として時間的に変化する流れを生じさせ、
それが変調周波数で放射するのです。

また最近ではHAARP.HF送信機は実効放射電力の3.6GW2.5HZの周
波数で運用されています。現在の HAARPヒーターのようなHF電離層
ヒーターによって生成されたハイパワー ELF放射は地震やサイクロ
ンや強い局地的加熱を起こす可能性があり、変調されたHFで下部電
離層を過熱することにより生ずるハイパワーの ELF放射、たとえば
現在のHAARPヒーターにより生成されたELF放射が、地震やサイクロ
ンや強い局部的な加熱の原因となりうることを示しています。
---------------- 引用終わり

次に名古屋工業大学学術機関の発表によれば、長波(ELF/VLF)と、
長波(LF)帯の周波数の電波は下部電離層であるD、E層から主として
反射され、最下部のD層擾乱の影響はD層を突き抜けるMF、HF帯より
も少ない。したがって、使用の目的によっては、ELF、VLF、LF帯は
MF、HF帯に変わるべき通信手段となり得る。と発表されています。

つまり学術的に長波(ELF/VLF)が下部電離層であるD、E層で反射す
ることを指摘したもので、電離層で反射され地上に跳ね返ってくる
極超長波が深層地を貫通し、地下水脈や活断層およびプレート隣接
部に歪みを発生させ、より地震を起き易くさせると考えます。ただ、
これはあくまで下準備であり、地震発生の際は地下爆破用の起爆剤
を用いるのが定説です。

映画「日本沈没」でもそれらメカニズムが描かれています。
https://www.youtube.com/watch?v=TFFGBVCSXIQ

人工地震については、かなり古くから研究が行われており、主に人
工地震と人工津波を合わせた研究が進められていました。

人工地震実験 PROJECT“SEAL”に関する極秘外交文書(1950)
http://ur0.work/B52d

人工地震に関するOSS機密文書(HTML)
http://ur0.work/B52o

OSS(米戦略諜報局)とは、現CIA(米中央情報局)の前身機関にあたり、
この極秘文書では、実験によって人工津波を発生させる方法を探る
ために人工地震を起こす実験が行われたことが分かります。実験場
の広さは全長360m、幅60m、深さ7.2mのプールで、実験の総回数
は1945年1月8日に施設が閉鎖されるまでに3700回に達します。 TNT
火薬を使った小規模実験の結果から、約10mの津波を発生させるこ
とに成功しています。

1946年 7月、ワシントンからウェリントンに送られた書簡に「シー
ル計画に関するリーチ教授の推論に感銘を受けたコンプトン博士は、
実験で得られた技術的データの内、シール計画に関係のあるものを
ニュージーランド政府が利用できるようにし、教授の研究をサポー
トするべきだと統合参謀本部に進言することを考えていた」とあり
ます。

リーチ教授は1940年から50年までニュージーランドのオークランド
大学の工学部長を務め、1973年に祖国オーストラリアで亡くなりま
した。1947年、兵器開発研究の業績に対して教授に大英勲章第三位
が授与されると、世界中の新聞が詳細を探り始めます。ただ、ニュ
ージーランドと米国の高官は研究を支持すると述べるにとどまり、
兵器がまだ完成していないという理由で具体的な内容は公表しませ
んでした。

ニュージーランド・ヘラルド紙は、1944年から45年にかけてファン
ガパラオ沖で行われた津波爆弾の実験に関し、「専門家が壊滅的破
壊力の津波爆弾に実現性ありとの見方」との見出しでビンガム記者
の続報記事を掲載します。

「津波の専門家たちは、50年前にオークランドの沖合で密かに行わ
れた爆発実験の研究を進展させれば壊滅的な破壊力をもたらすこと
ができると考えている。ワイカト大学の研究者たちによると、戦時
中にファンガパラオ沖で行われた実験のアイディアを現代の技術で
実行すれば、最大30mもの波を発生させられる可能性があるという。
同大地学部のウィレム・ドランジェ博士は、「調査の結果、単独の
爆発では十分な力は得られないものの、複数の爆弾を連続して爆発
させることで、かなりの衝撃を発生させられる可能性があることが
明らかになった」と述べ、ドランジェ博士は昨日「湯船で前後に体
を揺すったときと同じように、波が高くなってゆく」と本紙に説明
しました。

この極秘研究は故トーマス・リーチ教授によって行われたもので、
外務通産省が公表した1953年前の文書によって明らかとなります。

ドランジェ博士によると、先ごろワイカト大学の沿岸海洋調査班が
海中噴火で同様のことが起こる可能性について調査していました。
同班はこの調査で、オークランド市が広大な海に囲まれていること
から、同地域で次に起こる噴火は海中噴火である可能性が高いと結
論付けます。

ただし、ハラウキ湾で行った爆発実験で、単独の爆発では目立った
津波が起こらないことも明らかにしました。「ほとんどの場所では
波の高さは1mに満たないものだったが、タマキ河口内ではやや高
い波ができていた可能性がある」と述べました。

ドランジェ博士は、波が低かったのはエネルギーが横ではなく上に
向かったからだとし、津波爆弾についても同じことが言えると話し
ました。「エネルギーを閉じ込めておくことはできない。爆発が十
分な大きさになれば、すべてのエネルギーは海ではなく大気側に向
かう。さらに、もう1つ発見があった。同じ場所で連続して爆発さ
せると、その効果が大きく高まり、もっと大きな波を発生させるこ
とができる」と述べます。

マクドナルド博士は、軍の研究開発の最上層の研究職員だった時に
気象や気候を制御したり地震を引き起こしたりする未来の兵器技術
に関する数々の論文や記事を発表しており、マクドナルド博士の経
歴を踏まえ、博士の「推論」が実際に開発中の技術に関する内部情
報に基づいたものであると考えられます。

つまり、1970年代半ばの時点で、米軍はネバダ州の核実験でカリフ
ォルニア断層を中心に地震が誘発されたことや、ニュージーランド
沖の実験で津波が引き起こされていたことを認識した上で、東南ア
ジアの気象パターンを熟知し、20万人以上の死者を出した2004年の
スマトラ沖地震と大津波を、アメリカが起こしたと考えます。その
根拠は、アメリカから要請されたイラク戦争参加にインドネシア政
府は拒否の回答をした1ヶ月後に起きた災害であり、この津波が起
こる1週間前には、インド洋にあるディエゴガルシア島の米軍基地
に対し、「津波が来るから警戒するように」と警告を出していたの
です。まさに、3.11地震について双葉町の町長も「政府と東電は地
震が来るのを事前に知ってた」と発言していたのを思い出します。

偶然ではありませんね。私は間違いなくアメリカによる気象改変兵
器を使った攻撃だと考えます。これらは当然にして国連で締結した
環境改変兵器禁止条約に違反します。

なお、これら人工津波の実験は、日本でも行われています。
2005年7月30日、神奈川県横須賀市の独立行政法人港湾空港技術研究
所(港技研)で、長さ184m、幅3.5m、深さ12mの水路を使って、最
大2.5mの人工津波を発生させる施設を一般公開しました。

この日、約2000人もの来場者が訪れ、高さ約 1.3mの人工津波は数
秒で到達し、ブロックに当たった瞬間、くだけた波は8mほどの高
さまで飛び散り、音もすさまじく、爆発音のような音が実験棟内に
響きました。

ファンガパラオ沖行われた実験では、波が円周状に拡散するだけで
大きな波にはならなかったのは当たり前で、これが入江や岩礁にな
ると津波が巨大化することが最近の研究で明らかとなっています。
小規模な TNT火薬による単発の爆発実験で10mの人工津波を作れた
わけですから、3.11地震の際に見られた約10mほどの津波が、湾や
入り江で30mを超す津波に巨大化したことを見れば、おのずと結果
も見えてきます。

日本CCSが2008年から行っていた勿来・いわき(福島原発海域)にCO2
を海底注入する実験調査と合わせ、小型爆弾を起爆剤として連続爆
発させるだけで簡単に巨大津波を発生させることは想像できます。

さらに3.11の震源が、海洋研究開発機構による地球深部探査船「ち
きゅう号」の掘削地点と符合する事実は、これら人工地震の疑いを
より明確にするものです。観測史上類を見ない複数の同時発生の巨
大地震に、気象庁も言葉を詰まらせ、何度も発表値を変更するなど
混乱が見られました。

ちきゅう号は海底のプレート境界域を掘削し、人工地震を起こして
海底のプレート構造調査や地震波の測定調査を行う掘削調査船であ
ることは言うまでもなく、これら人工地震を使った地質調査は、海
底だけでなく陸上でも随時各地で行われています。

地球深部探査船「ちきゅう号」
https://www.youtube.com/watch?v=Ca9jnd5iJr4
人工地震の発生についての説明は、再生時間 2:00〜

制御震源地震探査による地殻構造の解明(東京大学地震研究所)
http://ur0.work/B52k

日本CCS調査株式会社
www.japanccs.com/

JAMSTEC | 海洋研究開発機構 | ジャムステック
www.jamstec.go.jp/j/


権力者側に雇われた工作員が何と言おうが、火のない処に煙は立ち
ません。1997年に米国国防長官が政府公式会見で気象兵器・地震兵
器などに言及しています。
http://ur0.work/B52C

クリントン政権では国防長官を務めたウィリアム・セバスチャン・
コーエンは、当時の米政府によるブリーフィングでの記者の国際テ
ロに関する質問に対し「電磁波を使って遠隔地から地震や火山など
の気候を変えるテロリズムに対しても取り組んでいる」と言及して
います。

また日本でも、これら気象および地震兵器について、国会会議でも
議題に挙がり議論されました。
https://www.youtube.com/watch?v=0eWi1fUFhk0

国会での質疑で浜田復興担当政務官は「地震兵器とか自然改変装置
というのは別にアメリカだけではなくて旧ソ連も今のロシアも中国
も多くの国々が研究開発に余念無く取り組んできた事実があります。
しかも地震あるいは津波、人工的に起こすことは実は技術的には十
分可能だ、と言われているのは『国際政治軍事上』においては常識
化されているわけであります。」と人工地震兵器の存在を認め断言
しております。

さらに往年の名プロレスラーであり、元ミネソタ州知事(99〜2003)
ジェシー・ベンチュラ氏は「東日本大震災は米国地震兵器 HAARPが
起こした」と米プレスTVで発言し、「気象制御システム、地震デバ
イス、マインドコントロールに悪用される危険性がある」と警告し
ています。

すでに米軍には、電磁波を使った兵器も配備されています。

◆Non-Lethal Weapon: Active Denial System (ADS)
https://www.youtube.com/watch?v=kzG4oEutPbA

こちらでは特定の電磁波が兵器として転用され、マインド・コント
ロールにも用いられていると言及するアメリカのTV番組です。
◆Voice of God Weapon, ELF Technology&Mind Control:Dr.John Hall
https://www.youtube.com/watch?v=ED9twIPTXv4

人工地震装置や気象改変装置が、工作員らが批判するように単なる
噂やデマ、陰謀論で、この世に存在しないのであれば、国連や米国
防長官、州知事や国会議員が、わざわざそのような装置を例に出し
て言及したり条約を締結する必要などありません。

地質調査会社も人工地震装置を応用した調査を進めていると説明し
国連で決議された条令もある以上、これらが存在しないと考え、わ
ざわざ「噂だ、デマだ、陰謀論だ!」と騒ぎ立てる方が異常です。

気象改変装置は、人間の健康を害するばかりでなく、地球環境に大
きな悪影響を与えます。近年の局所的温暖化や爆弾低気圧などの異
常気象は、これら装置による弊害だと言えます。照射地域でイルカ
や鯨の座礁相次いでいるだけに、このような装置の使用停止を強く
求めます。

私は断言します。
「気象改変装置、人工津波・地震装置、ELF兵器は実在する!」

質問者の片山左狂さん、これでご納得頂けたでしょうか?


-------
※独断と偏見で船長が答えるQ&Aコーナーでは、読者様からのご
質問にサージ船長がズバリ答えます。質問したいことがある読者様
は下記の連絡先へ、お名前と質問内容、メールアドレスを明記して
お送り下さい。質問への回答は、できる範囲内でメールマガジンへ
掲載していきます。

質問用アドレス:http://www.tnng.org/qa.html
(ご不便をお掛けします。現在、TNNGサイトは準備中です)


●サージ船長がお勧めする気まぐれ映画情報         ┃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 今回の映画紹介は「ミスター・ノーバディ」です。

『ミスター・ノーバディ』予告編  アステア配給
https://www.youtube.com/watch?v=yGO8cTrXABM

2009年のフランス・ドイツ・カナダ・ベルギー合作映画で、第66回
ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門出品作品です。監督
・脚本ともにジャコ・ヴァン・ドルマルです。そう、ドルマル監督
のデビュー作でもある名作「トト・ザ・ヒーロー」の監督さんでも
あります。優れたカメラワークやCGによる映像美も必見です。

2092年、文明の発展によって不老不死を手に入れた人類。最高齢の
118歳のミスター・ノーバディに死が訪れようとしている。今や彼
は唯一、死ぬことができる最後の人間である。彼はこれまでの人生
を振り返りながら、その後の人生を左右する選択を、1つ1つエピ
ソードを交えてインタビューアに語る。

少年ニモ(名もなき者)に、両親の離婚という大きな分岐点が差し掛
かる。動き出す列車を追って母と行くべきか、それとも父と残るべ
きか…。彼の人生は大きく揺れ動く。

運命の悪戯か、「バタフライ効果」によってニモの人生の歯車は大
きく変化する。すべては、誰よりも愛する運命の女性アンナへと続
く道へ。


量子力学のパラドックス「シュレディンガーの猫」のパラレルワー
ルドを彷彿させる素晴らしい映画です。ちなみに私は、この作品で
15歳時のアンナ役を演じたジュノー・テンプルのファンになりま
した。大好きなジェニファー・コネリーに並ぶ逸材です。


∴‥∵‥∴‥∵‥∴∴‥∵‥∴‥∵‥∴∴‥∵‥∴‥∵‥∴∴‥∵

┌☆┐プレゼント・コーナー《月末に当選者発表》
┝╋┥
└┸┘ 今月のプレゼントは…‥・

 【 無農薬・有機いちご/苺ジュース(仮) 】

 TNNGと提携している無農薬&固定種に拘った素晴らしい農家
から、厳選された米や穀物、野菜やジュースなどをプレゼントした
いと思います。旬の苺をと考えてます。まだ確定ではありませんの
で、変更がある際は改めてお知らせします。

 TNNGは、自給自足を目指して安全で美味しい農園を拡大して
います。年内にワークショップを開催する予定で、間もなくパンフ
レットが完成しますので、こちらもご期待下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 発 行 日     :毎月10日、20日、30日発行(号外あり)
 発 行 元     :ティル・ナ・ノーグに集う会
 ご利用規約     : http://melma.com/contents/law.html
 プライバシーポリシー: http://www.unitea.jp/privacy/
 お問い合わせ    : http://melma.com/contents/help/help_ask.html

メールマガジン内、全コンテンツにおいて、発行者であるティル・
ナ・ノーグに集う会およびサージ船長の許可がない限り、無断転載
や再利用は一切できません。

●バックナンバーはこちら ↓↓↓
http://melma.com/backnumber_199844/

●配信がご不要の方は、下記URLより解除手続きをお願いします。
http://melma.com/backnumber_00199844/

※解除を行った後も、既に配信が予定されているメルマガが、解除
 手続き日より2〜3日(土日祝日、年末年始を除く)の間、届いてし
 まう可能性が御座います。予めご了承くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (C) Tir N NOG ni Tsudou-kai. All Rights Reserved.






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
◆メルマガ Vol.002 NWOの狼煙 気になる巷の真実の話 【サージ船長のブログ】潮風◆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる