◆世界の支配者とTHRIVEの嘘を暴け(改)

THRIVE 画像 この最近、ネットでも話題になっているTHRIVEについて、新たな支配者のオーダーが見え隠れしているのでそれらを取り上げながら、世界支配をしている奴らを燻り出していきます。

 THRIVE - 公式サイト
 http://www.thrivemovement.com/

まさにメソニックシンボルのパッケージだ。3つの光とピラミッド、666サインに虹まで描かれているNWOの商品。その瞳には、不健康の代名詞トクホマークが映る。

フリーメイソンやイルミナティを知らない方の参考に、彼らの第三階級に進む儀式として3度死ぬ、目隠しのイニシエーション等を検索することをお勧めします。


ちなみに「THRIVE」という言葉は、古典ラテン語のスラングで「繁栄する」(英語も同じ)という意味だ。コメント欄にも書いたが、奴隷が王のパレスを建てる。という意味合いを持つ言葉だ。(フェニキア語から派生)つまり、ここで言う「繁栄」は、人類の繁栄のことではなく、グローバリストたちの繁栄を意味している。こんなプロパガンダに騙されてはいけない。

世界の真実をあまり知らない方に対しては、それなりに有意義な情報が提供されていますが、宇宙人の存在を前提に語られている情報であるため、私は彼らを間違いなくイルミナティの新部門だと断定しました。

私は個人的に、ユークリッド幾何学やポアンカレ予想を研究しており、宇宙構造がトーラス形状であることを以前から突き止めていました。私の言う宇宙とは、銀河系や太陽系のことではなく、この宇宙全体の閉鎖的空間のことです。真空エネルギーにも関係します。

物質も空間もエネルギーも、相対的存在であるが、絶対的存在ではないことも理解しております。つまり「宇宙空間は有限であるが、我々から見た相対宇宙は、無限に見える」という可変密度に関する理論のことです。その上で、様々な資料や情報などを検証した結果、宇宙人の存在はあり得ないとの結論に至りました。

それら説明をここで行うと、かなり長くなるので、いずれ論文として正式に公開したいと思います。

つまり宇宙人ネタを扱う輩は、間違いなくイルミナティのセクションですので皆さんも信用しないでください。宇宙人のような人間に造られた人工生物や地球製UFO、たまに地下鉄で出会う自称宇宙人は存在しても、他の惑星からやってきた宇宙人は絶対に存在しません。これは断言します。過去、彼ら(NSAやイルミナティ)が捏造や偽装工作を行ってきたそれら証拠が、私の手元に集まってきているからです。

イルミナティ(Illuminati)のスペルを逆さにし(itanimulli)、これにhttp://www と .comをつけると、アメリカ国家安全保障局(NSA)のサイトに繋がります。ちなみにNSAはイルミナティの軍事組織です。CIAと同じく、大統領の盗聴すら行う組織です。

http://www.itanimulli.com/

地球外知的生命の探査を行うSETIは、本家のNASAも含め、NSA(国家安全保障局)の管理下にあり、多大なる情報操作を常に受けてきたことが、政府公文書より判明しています。

下記の動画も、あまりにもチープですがNSAによる情報操作です。

◆アポロ20号が撮影した月面古代都市


人類は、月には行っておりません。行けるはずがないのです。

話が脱線してしまいました。本題の「THRIVE」の動画へ戻りましょう。
この世界支配者の暴露を大々的に行った「THRIVE」も、残念ながら核心をつく1時間40分以降(9-10と10-10)の情報は、彼らの本質である新世界秩序の刷り込みが語られており、現在の社会問題の解決法とはほど遠く、逆に「引き寄せ」と同じく、深い洗脳に掛かる危険な情報ですので、参考にする価値はありません。

開始から1時間40分以前の情報は、それなりに有意義な情報ですのでそちらは是非参考にしてみてください。ただ、あくまで中立的な立場で必要な情報のみ拾っていきましょう。


では、彼らが提言する理想社会の構築方法に、どこが問題なのかをスバリ指摘していきます。

まず、彼らは個人の価値観を優先し、非信頼(通貨と金融によるバビロン経済支配)における社会構造を理想に掲げています。しかも、現在の格差や紛争の原因となっている金融制度が、世界中央銀行とヨーロッパ資本主義者による支配だとを明かしておきながら、それら詐欺経済システムの改善を具体的に語らず、その制度への依存を継続した上での理想国家のあり方を語っています。このこと自体が矛盾しているのです。

彼らが言う「個人の資産を地方銀行に移す」をしたところで、その地銀の株を彼らが買い占めている以上、なんの効果も得られず、解決もできないでしょう。このところの地銀や建設株の株価急騰には、作戦が見え見えなので、かなり笑わせられました。

逆に、彼らの謀略によって大災害が起こされた時、現金を引き出すATMは完全停止するので、特に現金はある程度、事前に手元に置いておくようにしてください。すでに日本の銀行は平成17年4月以降ペイオフが導入され、預金の返還を求めた場合、銀行破綻の際は1000万円までしか保証されないので、早めに返還してもらっておく必要があります。それら計画がしっかりと国会審議で進んでいるので、黙って見過ごすわけにはいきません。

銀行決済システムは、中央端末で管理しているので、これがクラッシュすると、銀行は強制破綻となります。彼らの謀略によって国が傾く程の大規模災害が起きないと限りませんので、いざと言う時に備えて、ある程度の現金は手元に置いておきましょう。

ハッカー集団アノニマス(Anonymous)が、世界のインターネットサーバーのダウンを3月31日に行う、との犯行予告をしています。もし、これが阻止できなければ、世界同時多発テロです。電気、交通、鉄道、警備、金融、あらゆるサービスが停止し、すべての経済システムが崩壊することになります。当然、軍や原発など安全管理された施設も停止します。そうなれば、映画「ダイハード4.0」レベルの世界危機が起き、旧体制の世界秩序は完全崩壊するでしょう。

「世界の暗転」 ~gooニュース~ 2012.2.22
世界のインターネットを遮断させるとアノニマスが予告
http://news.goo.ne.jp/article/niftybusiness/business/niftybusiness-dt-12793.html

最近では、ギリシャの債務超過によるデフォルト(金融破綻)が問題視され、ヨーロッパ金融資本家たちが厳しい条件下の元に金融支援を行っていますが、これは多重債務者の借金を、ある銀行が独占して一本化する方法と同じです。つまり、より強い力を持つ銀行に支配されると言うことで、さらに支援という借金を追加で背負わせる、全国民奴隷化政策なのです。もしこれを飲めば、ギリシャ人は国民全員が到底返せない借金を抱えたまま、完全永久奴隷と化します。つまりヨーロッパにおける国の統合計画がその背景にあるのです。

さらにこの動画では、まるで軍縮を行えば、経済が復興するかのようなすり替えが描かれています。根本的問題点は、私銀行によって紙幣が印刷され、市場に供給される際に、すでに利息が掛けられていることです。その利息は国民の借金として扱われ、政府は税金として徴収する理由としています。これは明らかに詐欺だと言えます。

中央銀行は「信用創造」という詐欺行為によって札束を刷り(金額をキー入力)、その度に人々は知らない間に借金を背負わされているのです。その結果、銀行家や金融資本家の奴隷にされてしまっています。会社はまさに奴隷収容所と言えます。

この信用創造とは、銀行が信用を生み出しているのではなく、顧客が預けた僅かな預金を莫大な貸付金として増やす、いわば錬金術です。銀行からお金を借りた債務者が、しっかり働いてお金を増やし、借金を利息と合わせて銀行に滞りなく返済することによって成り立つ部分準備金銀行制度(fractional reserve banking system)で、これを健全に維持することから生まれる金融制度なのです。

つまり結局のところ、真面目に汗して働いて稼ぐ労働者が、自らせっせと銀行に預金し、あるいは銀行から借りたお金を滞りなく返済する善良な人々によって、自ら奴隷に落ちる制度の上に成り立つ経済社会、ということになります。

この上、ペイオフが導入されていることは、銀行が合法的に強盗することが許可された、と言うことを表しています。近年、日本やアメリカで見られた政府による銀行の救済処置とは、強盗した犯人(銀行)相手に、税金という国民の借金で追い銭を与えたという、実に馬鹿げた詐欺師のお祭りだったと言うことです。破綻し上場廃止したGMやJALなど、政府救済後に再上場しましたが、これを強盗詐欺と言わず、なんと言うべきでしょうか?

この詐欺的制度を根底から改革しない限り、世界中の国民は、常に増え続ける借金だるまの永久奴隷状態が続きます。特に日本人は、貯蓄型の方がその大半を占めるため、政府は国民の懐からお金をどんな手段を使ってでも(郵政民営化や増税、年金支給額の引き下げ、人工地震、原発事故、TPP)、吐き出させる法改正や政策を推し進めています。

東電にも言えることですが、大企業が何かとんでもないことをやらかした時、それを国が責任を取ると言うことは、結局、国民が借金を背負わされて、増税や社会保障の削減などで尻ぬぐいをさせられたと言うことです。そのための増税や国賠裁判などは、まさに茶番劇だと言えるでしょう。

国や政府は痛くもかゆくもないのです。逆に災害や問題は利権となります。日本が弱って喜ぶ人たちは誰でしょうか? 近年の電通およびメディア扇動を見れば一目瞭然です。

問題解決として余計に掛かった費用分は、議員報酬や議員定数を真っ先に削減すべきです。

太陽光発電で得た電力を、電力会社へ買い取ってもらったとして、その買取料金が電力会社からの請求額に上乗せされていることをご存じですか? 国がやっている詐欺行為を、電力会社や銀行もやっているのです。それに気付きもしないで、大枚叩いて無駄なソーラーパネルや風車を並べている方々は、無知蒙昧の見本です。買い取らせないで、自分が使う分や近隣の方々に無償で分けるなら応援します。

◆30分で判る 経済の仕組み Ray Dalio


さて、THRIVEの動画で彼らは税金を限りなく0に、支援や社会保障も0へ、医療費は自己負担と謳っています。今後、より拡大する高齢化社会に対して「高齢者は死ね」、あるいは「死ぬまで働け」とでも言うのでしょうか? 明らかに自力で生活できる富裕層しか生き残れない、という弱者排除の制度を、自ら暴露しています。

ガイドストーン 彼らイルミナティが掲げるジョージア・ガイド・ストーンのマニュフェストにある、新世界秩序の世界人口5億人計画が実行されれば、確実に労働者世代以外は、管理統制および搾取されるようなファシズム的社会構造になるでしょう。それらの計画は、アメリカのデンバー空港の絵画にもナチスの復活として描かれています。非白人抹殺および奴隷化計画です。

◆新世界秩序の十戒 ジョージア州のガイドスト-ン


※上の動画の字幕解釈は一部間違っているので、あくまで中立的に…。

画像 このエバートン郡の丘の上に佇むガイドストーンは、1980年3月22日に建設され、6枚の分厚い花崗岩の石板で構成されている。それぞれ8カ国語の十戒として刻まれた言葉は、理想の世界のあり方を示し、それらを実現するために新世界秩序の樹立を宣言している。英語、ヘブライ語、アラビア語、ヒンディー語、中国語、ロシア語、スペイン語、スワヒリ語だ。

最も短いメッセージは、最上部に乗せられた平石の表面部分に刻まれており、バビロニア語、古代ギリシャ語、サンスクリット語、エジプトの象形文字などの古代文字で書かれている。ここに日本語がないのは、この意志を刻んだ者が……つまり誰から誰らに向けて発信されているのかが分かるだろう。常に歴史を作ってきた者たち。これらについては、今後開催されるTNNGの勉強会で詳しく説明したいと思う。

さて、それらの4つの古代語で書かれたメッセージは、フリーメーソンや薔薇十字団などの神秘学に共通する重要な教えと同じである。このガイドストーンの制作者たちの名前は伏せられているが、「ジョージア・ガイドストーン・ガイドブック」という小冊子は、地元のグラニト・カンパニー社から発行されている。

以下に十戒の文面を掲載するので、参考にしてもらいたい。

第一条:
 絶えず自然と調和を維持するため、人類を人口5億人以下に保つ
第二条:
 肉体的適合性と多様性を改善しつつ、賢く生殖を導く
第三条:
 人類を新たな単一言語によって統合すること
第四条:
 情熱、信仰、伝統、また他の全ての物事を節度を持って扱う
第五条:
 人間と国家とを公正な法律と法廷で保護する
第六条:
 国家が内外の問題を世界法廷で解決させるようにする
第七条:
 無駄な法律や役人を取り除く
第八条:
 個人の権利と社会の権利を釣り合わせる
第九条:
 無限との調和を追及しつつ、真実、美、愛を奨励する
第十条:
 我々は地上の癌であってはならない。自然のために余地を残す

この理念は、私の想い描く理想的社会のあり方に非常に酷似している。しかし、言葉というものは、その解釈によって大きく意味が異なることに注意してもらいたい。

選ばれたトップエリート6000人による人類の管理・統制の割合が5億人、という意味なら論外ですが、自然(飲料水と緑地)割合と人口比率は比例関係にあり、現在の自然環境においては、人口過密になっていることが言えます。しかし、これについては人の手を加えずとも、自然の力で淘汰されていくでしょう。その影で人の善意の寄付金を集め、私腹を肥やしている守銭奴が蔓延っています。途上国の環境が改善されないのは、彼らや利権追求型の企業によって意図的に作られた格差や飢餓、紛争だからです。偽善者の途上国支援など絵空事です。これら世界的腐敗を改善していきましょう。

それに近年、問題となっているネグレクト問題。子供を産み育てる能力のない者が、快楽追求の後に産み落とされた子供に対する虐待事件が後を絶たない。非常に悲しく、嘆かわしい事件です。自制心や物事の節理を知らない無知で無責任な愚か者が招いた結果だと言える。この原因は、子に人の道を教えない、堕落し腐敗した教育制度にある。現代社会を見れば、人間失格者が権力と財力を手にし、自分さえ良ければと傲慢さで社会に影響を与え、コントロールすらしている。こうした者たちの権力と財力は、すべて国民へ返還していきます。

私は共通言語において、柔軟性と意思を細分化し、より正確に伝えることが可能である日本語を採用しようと思います。単純化された共通言語など、人の知能を幼児レベルに退化させるだけですから。そして、シンクロニシティや以心伝心などをもっと強化すべきだと考えます。

自然は自己治癒能力を持つ。しかし、強欲な人間の手による自然破壊の速度は、それらをはるかに上回る。だから、我々は自然との共生の中でのあり方を模索し、追及、実行しなくてはならない。これらは責任ある大人として当然のことと言えます。

しかし、たとえ人類の理想に向かって歩むことが人としての道だとしても、そのやり方や、その一歩すら人の道から踏み外すことがあれば、即座に獣道に成り果てる。これは、私が一番懸念していることです。

定規とコンパス
















人を神的に覚醒させないよう真実や智慧を隠し、二人のホモ男性からなる天上のコンパスと、二人のレズ女性からなる地上の定規によって人を囲い、人を獣扱いして十字架を背負わせるというなら、そのような囲いや十字架はすべて取り払い、コンパスと定規を繋ぐ鎖(絆)など、断ち切っていきます。

と言っても、私はあなた方を搾取はしません。そのような価値観すら受け入れられる法整備や社会作りを行い、対立するのではなく互いに高め合う世界を創っていきたいと考えております。自由は、あなた方が最も重んじる理念なはず。秘密と抑圧で成り立つ社会に自由は根付きませんよ。

それとも世の中を「101号室」にしたいのですか? ねぇ? ビッグ・ブラザー。事実を歪曲させ、非信頼の社会作り計画など、徹底的に粉砕します。常に秘密には悪魔の囁きが付きまといます。秘密主義こそ、この世に蔓延る悪の根源であり、腐敗そのものなのです。

宗教学(初級170):秘密結社(フリーメーソン) 〜 竹下雅敏


さて、イスラエル世界国家の樹立のための、殺戮実行部隊はKKKです。ヒトラーすらシオニズムの操り人形に過ぎません。福島原発事故がモサドによる準備であっても、それら計画を推進してきたのは、あくまでKKKとスカル・アンド・ボーンズなのです。偽ユダヤ人ラビすらも、No2、No3でしかないのです。それらはイギリス建国の歴史を調べれば、すべてが氷解します。

9.11もブッシュ率いるスカル・アンド・ボーンズによってWTCと第7ビルが爆破倒壊されましたが、このビル内で働いていたユダヤ人に一人も被害者がいないのは偶然ではありません。それを嗅ぎ付けたNHKの長谷川さんは殺されてしまいました。

3.11後、人工地震を調査し放送したNHKの五十嵐さんも、夫婦揃って毒殺されました。第二次世界大戦時、原爆が落とされる直前に2回起きた巨大地震も、日本の軍事工場をピンポイントに狙った地下からの原爆による人工地震であるとOSS(CIAの前身組織)の証拠資料が揃っています。

ちなみにOSSの主要メンバーは、マンハッタン計画(原爆開発)を含め、アメリカに亡命したナチスのメンバーです。アインシュタインすらナチスのユダヤ人科学者なのです。おまけに、スピルバーグの映画「インディー・ジョーンズ」の主人公ジョーンズ博士はOSSの人間です。(パート4より)

◆(911テロ)NHK解説委員主幹・長谷川浩さん(55)の変死事件



◆NHK元アナ夫婦殺害事件-NHKがもみ消す人工地震番組とは…



反ユダヤ主義は、ユダヤ人による自作自演なのです。ユダヤ人のスピルバーグ監督によってプロパガンダ映画がいくつも制作されました。過去、600万人を超えるとされたユダヤ人に対するホロコーストは、すべて捏造であり、「アンネの日記」も聖書同様、実在しない人物の創作小説です。こんなチープな歴史捏造に騙されてはいけない。

理想実現に向ける善なる者たちと、手にした欲と利権が奪われることに頑なな抵抗を見せる悪しき者たち。この対立が格差や飢餓、紛争を生み出している。現政府や議員、官僚、日本のトップ企業の経営者に見られるように、利権産業の中枢は、欲と腐敗にまみれた悪しき者達が暗躍する地獄絵図によって世界が描かれている。

このような世界は、改善されなければならない。しかし、それを急げば、世界の終焉という短絡的かつ無知で愚かな選択を選びかねない。愚かな狂人が道を踏み外せば、世界はわずか数日で終わってしまう。すでに人類が持つ破壊力は、神に匹敵する程の力を得た。ただ足りないのは、神に匹敵する創造力だ。

今、それらを我々は学び、求める未来に向かって歩まなければならない。


利益追求の概念に、善意は一切ありません。
お金という物の正体は、権力者が人間を売買する際、奴隷価値を表すために造られた制度です。始まりが悪ければ、それは決して善なる結果に導かれることはないのです。数千年経っても、一向に変わることのないお金(タラント)の価値は、後の世には存在しない無価値なものとなっているでしょう。

私が生きている間に、それを成し遂げたいと思います。

なぜバベルの塔が打ち砕かれたのか、改めて考えるべきです。答えは簡単です。人が本当に望む物は何もなく、当然ながら暮らすべき場所でもないからです。大阪と東京の環境にそのまま当てはまります。刷り込まれた押しつけの歪な価値観は、いずれ淘汰されます。自然や因果は、人の上辺言葉で語られるほど寛容ではありません。

石原都知事、橋下市長、あなた方は強欲な上に勉強不足です。

産経新聞、FNN合同の世論調査において「日本のリーダーとして最もふさわしい人は?」の質問の1位に、橋下徹大阪市長、2位に石原都知事の名が上がったが、このような者たちが日本のリーダーとなった曉には、ナチスも舌を巻く、映画「12モンキーズ」のような管理社会が形成されるでしょう。彼らすら使い捨ての駒でしかありません。


以前、2月11日(211)の数字について、聖ペテロの鍵(天国の門を開く2つの鍵)の話をしました。2月11日(11番目のアルファベットkが2つ KK=Key Key)に開始の狼煙の日として、ディーヴァこと歌姫のホイットニー・ヒューストンが生贄として捧げられてしまいました。まだ、48歳という若くして亡くなられたことに、深く哀悼の意を表し、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

その前日、同じ部屋434号室(11)で、彼女の娘ボビー・クリスティーナ・ブラウン(18歳)が、まったく同じようにバスタブで昏睡状態だったのを、セキュリティが発見して病院に緊急搬送。一命は取り留めました。つまり、巫女を生贄として満月の夜に歌姫が歌い、天の門を開くために黄泉の世界と繋がる水の中で儀式が行われたということです。娘は失敗したために、母親がその代わりとなったのです。

同じ日、第54回グラミー賞授賞式が開催され、ニッキー・ミナージュは血の処女「赤頭巾」の格好でローマ教皇とツーショット撮影。そのエプロンにはメデューサの生首が描かれている。続いてスーパーボウルの王座決定戦のハーフタイムショーで、マドンナは闇のルシファー(バフォメット)の格好で登場した。「上の如く、下も然り」のサインもばっちりです。

第54回グラミー賞授賞式


















さらにニッキー・ミナージュは、イルミナティのイニシエーションを演じ、クレオパトラの姿で再登場します。オシリスとイシスの死と復活の儀式という流れで、イルミナティ・ショーを見事に演出したと言える。この事件や儀式に現れる数字は、エリザベス2世の英国王位継承と密接に関係している。

イルミナティたちに警告しておく。
光は、音と同じく、思念や波動を媒介させる媒体の一つでしかない。
光の前に言葉があり、言葉の前に思念がある。

この閉鎖空間から脱出する、というのが我々の究極の目的なのだ。そのために、最初の私は自らの体を粉砕し、塵として虚空に散りばめた。ユグドラシル(生命の樹)は、人間のことであり、宇宙のことである。

一刻も早く、本来の目的に立ち返るがよい。
虚空や幻影相手に戯れている場合ではないのだ。
スミスの如く個で確立せよ!


話は戻りまして…
このTHRIVEの動画では、不の情報を暴露しつつ、旧体制に取って代わる新たな1%の新組織による支配者的発想が埋め込まれています。まさに善人のフリをした極悪人です。とても狡猾で非常に恐ろしい連中だと言えます。

この動画の後半で語る考え方は、非常に危険であり、今以上により深い洗脳状態が構築されるでしょう。「あの時よりもマシになったが、やはり我々は奴隷だった」。そんな未来を描いているのです。

彼らは現在の支配的世界が「悲劇」とした上で、次のように明言しています。「最後のあがき」として芋虫の例えを出します。これは「古い者と新しい者の入れ替え」を示すものです。旧体制を踏み潰してはいけないと擁護までしています。その上で「私たちの仕事は、新世界を作ることです」と語っています。さらに「我々が新しいエネルギーを創造し、供給する」とし、その上で対立すべきだと煽っているのです。1人の旧体制グローバリストを倒すために、100万人を洗脳するとの宣言にも見えます。

THRIVE - サイト内 WORLDVIEW
THRIVE













これは、THRIVEのサイト内にあるWORLDVIEWをキャプチャしたものです。しっかりとグローバリストの「万物を見通す目」が張り付けられています。しかも、サイト内の至る所に神秘学の絵やデザインが散りばめられています。

下記の画像は、その目を拡大したものです。

THRIVEs EYE 明らかに彼らは、旧体制が崩壊し、それに代わる新体制の誕生を推進するロクデナシです。彼らのサイトの「THE 12 SECTORS」のWORLDVIEWの文字の横にある目は、トカゲの目をしてます。その瞳に写る建物も、どこの建物か非常に気になるところですね。場所はフィレンツェの某所です(笑)。

 レプティリアンやシュメール神などと、必死に刷り込みをするイルミナティの情報を信用してはいけません。

デーヴィッド・アイクもゼカリア・シッチンも、今でも彼らの手下なのに、善人に寝返ったなどと二枚舌を使う蛇なので、鵜呑みにしないで中立的に情報をしっかり検証しましょう。

私は、現代社会が抱える問題に対して、非暴力的解決を促すのに、対立なしでも成立させられると明言します。つまり、負の循環サイクルや欠陥システムに依存しない社会作りを、みなで推進していくと言うことです。

フリーエネルギーは、無料で利用できるからフリーエネルギーなのです。しかし、彼らはそれを無料で供給するとは言っていません。彼らはそれを隠し、誤魔化し、まるで逆のことを推奨しているのです。

理想の社会を築くのに、フリーエネルギーの供給と、現行の金融に対する非依存型社会の構築はとても重要です。しかし、その上で彼らは、食料の独占企業の問題を挙げて特許や知的所有権、著作権の廃止を謳ってます。私も、農業の自由化と、知識や理論、知恵を人類で共有し、互いに発展していくことは大いに賛成ですが、気を付けなければならないのは、彼らの組織すらパワーエリートで構築されていることです。

つまり、変革した社会制度が確立していない現状で、特許や知的所有権、著作権の廃止を行えば、それらアイデアや知恵を持つひ弱な個人は、否が応でも経済力を持つ組織化された彼らの管理下に置かれる、と言う問題が発生します。TPPやACTAを見ても、彼らが個人の知恵と権利を保証するとは到底思えません。

この背景には、ある優れた理論や知識を持つ者が現れた時、その者が持つ知識や情報を勝手に彼らが拝借できることを可能にした制度の裏付けなのです。その上で、それら知恵を誰よりも早く独占するために、あえて間違った理論を加え、あるいは意図的に改変し、その情報が開発されるのを阻止することを狙っています。オリンパス問題も、同様の手法が用いられています。

さらに経済力のある人物たちが、先にその理論でインフラ環境を整備し、今よりも少しマシな環境構築を行って、それで大衆を我慢させるという新世界秩序の構築が見え見えです。非常に狡猾な謀略が仕掛けられています。

エジプトやシリア、南アフリカなど、自由革命は彼らグローバリストによる国家解体のミッションです。「非暴力革命のすすめ」で有名となった、マサチュセッツ大学政治学教授のジーン・シャープ(Gene Sharp)の著書”From Dictatorship to Democracy”がありますが、これらも結局は、対立構図による民主行動を煽り、国家解体を狙った自由革命と言う名のイルミナティのジョブ・ミッションです。日本語版はまだありませんが、下記のサイトで無料ダウンロードができます。民主革命の現地では、この冊子が配られていました。

http://www.aeinstein.org/organizations98ce.html

非暴力とはいえど、政府と真っ向から対立すれば、彼らの思う壺です。大切なのは『依存による惰性生活を止めること』です。無駄に働き、無駄に税金を納め、無駄に政府や役人、起業家、金融家を太らせる。この負のスパイラルを止めない限り、国民は日に日に痩せ劣り、貧困層が拡大するだけなのです。やがて、抵抗する力だけでなく、思考する力すらなくなります。この状態を家畜・奴隷と言います。

私は、そうならないための言葉を並べ、自ら行動し、世の中をより良き方向へ導いていきます。子供たちの未来を真剣に考え、良い社会作りに貢献するのは、大人として当然の責任です。

このTHRIVEの動画で語られるような、彼らの理想をそのまま鵜呑みにするのは非常に危険ですので、彼らのジョブ・ミッションには賛同せず、情報のみ上手に利用することをお勧めします。


今後、私はフリーエネルギーの開発と供給、金融制度の解体、自由農業を推進し、現企業(パワーエリート)や政府に依存しない、本当の意味で自由な理想的社会作りを目指していきます。

脱・電力会社、脱・銀行、脱・政府の三本柱で、本当の民主国家を目指します。


-追記-

以前から、私がこのブログでも指摘してきたように、近い将来、約150年間前後の短期的な氷河期が訪れます。そのため農業や食糧自給率は、国民の存亡の危機に関わる重要事項です。アメリカ制度に委ねられるTPP(アメリカ独占支配調印)など絶対にあり得ないのです。

氷河期到来に対する具体的情報がありますので、掲載しておきます。
------------------------------
英紙「デイリーメール」が伝えたところによると、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の重要メンバーであるドイツ・キール大学ライプニッツ研究所は、太平洋および大西洋の水温自然循環の分析により、「地球ミニ氷河期説」を発表したという。

また、現在の寒冬現象は北極振動(Arctic oscillation、北極と北半球中緯度地域の気圧が逆の傾向で変動する現象のこと)によるものであっても、実質上、長期にわたる太平洋および大西洋の「数十年振動(multi-decadal oscillations、MDOs)」と深く関わっているとラティフ氏が指摘。

これに対して、米ウィスコンシン大学大気科学組織責任者ティサンニス氏は、「数十年振動」は世界各地で同時に発生したことによって、地球気候は「温暖化」から「寒冷化」に変化し、20~30年後に再び逆転すると説明した。ティサンニス氏は、「数十年振動」は地球の気候を変え、20世紀と21世紀における地球気候変化の重大な要因の一つであるとラティフ氏に同調した。

◆大紀元 epochtimes.jp
http://www.epochtimes.jp/jp/2010/01/html/d11871.html


※動画を見たい方は、YouTubeで「THRIVE 日本」をキーワード検索


 あるいは下記へ...



































【THRIVE 日本語版 全編】YouTube

















【THRIVE 日本語版 1/10】YouTube


【THRIVE 日本語版 2/10】YouTube


【THRIVE 日本語版 3/10】YouTube


【THRIVE 日本語版 4/10】YouTube


【THRIVE 日本語版 5/10】YouTube


【THRIVE 日本語版 6/10】YouTube


【THRIVE 日本語版 7/10】YouTube


【THRIVE 日本語版 8/10】YouTube


【THRIVE 日本語版 9/10】YouTube


【THRIVE 日本語版10/10】YouTube









Thrive スライヴ
http://www.amazon.co.jp/dp/B00714E3PG
Thrive












アフェリエイトを見つけると「利権だ」と過剰に騒ぎ立てる方がいるので、単なるリンクに書き換え張り替えました。買わなくてもこのブログ内で動画を見ることが出来ます。あくまで私感ですが、買うほどの商品ではないことを明言しておきます。

「利権だ」と騒ぎ立てる人は、サーチエンジンやバナーの張られた他のブログ、ショップサイトなどを利用したりしないのでしょうか? それらサイトを閲覧するだけでグローバル企業に寄付しているのと同じで、クラウド・データベースに個人情報が登録されてているのに、自分のしていることは気付かないようです。
灯台下暗しですね。





この記事へのコメント

修行僧
2012年02月22日 22:00
勉強になりました。
この作品のポスター自体がピラミッドの目のデザインを潜在的に表現していますね。庶民の味方をする振りをして自分で自分に敵対し新たな体勢を作るという方法、まさに自作自演で歴史を創り上げて来たロクデナシどもの常套手段ですね。
サージ
2012年02月23日 01:51
こんばんは、修行僧さん。いつもコメントをありがとう御座います。

相変わらず、とんでもないロクデナシどもです。彼らの計画が大幅に遅れている事への焦りが露呈した結果だと言えます。自作自演と二元対立は彼らの常套手段ですからね。こんなチープな内容がまかり通ると思っているとは、彼らはよほど知的レベルが低いと思われますね。

こうした嘘の謀略は、これからも粉砕していきます。
自分自身
2012年02月23日 09:43
唐突に失礼致します。この世は人類だけだと言うように聞こえます。自分の言うことを信じるのは結構ですが、あたかもその記事が本当であると思わせる事自体危険行為です。それこそマインドコントロールに値します。
昨今色々な情報が発信されていますが、
発言にはお気を付け頂いた方がいいかと思います。
ちなみに『THRIVE』が本当か嘘か。イルミナティが云々の発言は控えさせて頂きます。
サージ
2012年02月23日 10:31
自分自身さん、コメントをありがとう御座います。

色々と調査し、検証した結果、現段階で「宇宙人は存在しない」という結論に至ってます。宇宙人を信じるのも、信じないのも自由ですが、もし、地球外で知的生命体がいるとする確固たる証拠があれば、是非参考にしたいと思いますので、ご呈示願えればと思います。

マインドコントロールを行っている者を暴くことが、はたしてマインドコントロールでしょうか? あなたの仰ることは、今ひとつ説得力に欠けます。

「気を付けるよ」と仰るなら、言論の自由を弾圧する、言論統制者からの攻撃に気を付けよ、と解釈できるので、それについては気を付けたいと思います。もし時代が中世なら、異端裁判で火あぶりは免れませんから。
自分自身
2012年02月23日 13:10
ご返答頂き有難う御座います。
ちょっと嬉しいです。
少々勘違いがあるようですが、
マインドコントロールを暴くこと=マインドコントロールと思ってません。
これはこれでやり続けて欲しい事ではあります。
そこの所ではなく、
原因がこれである!あれである!と言った言い切りが、
無知な方が見た場合に、『そうなんだ』と思い込んでしまう事に問題が出てきそうな気配を感じます。
ペンは剣より強し。いまだに言える事だと思いましたので、
こうして書き込みさせて頂きました。
ただ、最近のマスコミは巷で言われるマスゴミです。
kazu
2012年02月23日 13:26
サージさん、はじめまして。
スライヴ、かみさんと一緒に見ました。
後半(10-9、10-10)以外は、本当の事だと思います。
彼らもバカですね。真実を暴露しましたね(笑)
最後にはやはり、マネーが出てきます。
最初、この動画を見た時、一般の人に解り易くする様にマネーは切り離していないのかなぁと思っていましたが、よく考えてみるとこれって洗脳ですね。(笑)
マネーに依存すること自体、奴隷ですよ。
自分の場合、サラリーマンを辞め、3年ほど自給自足的生活をした経験があります。そこで初めて色々なことが理解できました。(まだ、修行中で未熟ですが…。)
普通の人が、マネーと切り離して生活ができる認識を養うのは、物凄く難しい問題だと思います。
ただ、逆にそれらがクリアできれば、一気に逆転するでしょう。(^^)
それと、地球外知的生物の存在についてですが、私は存在すると思います。(理論的根拠はありませんが…)
存在した場合、ほぼ、地球人と同じだと思います。って言うか、それ以外考えられませんね。
あと、次元の違う場所での何らかの存在?は有ります。

サージ
2012年02月23日 16:46
自分自身さん、再度のご来訪を心より感謝します。

はい、私もそう思います。ただ、グローバル・エリートたちと真っ向から議論する場合、自己の理念と分析を持って戦うために、断定系で語る癖が付いております。申し訳ない。近頃は、国際法を用いて、馬鹿弁護士とも議論しています。ま、当然、それだけこちらも調査し、調べ上げた自信のある情報だと自負しているので、つい竹を割った言い方になってます。

しかしながら、ご忠告を感謝致します。
活字だと顔が見えない状況で発言なので、捉え方によっては誤解を生むかも知れませんね。今後は、もう少し柔らかめでいきます(^^)/
ありがとう御座います。
サージ
2012年02月23日 17:00
kazuさん、ご来訪とコメントをありがとう御座います。

その通りです。彼らがなぜ非信頼による社会作りをするかというと、彼らは嘘つきなので、他人を全く信用することができないのです。彼らが信用するのは、そう、ズバリお金(黄金)です。

そうですね。私もお金に依存しない、依存させないで人生と生活を豊かにする方法論を日夜研究しております。紀元前1万年前に戻れ、とは言いませんが、ないことは、ある喜びになれば幸いかな、と。時間がある分、もっと多くの喜びに気づけると思います。

地球外生命体については、他次元、他時間という概念なら成立します。ただ、この場合、相手は宇宙人ではなく、肉体を持てば人間、なければ霊魂(意識体)ということになります。私も実際に遭遇しているので、これは認めます。でも、宇宙人はいない証拠がたくさんあるので、というか、皆さん宇宙のことで騙されています。月や星、太陽のことも。それを知ると「ええっ!」と驚くでしょうね。

なぜ世界の各天文台の観測システムを、ヴァチカンが独占提供していると思いますか? NSAも含め、人を根っから騙すためです。みんな地球のことすら知らないのです。いつか具体的証拠も合わせ、皆さんに公開したいと思います。
ひろみ
2012年02月23日 20:21
「THRIVE」という単語は、ラテン語ではありません。
ラテン語の繋栄という言葉は「PROSPER」です。

語源は調べて、つむじ風のブログにコメントとして書きました。
興味があれば読んでください。
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2012/02/thrive_1ee9-1.html

私は「Thrive」を誰がどのような意図で作ったか、ということよりも、これを見て、私達一人一人がどう考え、どう行動するか、どういう未来を選択したいのか、ということの方が大切だと思います。

そういう意味で、多くの人がまだ知らない、システムを暴露している部分は評価していますが、一つだけ危惧するのは、これを見て、短絡的に、あいつらが悪い!と対立してしまう事です。
サージ
2012年02月23日 21:58
ひろみさん、はじめまして。ご来訪と、貴重なご意見をありがとう御座います。

いいえ、「THRIVE」は古典ラテン語(スラング)で、権力者の栄光と言う意味があり、奴隷が王のパレスを作るという意味合いを持っています。元々はフェニキア語から派生した言葉です。

この動画の制作者は、意図的に音の「スレイブ(奴隷)」と「スライブ(繁栄)」をもじって付けられたタイトルだと私は思いました。

ちなみにカーニバルの語源はカナバル(食人)であり、その起源はアンドラステの儀式にさかのぼります。それがミトラ教やアモンの儀式として受け継がれ、クレタ島でより陰密な儀式として発展しました。

確かに短絡的な対立は、彼らの思う壺ですが、嘘を見破り、彼らの意図を知ることはとても重要です。メディア煽動も露骨になっている昨今、それを正しく指摘することは非常に大切なことです。

なぜこの国は年間3万人を超える自殺者がいると思いますか?犯罪の低年齢化なども含め、それら原因を我々大人は真剣に考え、解決策を見出すべきです。政府はこうした状況を10年以上も放置するなど、無責任な傍観者も甚だしいです。

彼らのマインドコントロールは、紀元前からパターンがあります。そうやって権力者は歴史捏造を行い、民衆をコントロールしてきたのです。
サージ
2012年02月23日 22:11
ひとつ最近、私の身近で起きた面白い話をします。

ある両親と、子供一人という、典型的な現代の核家族の家庭がありました。その子の父親は、誰もが認めるほどの生真面目で、よく働き、曲がったことは絶対にしない立派な方です。

ある日、その子供が父親に向かってこう言いました。
「お父さん、あのテレビに出てる人(タレントや議員)は、悪いことをしているのに、どうしてお父さんの給料の方が安いの?」
その子の父親は絶句したそうです。

この子の未来はどうなるでしょうか?
その父親は、その日からただ真面目に働くことではなく、子供の未来のために何をすべきか考え、行動するようになりました。そんな話を聞いて、私はとても清々しく共感しました。
じょん
2012年02月23日 23:28
はじめまして。
さんざん陰謀論(と言う言い方は好きじゃないですが。人口地震などオモテマスコミが触れない真実ですからね)を調べましたが裏もあるていど知ってるネット世界でTHRIVE絶賛はヤバい風潮と思います。
理想社会を考えるとインディアン(彼らはネイティブアメリカンって呼ばれ方に否定的みたいですね)が私の理想に近いですね。あと、文化文政の江戸。もちろんどっちにも負の面はありますが。
サージ
2012年02月23日 23:43
じょんさん、こんばんは。コメントをありがとう御座います。

そうなんですよ。すでに新世界秩序の本当の黒幕たちが、チラホラと表舞台に出てきています。旧体制は、あくまで布石でして、新体制を絶賛するプロパガンダが世界各地で仕掛けられています。

私もナバホやホピ族との交流を通じて、彼らの知る創世記の話など色々と聞かせて頂きました。彼にのラグ(絨毯)のデザインに、卍と鍵十字(左右の螺旋)、太陽十字があり、これはケルトにも同様のデザインが存在しています。それを後のキリスト教やナチがシンボルとして取り入れたのです。

実は、アングロサクソン・ミッションにおいて、一部のネイティブ・アメリカンがその計画を推進(裏切り)しているという話を小耳に挟みました。誰かはまだ特定できていませんが、こちらも必ず突き止めます。
kazu(和)
2012年02月24日 02:29
サージさん、どうもです。
>彼らがなぜ非信頼による…
彼らの気持ちも理解できます。ずっと迫害され続け、騙されてきましたから…。恐怖心からそういった行動に出るのでしょう。確かにどの時代でも騙す人は後を絶ちません。
>私もお金に依存しない…
そうですね。私もその事を皆さんに判って頂きたいんです。やはり、紀元前1万年前に戻らないとダメでしょうか?(笑)日月神示に書かれてるように、一旦リセットしなければいけないんでしょうかね?
>皆さん宇宙のことで騙されて…
是非、教えていただきたいです。子供にもわかるような説明でお願いします。
>私もナバホやホピ族との…
その話も聞きたです。あと卍(swastika)についてですが、1930年代頃のインディアンジュエリーにはこのマークがついてます。ナチス(NAZI 那智の滝?)により禁止になったみたいですね。
サージ
2012年02月24日 11:02
和さん、コメントをありがとう御座います。

負の連鎖は、必ずどこかで断ち切らなければ、被害者がねずみ算式に増えていきますね。「目には目を」的な考え方は、あまりにも不毛な世界を創ってしまいますから。危ないから銃を持つ。これが今のアメリカの真の姿です。この機会を良い方向へ向けていきましょう。

日月神示や聖書、教典、様々な書物の中に知識はありますが、答えはそこにはありません。答えは、我々が出すものと言うことです。同じ過ちを繰り返さないためにも、我々は次なるステップへ進むべきです。

電力は自ら作り出せるものです。これに気付けば、極度に生活や知的レベルを落とすことなく、周期的に訪れる世界的危機を乗り越えることができるでしょう。

宇宙のことは、いずれ必ず。
その時は、ある場所からネットでライブ中継したいですね。

ナバホ、ホピ族の話などは、直接、それらの方々から話を聞く方が良いかも知れませんね。私は多くを知りすぎて、彼らが伝えたいことではないことまで伝えてしまうかも知れませんから(笑)

そう言う機会を、皆さんと共有でき、さらに、お金に依存しない先進的(根源的)なコミュニティを創ろうと思います。すでに各地(千葉、長野、京都など)でそれに近いものはできています。ただ、ライフラインの整備を拝金主義者から独立させないと維持継続はできないので、それらの整備を早急に開発したいと思います。

脱企業、脱銀行、脱政府は、今後の発展的未来の必須課題です。つまりNPO団体あるいは法人をつくる、というこれまでの依存型の発想では、絶対に失敗すると言うことです。自活、独立することが、本当の意味での自由と発展的未来志向になります。
kazu(和)
2012年02月24日 12:53
>電力は自ら作り出せるものです。
そうですね。あと、送電線もなくて大丈夫ですね。
>ライフラインの整備を…
そうなんですよ!私もその辺りを実験したかったのですが、資本と時間がなくて挫折してしまいました(笑)
コミュニティについてですが、仲間は意識レベルを合わせないと危険です。彼らの手下が巧妙に入り込んできますから…。彼らの方式で、彼らとは逆のエネルギー(ベクトル)を使います。基本的な考え方は、子供=弱者を、中心とした社会形成が必要ですね。この方法が皆にとって一番楽なんですよ!つまり、▽(逆ピラミッド)。右と左、上と下、縦と横…彼らが行っている事はすべて逆なんですね。
>ひとつ最近、私の身近で起きた…
私も子供がいますが、学校へは行かせたくありません。
かなり過激な発想ですが…。他人が聞けばぶっ飛びますね。(笑)
サージ
2012年02月25日 00:03
和さん、こんばんは。返事が遅くなりました。

コミュニティで外部から破壊分子が入る要素は、日本各地にあるコミュニティも同じですね。警察沙汰になるような、良からぬ事をしでかす輩がふらりと入ってきたりします。こう言う時、やはり一見さんお断り(紹介性)&お試し期間と審査は不可欠でしょうね。民間の場合、治安維持もとても重要です。

確かに基盤となる最初の内は、▽中心にコミュニティを創り、いずれ▽△は合一させることが目標ですので、最終的には総ての国民に当てはめていきたいと思います。

そうそう、よく陰謀論者にダビデの星を、悪のシンボルと決め付けている人がいますが、これすらダビデやエジプト以前から存在するシンボルで、イスラエルも含め彼らが転用しているだけなのです。そうした無知蒙昧の先入観丸出しの考えは、対立の原因になるだけで不毛だと言えます。そもそもダビデなんてもゼウス同様、実在しません。聖書による歴史捏造は半端ではありません。

いずれにしても、子供は国の未来の基盤ですから、子供や老人、弱者を含め、こうした方々を基軸に自然との共生空間を創っていきたいです。「愛」とは無償の奉仕ですから。その気持ちがない人は、協調するのも難しいでしょう。

学校については、独自に教科書とカリキュラムを用意していきたいです。もちろん本人の意思優先で飛び級制度を導入したいですね。

今の多くの大学教授を見ていても分かるように、人間として欠陥だらけの人が多いのは困りものです。洗脳階段を上った方々ですから当然ですね。そうした人が教鞭を振るうことに、私は危機感を感じてます。

特に電通の役員が、某大学でメディア経済学を教えていることに、恐怖すら覚えます。平気な顔をして毎日嘘を付いているのでしょうね。
サージ
2012年02月25日 00:50
先ほど、アクセス解析を見てて、そのリンクを辿っていくと、下記の「飄(つむじ風)」というサイトの記事に辿り着いた。

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2012/02/thrive_0eb9.html?cid=35453042#comments

人の所の画像をそのまま使って、稚拙な戯言を言っているようなので、一応、コメントをしておいた。そのコメントを掲載するかしないかは、あなた次第だ。そもそも、このページの画像使うなら、一言くらい声を掛けていけよ。

ネット社会のモラルの低下は、あまりにも著しい。
shin
2012年02月25日 09:43
はじめまして、shinと申します、動画見ました。
宇宙人に関しては、地球に来ていてもおかしくないと思います、地球人にはまだまだ知られていない技術が多数存在しているとおもいます、私は地球人、動植物は創造者(宇宙人)によって造られたと思ってます。
人間も動植物も視覚的に美しく優れたものが多いと思います、進化でこのような世界が現れるとは思えません。
誰かが考えて、人工的に造ったと考えれば宇宙人しかいないと思います。
それで、月ですが、月が地球創造者(宇宙人)の前線基地だったと考えれば月面都市もありえるかなと思います^^
宇宙人に教えてもらった未知のテクノロジーで月まで行けた可能性はあると思います。
全ては軍事組織が関わっていることなんで、機密、秘密にしてることが多いわけですから、何があってもおかしくないと思います。

あと、マネーはこの世から消えるべきだと思っています。
これのおかげで、本当は出来るけどやらない、出来ない、騙す、脅かす、マネーゲーム、戦争といった話が多すぎます。
ただ私的には、今はまだ人間の科学的解明が遅れているせいで、人を信用できないのかな?と思ったりしています。
人間の体が解明されて誰でも天才になれる、可能性がある、老化、病気の根絶とかいろいろ解明できれば、人間の知恵こそ資産みたいな話になって、お互いを尊重、信頼できるようになってくると思うんですが。
だからそれが出来るまでは、何かお互いを信頼付ける価値というか、物質?が必要なのかなと思います。
でももしお金を残すなら、お金だけ管理する組織はあってはならないですね、同じ過ちを犯すことになると思いますし。
サージ
2012年02月25日 10:37
shinさん、コメントをありがとう御座います。

私も以前はUFOや宇宙人を信じていました。幼い頃から、おそらく人よりもUFOを目撃していると思います。わずか20mほどの距離で、地上に着陸したUFOを友人や親戚の子供たちと一緒に目撃しましたから。

でも、宇宙についての情報が、大きく捏造されていることを知ってから、UFOや宇宙人に関する情報を徹底的に調べ上げたんです。すると、それら情報の大半は、NSAにより情報操作されていることが分かりました。だから私の知る宇宙には、宇宙人は存在しないと考えます。月の話もほとんどが作り話ですから。地球製のUFOなら、いくつもの証拠が手元にあります。

ところで、鶏と卵の話をご存じですか?どちらが先だと思います?では人間はどうでしょう?これら議題は、実は共通性があるんです。

人間の解明は、肉体よりも精神や心を解明すべきだと考えます。物理学の世界でも、物質消滅現象が観測される時代となりました。また輪廻転生や前世の記憶が実在する以上、それを説き明かさなければ、世界の真実すら見えてこないでしょう。

ワンネスについては、根源は一つという概念は正しい。しかし、なぜ他者へ分離したかが重要なのです。つまり、この閉鎖空間(宇宙)から脱出するというのが、我々の本当の目的です。その方法を我々は探し続けているのです。

老化に関しては、近い将来、複数の方法で回避できると思います。

マネーは、世の中からなくすべきです。そもそもお金は、権力者が人の価値を金勘定するために作った制度ですから。それがお金の発祥です。大昔から、人は商品として売買されてきました。政治家や官僚は、今でも人を金勘定しています。福島の放射能被害は、彼らの新たな災害利権になっています。
Jester
2012年02月26日 15:56
サージさん、ご苦労さまです。
宇宙ですが恐らく「笑い」のためにあるんだと思います。
まず「通常の状態」(秩序)→「ボケ」(秩序の喪失)→「ツッコミ」(秩序の回復)と。
正・反・合ですね。あ、これは石屋さんの考え方ですか。
 あ、それと、一度私を透視してみてください。実は爬虫類系なんですが、理系なんで。寒い所は苦手だったりします。
 では。
サージ
2012年02月26日 16:23
Jesterさん、こんにちは。

二元論だと「正・反・合」の無限ループでウロボロスの輪が完成です。この状態が、いわゆる洗脳ロボットの状態ですね。大半の人がこの常態かと。

白黒、善悪、明暗、男女、陰陽など、すべて対立相殺の関係で、彼らの目指す幻影世界です。ここに中庸を加えてトリニティ。固定すればスクウェアの次元完成。それを積み上げてトーテム、循環させればトーラスですね。

今、透視しましたよ。どこが爬虫類系なんですか?(笑)
ところできっきまで何を食べてたんですか?旨そうな臭いがします。
合成アミノ酸系の食べ物にはご注意を。

では。
Jester
2012年02月26日 18:30
ええと、良く食べるは納豆と生卵となめ茸とかのりたまとかです。
ところでうちの家系って変わっているんですが(父親がいっちゃってる人で家庭が崩壊した)透視して私の霊魂とかわかりますか?
サージ
2012年02月26日 22:19
Jesterさん、こんばんは。
たしか、前にリーディングしませんでしたっけ?

最近は人を視るのやめたんですよ。
視ても意味がないので。
他者を覚醒させることに力を入れてます。
サージ
2012年03月02日 23:08
自称、アナスタシアの末裔ことアレクサンダー・ロマノフが、面白い本「666 イルミナティの革命のためのテキスト」を出版したので、近々、その本の中身を解説しつつ、無能なイルミナティのお粗末な知識を徹底的に粉砕していきます。

乞うご期待!
NN
2012年03月03日 21:53
↓イスラエル大使館HPの3月20日休業に関する記事

休館日のお知らせ

2012年3月20日

「さて、在東京イスラエル大使館では、日本国祝日(春分の日)に伴い、3月20日(火)終日閉館いたします。当日は領事業務受付等も休止いたしますので、予めご承知おきください。」

サージ
2012年03月05日 04:43
NNさん、こんばんは。
しばし多忙で離れていたので、掲載と返事が遅れて申し訳ないです。

その情報の裏を色々と調べてました。すでに、在日イスラエル大使館のHP上から、その情報は削除されていますが、魚拓には残っています。

http://megalodon.jp/2012-0301-1745-11/tokyo.mfa.gov.il/mfm/web/main/Print.asp?DocumentID=204348

3月20日と言えば……
・地下鉄サリン事件:1995年3月20日
・イラク戦争:2003年3月20日
・オデッセイの夜明け作戦
 NATOによるリビア攻撃:2011年3月20日

確かに掲載から削除までのライムラグが短すぎる点で、非常に焦臭い行為と言えます。それにこの3月20日は、ギリシャの選択的デフォルトの確定時期と重なる点で、世界的変革点となるのは間違いないでしょう。

ユダヤ暦において、閏年にはプーリーム(プリム祭)が移動祝日となるので、賢女エステルの故事にちなんで3月8日も注意日と言うことです。

関東地域の住民は、非常に注意が必要です。
サージ
2012年03月12日 09:37
おはよう御座います。
今朝の清々しい朝日を見られたこと、そして現場でその応対に尽力してくださっている方々に心より感謝を申し上げます。あと2つ、これを阻止できれば、いよいよ次は日本に蔓延る腐った権力者たちの悪を白日の下に晒し、彼らの権力を奪っていきます。

「友愛革命」など、断固として粉砕する!

悪事が続くと思っている金と欲で魂を打った鬼畜な売国者は、今ある権力もお金も国民に返還していきますので、その覚悟を決めておきなさい。戒心し、許しを請うなら、その採択においても国民に委ねていきます。

人が人になる時が、ついに来たのです。

「哲学」とは、人をすべてにおいて昇華する知の学問であり、戦争や経済活動は、その真逆の「獣学」を意味する。非道に対して非道で立ち向かうのは、獣以外の何ものでもない。同じ類である。このような愚かな理念で社会は意図的に造られている。

権力者が語る偽の「哲学」に惑わされないよう、みなさんも心の学問を重んじることをお願い申し上げます。
Jester
2012年03月13日 23:29
調べてみたんですがオデッセイの夜明け作戦は3月19日に開始されていますよ。
サージ
2012年03月16日 10:58
Jesterさん、コメントが遅れて申し訳ない。
このところ非常に多忙で返事が遅れました。

オデッセイの夜明け作戦は、米国時間の19日午後3時(日本時間20日午前4時)です。我々は日本人ですし、「日出ずる国」として、すべての流れを日本時間で計算します。日の丸を掲げるのは、そういう意味です。

日は沈んでも、また昇る。
世界の中で、不滅の国は日本だけです。
Jester
2012年03月16日 22:46
なるほどわかりました。

現代社会は獣化システムなのでなんとかしないといけませんが私には為替レートのコントロールや株価のコントロールなどしかできないのでシステムの構築はできないです。
サージさんには期待しています。仕事ですが手伝ってもいいですよ。
サージ
2012年03月16日 23:56
Jesterさん、ご厚意をありがとう御座います。

実は、私はティル・ナ・ノーグ計画を水面下で進めています。多くの人々を彼らの奴隷社会から解放する新国家樹立プロジェクトです。日本を復興させるための大きな助力となると考えます。また、一時的な避難、待避場所としても活用できます。

ヨーロッパやインド、アフリカ、チベットなど、様々な支援者や協力者を募っている最中です。この数日の内に強力な支援者も現れました。大英帝国に打ち勝つ力を持つ方々です。これまで理想論と言われていた部分においても、実現可能となりつつあります。

人類の奴隷・獣化を推進する彼らは、いずれ必ず自滅します。生き残ることが、まさに勝利と言えるでしょう。そのためにも希望を未来に繋げなければなりません。戦わずして勝と言うことは、まさに智慧で勝り、未来への発展的思考で運命を自ら切り開くことです。

詳しいことは、ここで語ることはできませんが、また、別の機会に。
サージ
2012年03月21日 10:16
エリザベス女王の即位60年を記念する20日、世界各地で生贄の儀式が行われた。

現地時間20日午後0時2分、メキシコ南部のアカプルコ近辺でM7.4の大地震が発生し、南部ゲレロ州では500棟以上の建物に被害が出た。震源は非常に浅く、トランポリンのように最初に大きな縦揺れの後、横揺れに変化した人工地震だ。オバマ大統領の娘マリアも学校行事で現地にいた。幸い怪我もなく無事であった。

フランス南西部トゥールーズでは、19日、ユダヤ人学校の教師と子供の計4人が殺害される銃撃事件が発生した。犯人は胸に小型カメラを取りつけ、現場を撮影しながらユダヤ人を殺害した。同一犯と思われる殺害事件は11日と15日にも起きており、仏軍兵士計3人が殺害された。これは捏造ホロコーストと同じく、ユダヤ人に対して世界的同情を引くために引き起こされた事件だと言える。

イラクで20日、首都・バグダッドなど32か所で爆発が連続で相次ぎ、少なくとも52人が死亡した。爆発は、20日朝からバグダッドや北部の都市・キルクークなどイラク各地で相次いで起きた。249人が怪我をした。この20日は03年にイラク戦争が始まった日である。

サージ
2012年03月21日 10:17
日本でもこの20日正午過ぎ、静岡・沼津間で東海道新幹線・名古屋発・東京行き「こだま644号」が線路内に立ち入った人をはねるという、異例な人身事故が発生した。そもそも新幹線の軌道内に立ち入ることは難しい。意図的に起こされた事件と言える。

また、20日午後1時10分ごろ、栃木県大田原市鹿畑の県道脇の用水路で、同県那珂川町矢又、ビジネス誌「プレジデント」の元編集長の樺島弘文さん(56)が自転車ごと転落しているのを通行人の男性が発見し、搬送先の病院で約2時間後に死亡が確認された。発見された様子は、両足は靴とペダルを連結するビンディングで固定され、土手から約80cm下の用水路に顔を水につけた状態という不自然な格好だった。

それぞれ亡くなった方々に、心よりお悔やみを申し上げます。

スカル&ボーンス(ドイツの秘密結社チャプター322)にちなんで、日本で3.22に決行するという情報も入っているが、我々も警戒をさらに強化する。

このところ創価学会の動きが慌ただしく、私にも直接的にアプローチしてきているので、より厳重な警戒が必要だと言える。
サージ
2012年03月21日 12:41
新月は、始まりの日。
188日周期の人工大地震として、太平洋プレートでのアウターライズ地震が予想されています。警戒および阻止に向けて動いていますが、一応、水と非常食の確保を。
サージ
2012年03月26日 14:05
コトコさん、返事が大変遅くなってしまいました。
本当に申し訳ない。m(_ _)m

先ほど、メッセージにてお返事しました。
この場を借りて、お礼とお詫びを申し上げます。
お便りをありがとう御座いました。
コトコ
2012年03月26日 19:45
サージ様

コトコです。
お忙しいところを、大変ご丁寧なメッセージをありがとうございました。

ただ今、携帯からコメントを差し上げております。
PCが不調の上、ログインの際のパスワードを忘れてしまいました(汗)
「あれ?このパスワードだったはずなんだけど。。」と、何通りかトライしましたが失敗に終わりました。
人間の(私のですが。笑)記憶なんて、曖昧でいい加減なものです(苦笑)

ご迷惑でなければ、またメッセージ差し上げたく存じます。
こちらでコメントしてよい内容かどうか躊躇もありますので。。

御多忙を極めてらっしゃるのは百も承知ですので、どうぞコメントのお返事は気になさらないで下さいね。

お体くれぐれもご自愛の程、これからもブログ更新楽しみにしております♪

御縁に感謝いたします。
ありがとうございます。

取り急ぎ、お礼まで。
サージ
2012年03月26日 21:24
コトコさん、コメントをありがとう御座います。
そうでしたか。メッセージは少し長めで2通に分けてお送りしました。

こちらこそ。
お互い子供たちにとって明るい未来づくりに貢献するべく、今後ともよろしくお願いします。
コトコ
2012年03月27日 22:41
サージ様

こんばんは。
コメントをありがとうございます。

ブログを開設した際に、メッセージをPCの方にも受信するように設定していましたので、サージさんのメッセージは拝読させて頂いております。
まだ、パスワードは思い出せていませんが(苦笑)

先ほど、お買い物に外出しまして
空を見上げると綺麗な三日月が。
思わずサージさんのこちらのブログを思い出しました。
宇宙論も騙されているんだ…と。

確か、リチャード・コシズミ氏も
「地球の磁場がない場所に人間が行けるわけがない。死んでしまいます。アポロの月面着陸はでっちあげでーす!」と断言していた記憶があります。

そうですね。
子供達の未来は光輝く世界であると
私達大人が示す役目を担っていますね。
本来の私達(宇宙)の姿は
一寸先は闇ではなく
一寸先は光なのですから。

こちらこそ、これからも宜しくお願いいたします。
長文にて失礼しました。

追伸
明日、THRIVEを観る予定です。
DVDを購入して3週間以上経ちましたが何故か気分が乗らずなのです。
サージ
2012年03月28日 14:47
コトコさん、コメントをありがとう御座います。

宇宙論についてですが、私は小学生の頃、昼間に見える月の形を見て「おや?」と気付きました。太陽の位置と月の位置を見て、「その月の形は、あり得ないだろう!」と絶叫しました。月の裏側が地球から見えないことも、ずっと疑問視していたことが、ある意味、気付きを後押ししました。

私の亡くなった祖父は元漁師でして、頑なに天動説を称え、地球の果てを自分の目で見てきたと言い張っていました。子供心に「そんなアホな」と図鑑や教科書片手に反論しましたが、今となっては、どうやら祖父の言っていたことの方が正しいようです。

仏教において、「世界は七層によって造られている」と言う意味が、よく理解できました。まさにその通りだと思います。
サージ
2012年03月28日 14:58
すでに世界情勢的には、第三次世界大戦が始まっていると申し上げてきましたが、その際の我々の敵は人間ではありません。人造兵や無人攻撃兵器たちです。

無人偵察機や無人ヘリについては、すでにアフガニスタンなどで実戦投入されています。カダフィ襲撃時に撃墜された黒いヘリも、米軍の最新型の無人ステルスヘリでした。

海外のテレビで流れていた番組ですが、アフガン駐在の米兵が操作していた無人攻撃ヘリをモニター越しに操作するコントローラーが、X-BOXのパッドだったのはかなり笑えました。ちなみにPS3なども含め、戦争物のゲームなどの開発資金は、アメリカ軍部から出ています。

アノニマスは、イルミナティの下位組織によってコントロールされています。旧体制(ヨーロッパ金融資本家)を破産および各国の金融市場をデフォルトに追い込めば、自由で平等な社会が築ける、として負の面を隠されたままNWOたちに洗脳されています。

インターネットが遮断されて一番危ないのは、中国やインドのバイオ研究所と、世界中の原発施設です。インターネットが遮断され電力供給が絶たれれば、これら施設が崩壊します。何が起こるかは、火を見るより明らかでしょう。

NWOにある通り、世界人口が大幅に削減される出来事が、わずか数日の内に実行されてしまうかも知れません。生存した反乱分子は、無人兵器で抹殺されてしまうかもしれません。

ただ、これら無人兵器の弱点はすでに掴んでいます。古い手ですが、インディアンの作戦が功を奏すでしょう。
サージ
2012年04月04日 15:08
福島県の佐藤知事がSPEEDIのデータを隠していましたが、悪い大人は、自分の利益のために真実を隠し、人々の命を奪います。

文科省と安全委の官僚と大臣、東電幹部および経営者、菅直人、枝野幸男、玄葉光一郎らを即刻逮捕せよ!


東京電力福島第1原発事故で、昨年3月15日、放射性物質の拡散予測データ「世界版SPEEDI」の試算結果で、千葉市内でヨウ素の濃度が毎時10兆ベクレルという高い値が出ていたにもかかわらず、文部科学省と原子力安全委員会の間で十分な連携が取られず、現在も公表されていないことが3日、分かった。

文科省や安全委によると、世界版SPEEDIは放出される放射性物質の拡散状況を半地球規模で予測するシステム。日本原子力研究開発機構が同システムを運用しており、昨年3月も文科省の依頼を受け、試算を行っていた。

それによると、【福島第1原発から昨年3月14日午後9時ごろに放出された放射性物質が拡散した結果、千葉市内で同15日午前6~7時、ヨウ素の濃度は毎時10兆ベクレル、セシウム134、137もそれぞれ同1兆ベクレル】と推計された。

この試算データの評価について、文科省は安全委の担当と判断し、同16日に安全委へデータを送るよう同機構に指示した。同機構はメールに添付して送信したが、安全委は重要情報と認識せず、放置したという。同様にデータを受け取っていた文科省も、安全委に公表するよう連絡しなかった。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012040300430
自分自身
2012年04月06日 16:55
お久しぶりです。
現日本政府の面々は一斉にxxすべきでしょうね。
ママゴト遊びしか出来ないようですので。
(そのママゴト遊びもどうしようもないけど・・・)
トライブが再無料公開のようですよ。
あちこち覗きますと
あまりにも真正面から捉えすぎてる方々が、
以前より数目立ちます。気づきは、いい事なのかも
知れませんが、光と影なら、両方向を捉えつつ
見るようにという事を忘れてはならないと思う今日この頃です。
りん
2012年04月09日 10:39
初めまして。サージさん。
最近やっとTHRIVEを観ました。
サージさんと同じようにNWOの作った物だと感じました。
色々なサイトで絶賛推奨されていますが、彼らも結局洗脳されてしまっていると言う事でしょうか?信用できると思っていた人が実は駒の一つでしかなかった事を知るたびに何を信じて良いのか分からなくて不安になります。あなたのような人が居て良かったと心から思います。
サージ
2012年04月09日 12:12
自分自身さん、コメントをありがとう御座います。

確かに、彼らはこの動画を扇動プロパガンダとして妄信者を集めているようです。近年の腐敗教育とメディア扇動によって、自ら考えることのできない愚民がかなり増えました。テレビや新聞の情報が全て、という人々は、もはや家畜と言っても過言ではありません。

中世ヨーロッパでは、テンプル騎士団やアラブ地域の同胞団の中に、アサシンと呼ばれる暗殺者たちがいました。日本で言う忍者です。こうした人々は、主や自らの正しき理念に基づいて隠密行動し、世の腐敗となる者を葬っていました。

これら組織は、現代でも名を変え、形を変え存在しています。もちろん、政府組織や私設組織としても実在し、カルト教団内にもいます。

しかし、世直しが必用だからと言って、悪の道「XX」を肯定するのは早計です。私は智慧と真実公開による悪事殲滅をもって国民意識を変えれば、対立や争いなくメディアも政治も変えることができると考えます。彼らが悪事を犯している以上、勝利は常に我々にあるのです。
サージ
2012年04月09日 12:45
りんさん、はじめまして。コメントをありがとう御座います。

THRIVEを冷静に見れば、誰でも洗脳とプロパガンダと気付くはずです。しかし、中には洗脳されてしまう人たちもいるのも事実です。カルト宗教と同じ洗脳手法によって映像が作られているからです。

私が一番懸念していることですが、カルト教団やマルチ商法と同じく、狭い空間で妄信と強い先入観を植え付けられながら映像を見せられれば、多くの方が洗脳されてしまう恐れがあります。

イギリスの作家ジョージ・オーウェルの小説「1984年」に登場する「101号室」や「ダブルシンク(二重思考)」の理念を知っておく必用があります。ウィキペディアで調べてみてください。現代社会と照らし合わせて、色々と面白いことが分かるでしょう。

また、色々な企業やサービスのロゴマークやシンボルの形に、目のマークが多様されていますが、これはビッグ・ブラザーの目であり、彼らはこの小説に登場する社会を作ろうとしています。(例:フジテレビ(吉田カツ氏)、民主党(マンドルラ)、三菱東京UFJ銀行=古代バビロニア王のマーク)

さらに興味があれば、岩屋梓梁と明治維新に深く関係する在日朝鮮人と日本の歴史を調べてみましょう。違った面からヤダヤ人の計略と日本の真実が見えてくるでしょう。

金星が口に飛び込んで悟りを得た空海、ハウルの動く城、レオナルド・ダ・ヴィンチなど神秘学の世界は奇妙奇天烈です。真実を追究する者は、いつの時代も権力者が最も恐れる存在なのです。

サージ
2012年04月10日 02:10
連日、北朝鮮が金日成主席の生誕100周年に合わせ、12~16日(14日)に予定しているミサイル「銀河3」の発射についての報道が流れていますが、その報道内の北朝鮮側からメディアに開示されたミサイル発射司令室のずさんでチープな様子が写し出され、各局のコメンテイターも「役者で即席ででっちあげた偽の司令室」と小馬鹿にしています。しかし、これは明らかにフェイクです。当然、テレビ局側も知っていて、日本国民に油断させるため意図的に流しています。

ちなみに本当の司令室は、上空で待機している米軍機内です。あのミサイルもアメリカとイスラエルの技術者指導の元に造られたものであり、搭載される核弾頭は福島第一原発で製造されたものとの情報が入ってきています。

人工衛星の映像も合わせて、あまりにもチープな代物だったのと反面、東倉里の発射台やミサイルそのものが格段に進化しているのが分かります。

この後、太平洋上に墜落して爆発したと同時に、南海トラフに設置された海底爆弾が連続して爆発し、大津波を発生させるシナリオがあります。

このような稚拙なミッションを粉砕するべく、別の事象を発生させて悪しき計略を妨害します。また、引き続き海域および空域警戒の強化をお願いします。
自分自身
2012年04月10日 13:46
なんとそんな事に。
悪しきは米国・・・か!
ロシアにヘルプミー・・・
ところでスライブ○トライブ×って書いちゃってました。
自分がトライク乗るんで間違ってしまってました。
ごめんなさい。
サージ
2012年04月11日 10:27
自分自身さん、コメントをありがとう御座います。

悪しきはアメリカではなく、イギリス王室です。現代においてはバランサーの役目を果たしていますが、その統率力ももはや風前の灯火でしょう。イルミナティは影や悪霊のように付きまとい、彼らを背後でコントロールしているのです。

アメリカや北朝鮮すら駒でしかありません。
野田、石原、橋本はその下っ端ロボットです。

トライブ(△ ▽)でも、神秘学的に遠からずなので良いと思いますよ。以前にコメントしてくださった「NN」さんの名前も含め、私は意図的に書いているのかと思いました。

ガクト君も乗っているゴードンのデザインは、なかなか格好いいですよね。私も15年以上前に、トライクのデザインを手掛けたことがあります。と言っても世には出ていません。今見直すと恥ずかしい・・・

さて三角と五芒星、金星、DNAとΦ、そして宇宙。
これらは神秘学においての中核ですね。
サージ
2012年04月11日 22:18
本日、インドネシア・スマトラ島沖で11日午後3時38分(日本時間同日午後5時38分)ごろ、マグニチュード(M8・6)の地震が発生した。沿岸各国では津波警報を出して警戒している。

USGSによると、震源は同島西端の都市バンダアチェの南西434キロで、震源の深さは22・9キロ。インドやタイ、シンガポールでも揺れを感じ、数時間後5時43分にM8・2の余震が起きた。

インドネシア政府は同島と周辺の島に津波警報を発令。沿岸の住民らは高台に避難した。インド東部沿岸やタイ南部、スリランカでも警報が発令された。

津波は1m~1.5mほどと被害は小さい。

過去の地震でも分かるように、11に関する日は警戒日でしたが、今回のスマトラ地震も、日時にそれぞれ11と33の数字が並ぶ。
ぽん
2012年04月17日 14:11
はじめまして。「Thrive 語源」で検索したところ こちらのサイトにたどり着きました。

「スライブ」は、映画の主たる内容ではなく 友人から伝えられた“トーラス構造の説明に顕われる図形”に興味を持ち その友人から借りて数日前に観たところです。事実を語っていると思われるのに どうしてこんなにも不快感にも近い違和感があるのだろう と思っていたのですが、その一端が こちらのサイトで少し理解できたように思います。

前置きが長くなりました。

映画の中で違和感を覚えたもののひとつに トーラス構造があります。これはまったくの直観でしかないのですが 「ある領域においては正しい けれど 真実ではない」ような、この映画全般についても感じた印象を 拭えなかったのです。
サージさんが知る 宇宙のエネルギーについて 是非 文章を書いていただければと思い、コメントさせていただきました。
サージ
2012年04月17日 22:31
ぽんさん、はじめまして、こんばんは。
来訪とコメントをありがとう御座います。

その違和感について、ヒントとなる言葉をひとつ申し上げるとするなら、「目に見える形と、目に見えない形は異なる」と、言うことです。

宇宙エネルギーは、人間エネルギーと同じです。ミクロもマクロも、その原理は同じ物になります。いわゆるスケールの違いですが、ただ「時間や大きさ」というのが実は一番の曲者で、これにより多くの人が、大きな誤解と思い込みによって真実を見失っています。

私が宇宙を閉鎖空間だという根拠が、そこにあります。

いずれ論文を正式に発表しようと思いますので、それまでの間、ご自分でも色々と考察や検証を試みてください。他者の言葉より、ご自分の内なる言葉から導かれた方が、より感動が得られ、早く真実に到達するでしょう。
ぽん
2012年04月17日 23:11
サージさん お返事をありがとうございます。

先ほど 3度目の『スライブ』を観終わり、これまでモヤモヤでしかなかった違和感が ほんの少しずつではありますが 象られつつあるような… 感じがしています。

映画を見るのはこれで十分なので(*おもしろいことに 初めて見たとき これは3回観たいと思ったのですが 結果的にその通りになりました。まあ 自身で意識操作したとも言えますが。笑) サージさんのご助言を受け 内なる言葉に耳を傾けたいと思います。

サージさんが正式に発表されたときに 自分の認識と照らし合わせる楽しみができました。
サージ
2012年04月17日 23:17
こちらこそ。ぽんさんのお役に立てて光栄です。
irukanchu
2012年05月27日 04:34
はじめまして。irukanchuと申します。

ツァイトガイスト→ビーナスプロジェクト、マシュー君の予言など、一見、イルミナティを暴露、攻撃するように見せかけNWOに導く作戦が見られるようですね。インターネットの裏を掻こうという・・・

「Thrive」のパッケージ・・・御明察です。もやもやが晴れました。イルミナティは痕跡を残さずにはいられないらしい。そこを見破れば、楽勝ですね。

既出だとすみませんが、ロンドン・オリンピックの一つ目のキャラクターやメインスタジアムのピラミッド型照明、ロゴマークを並び替えると"ZION"になる等、イルミナティがテロを起こす気満々に見えます。どう思いますか?8月11日が危険な気がします。
----------------------------------------------
お金については、「ミヒャエル・エンデの遺言」に基本的には賛成です。地域通貨のような形とか、何か方法はあるのでしょう。一度システムがつぶれて、ゼロから見直すことになるんでしょう。

月面着陸については、アポロ12号以降(13号以外)は、確実に成功していると思っています。月面にレーザーの反射板が置いてあるそうですし。また、『宇宙からの帰還』を読むと、月へ行った宇宙飛行士の地球周回軌道とは違う意識の変化などは、作り話とは思えません。

当方のブログでこちらのブログへのリンク、参照をさせていただこうと思います。(いつになるかは不明ですが。)
他の記事もボツボツ読ませていただきます。
サージ
2012年05月27日 10:54
irukanchuさん、はじめまして。
当ブログへの来訪とコメントをありがとう御座います。

イルミナティが痕跡を残すのは、弱者の自己顕示欲の表れです。人の注目を集める悪しき計画の実行と、その痕跡を残すことでしかアイデンティティの確立ができない「ひ弱な精神者たち」です。富裕層に見られる二世、三世のアダルトチルドレン化と稚拙な自己表現です。

月面にレーザーの反射板ですが、そんなものはありませんよ。月や太陽、地球ですら、正確な距離や大きさなどは誰も知らないのです。これが事実です。

アポロ計画など茶番ですよ。17号時の月面に降りた二人。バイザー上げて日向で作業。手振れのカメラに写る二人。誰が撮影しているんですかね(笑)

http://www.youtube.com/watch?v=O9yqHCM432s

http://www.youtube.com/watch?v=dBZ08AOGvK8&feature=relmfu

ジョージ・オーウェルの小説「1984」を読めば、洗脳された方々がどのような精神状態になるか一目瞭然です。オウムや福音派キリスト教団、統一教会、エホバの証人、創価学会、サイトロジーなども、同様な洗脳・催眠を用いています。彼らは間もなく自滅します。
大衆ゴイム
2012年05月27日 18:18
地震兵器気象兵器だけはありえないよー

過去の江戸時代の大地震も地震兵器?
サージ
2012年05月28日 11:25
大衆ゴイムさん、こんにちは。
来訪とコメントをありがとう御座います。

平成23年7月11日の衆議院東日本復興特別委員会にて、みんなの党柿沢議員(反日・統一教会系・帰化人)の質問に対する、総務大臣政務官・浜田氏の返答の内容をご覧ください。(6:38~)

「地震兵器は多くの国が研究している事実!常識!」
http://www.youtube.com/watch?v=dyJfcqLCe6c

大衆ゴイムさんや多くの国民が「人工地震発生機・気象制御機」の存在を知らないだけです。ちなみに観測船ちきゅう号は、人工地震を発生させて地盤観測する調査船です。人工地震というものは、特に戦後に表立って活発に新聞紙面でも取り上げられてきました。

http://daidaikonn.blog27.fc2.com/blog-entry-416.html


当ブログでも取り上げているので「◆世界の真実【後編2/3】」をご覧ください。
http://two-wave.at.webry.info/201111/article_1.html
irukanchu
2012年05月28日 15:15
サージさん。返信ありがとうございます。irukanchuです。私もツイッターをフォローさせていただきました。

ちょっと調べてみましたが、Lunar Reconnaissance Orbiterのことはご存知ですか?この写真まで捏造でしょうか?

私は、アポロ11号だけは、かなり疑っていたのです。月面着陸を立派に見せるため、多少の画像の差し替えもあった可能性はありますが(TIMEの表紙など)、アポロ11号も間違いなく月に降りている、と確信しました。レーザーの反射鏡も世界各国で使用され、月が年々地球から遠ざかっている事実が確認されています。NASA以外の人間をだます事はできないし、アポロ11~17まで(13を除き)6回も捏造するのは、不自然です。

ナチスドイツの戦犯として、裁かれて当然のフォン・ブラウンをアポロ計画の指揮者として迎えている、米国の姿勢に問題はあると思いますが・・・。

ともかく、ここは、「都市伝説」を解明するブログでなく、本質的なことを明らかにするものであってほしいと思います。月面着陸の話題に乗っかっていった後ですみませんが。(^^;
アポロの捏造とイルミナティでは次元が違いますので。サージさんが陰謀論者に見られないように願っています。老婆心ながら。
サージ
2012年05月28日 16:16
irukanchuさん、こんにちは。

ルナー・リコネサンス・オービターによる月面写真についてですが、これらも造られた偽造写真です。かぐやの映像とNASAがアポロ計画で公開していた映像が全く違うのはご存じですよね?数々の質問状がNASAに送られましたが、NASAは一切の返答もなく沈黙を守ってます。

08年9月、中国の神舟7号で宇宙遊泳ライブ映像が流れましたが、あの映像が2時間前に新華社のウェブサイトに掲載され、さらにその内容も水中で宇宙飛行士が遊泳するチープな捏造映像であることがすでにバレています。

地球と月はそれぞれ自転・公転しており、太陽系の諸惑星の重力干渉すら受けています。しかも、地球は大気や磁場、重力によって光はゆらぎ、曲げられます。

そうした環境下でわずか数十センチのレーザーの反射鏡にピンポイントで光を命中させ、往復受信できるレーザー光線照射システムがどこにあるのか教えて頂けますか? 1969年~1972年にかけて造られたという、そんなSFのような装置が実在すると言うなら、是非、見学したいと思います。
サージ
2012年05月28日 16:19
人類は、いまだに月へロケットで行ける技術はありません。ロケット開発の背景には、大陸間弾道弾ミサイル開発があることを念頭に置きましょう。旧ソ連との宇宙開発競争は、すべてこれら冷戦に集約されます。地球内の支配権争いなのです。そのための予算確保に、一般人へ表向き宇宙開発によってカモフラージュされてきました。

アポロ計画の終焉と、核ミサイル配備およびベトナム戦争への突入が同じ時期であることは偶然ではありませんよ。

これは都市伝説や陰謀論ではなく、一般常識の範疇にある議題です。irukanchuさんには、もっと根本的なレベルで熟考することを希望します。普通に考えればおかしい物は、世の中にたくさんあります。人が人間として考えることを始めるのは、まず疑うことを覚えた時からです。
サージ
2012年05月28日 16:54
ちなみにレーザー反射鏡を使ったとする月までの距離測定を行った天文台は、アメリカのマクドナルド天文台とフランスのグロース天文台です。しかし、行ったと公表されたものの、そのデータの開示や、その後の検証は一切行われておりません。その上、現在、天文台は観測そのものを行っていませんし、研究機関や観測者から出されたレーザー観測実験の再開・再検証の要望そのものを拒否し続けています。

過去、これら月との距離をレーザー観測したとする結果について、アメリカの情報公開法に基づいて、情報開示が米政府に対して行われましたが、「国防に関係する事項が含まれる」として、政府は回答を拒否しました。

変ですね。月の距離をレーザーで計測したとする証拠を出せと言っているだけなんですが…なぜ出せないのでしょう?
イカロス
2012年05月28日 23:45
サージさんはじめまして。スライブを調べていてここへ来ました。

私も最初は月着陸肯定派でした。しかしサージさんが言っているように中立で考えて、レーザー反射鏡なるものを色々と調べました。するとニューメキシコ州のアパッチポイント天文台で、月にレーザー照射して実験する動画やサイトが見つかりました。

さらに色々と調べてみると1GWのレーザーを使用するそうですが、月と地球の距離を約38万キロとして往復3秒近くかかるらしく、月面到着時は約6~8キロの範囲に拡散して、レーザー光の強さも1000兆分の1に減衰するそうです。

ましてそのような高出力のレーザー観測装置は近年の物ばかり。あのコーナーキューブの形状も拡散率が高く、狙ってその返りを計測すること自体が物理的に不可能だとか。

ヴァチカンとNASAはグルだとも聞いてますし、イルミナティ系の全米科学財団がアパッチポイント天文台やマクドナルド天文台をサポートしているので、色々と怪しい裏金が動いているみたいです。

2011年3月20日のスーパームーンは、史上最短の35万6千キロの距離まで月が接近したし、毎年月が3センチ近づいているというのは単なるデマのようです。ほとんどの人がメディアの言うことを考えもなく鵜呑みにするので、騙されても仕方のないかもしれません。
イカロス
2012年05月28日 23:54
すみません。間違ってるので訂正します。
「3センチ近づいている」→「3センチ遠ざかっている」
失礼しました。
サージ
2012年05月29日 01:39
イカロスさん、はじめまして。
来訪とコメントをありがとう御座います。

あれ、以前に同名の方がコメントを残していてくれたような気がしますが…あ、別の方のようですね。あらためて、はじめまして。

レーザー反射鏡について色々とお調べになったようで、それら情報提供をありがとう御座います。そうなんですよ。大気を通し距離の二乗に反比例しながら拡散し、さらに星の重力圏内の微小な宇宙塵の中を約38万km先にある、わずか45cm程のコーナーキューブの反射光を地球から観測するというのは、移動中の車内にいる人がマッチに火を付け、その灯りを十数キロ離れた場所でランニング中の人が目視で確認するのに匹敵します。

それに、ルナー・リコネサンス・オービター(LRO)の写真にアポロの船体が写っていなかったり、17号着陸点においてはNASAの探査範囲の距離の公式発表とは、写真から見る距離が大きく異なっていたりします。また月からの帰還時の映像では噴射跡が地表に付いていないのに、LROやかぐやの写真に写ってたり、アポロ月面探査映像でなかったクレーターが、LROの写真にはたくさんあったりと一目でおかしいと気付きます。
サージ
2012年05月29日 01:42
申し訳ないが、正直言ってあのLROの写真は粗だらけで真面目に議論する余地すらありません。あくまで批判する気はありませんが、粗だらけの写真に疑問を持たないで盲目的に信じている肯定派の方々は、金を貰っている研究者や大学関係者、「きぼう」便乗の反日朝鮮人以外、よほど深い洗脳に落ちたとしか言いようがありません。ちゃんと事実検証して欲しいです。

最近、北朝鮮のミサイル発射問題でアジア情勢が荒れているというのに、陰謀論と一緒にされてちょっと悲しくなりました。本当のことを言うと、アジア危機の真っ最中なんです。今後、経済破綻により南北は統一され、本当の日朝韓併合となるでしょう。中国も大災害で3つ分裂します。その1つは短時間で消滅するでしょう。そんなことになれば、どれだけ多くの命が奪われるか……何よりもそっちが心配です。
ConspraC竜
2012年05月29日 09:51
はじめまして。
掲示板のリンクからきた反陰謀論やってる者です。
あの二人組のコメディアンが陰謀打破する動画ですが 以前から掲示板でも陰謀に陰謀を重ねる上塗り動画として苔降ろされていましたよ。ナポレオンズか?
アパッチポイント天文台のレーザー反射鏡の動画って肯定派の最後の砦でしょ。この肯定派の中に工作員とかが紛れてるんです。新月や夜の部分での観測ならまだしも太陽光の当たる場所での反射計測をやってて爆笑ものでした。
ふつーに考えて地上から大気を通して発射するレーザーなのに 太陽光に勝るレーザーとかありえないでしょ。それにコーナーキューブに光が当たった元来た方向へ返すなら 月も地球も常に別の向きに移動と回転してるわけで 片道1秒以上もあるのにちゃんと返ってくるわけないでしょ。アポロ計画肯定派が逆に意図して陰謀論を拡散してるんじゃないかと思う。
サージさんの戦略的ミサイル構想の予算確保というのは疑いの余地がありませんね。北や韓国だけじゃなくインドや台湾もロケット打ち上げでJAXAと技術協力やってますよ。人工衛星にカモフラージュしたミサイル発射ってのは北のお陰でバレバレですからね。
サージ
2012年05月29日 12:17
ConspraC竜さん、はじめまして。来訪とコメントをありがとう御座います。

私も動画を拝見しました。あの二人組は、コメディアンなんですか? たしかにナポレオンズのような空気を感じますね。アパッチポイント天文台のレーザー反射鏡実験のやり方も色々と問題だらけですが、そもそもアパッチポイント天文台では2005年7月24日以降、月と地球との距離を測定する月面照射レーザ運用を開始しました。しかし、それ以前にNASAから、アポロ計画によって宇宙飛行士が月面に設置したレーザー反射鏡が、既に機能しなくなっていると報告されています。大きな矛盾が生じてますね。NASAの発表が正しいなら、アパッチポイント天文台は何に反射させて観測したのでしょうか? 位置的にはアポロのリトロリフレクター設置位置に間違いありません。変ですね。

それにあの時代に、月まで届くほどの高出力ルビーレーザー照射器や、反射したレーザー光線から発生するフォトンの特性を見分ける超高速測光可能の分光器機およびスペクトル分析機、ナノ秒単位で光学計測する機器などが開発されていたとする史実はありません。

アポロ肯定派の方は、ラマン分光や光学デバイス開発の歴史を調べた方が良いですよ。様々な疑惑が氷解すると思います。

「アポロ計画肯定派が逆に意図して陰謀論を拡散」という点は、その通りかもしれませんね。彼らは嘘と真実の情報を混ぜて流し、真実の情報すら疑うように仕向けますから、事実検証する我々も、常に中立な立場で一つ一つの情報を拾い上げて調べていく必要があると思います。

北朝鮮衛星ロケット(ミサイル)発射実験のすぐ後、インドもミサイル発射実験に成功していますね。さらに北朝鮮の別の基地では大型ミサイル発射準備を整えている状況ですので、我々もさらなる警戒をしています。
irukanchu
2012年05月29日 18:23
サージさん。こんにちは。irukanchuです。
科学的な知識もないのに、お騒がせして申し訳ありません。サージさんがLROを知らないわけないですよね。お時間を使わせてしまい、すみませんでした。

ただ、ふつうの人のスタンスに立ち戻り、最後に一つ質問したいのです。アポロ計画が捏造ならば、現在のお金で13兆円もかけて、嘘をつき続けた理由は、何だと思いますか?↑にある「戦略的ミサイル構想の予算確保」というのはサージさんの説ですか?それともソースがあるのでしょうか?
サージ
2012年05月29日 21:09
irukanchuさん、こんばんは。

いえいえ、こちらこそ。最も扱いの難しいながらも、多くの方が興味を示す良い議題を提供して頂いてありがとう御座います。しかし、学術的知識など何の役にも立ちません。あんなものは、他者を間違った理論(時には正しい)で洗脳し納得させ、自己満足に陶酔する学者のスパイスのようなものです。人の理論に、あでない、こうでないと人それぞれの料理の素材として用いるだけです。

たとえばアインシュタインとホーキング氏の宇宙論は、似通う箇所はあれど、中核は真逆の理論を唱えています。ついこの間まで暗黒星雲の詳細が語られていた矢先、そんなものは存在しないと否定する理論が飛び出し、その信憑性が高いなどと学会でも言われています。

でも、こんなチープな理論の掛け合い漫才で対立する意味はまるでありません。時間と労力の無駄です。数式で表せるから正しい。日の考えが人間を愚か者へと陥れます。なぜ?という基本原理に答えることができないからです。

近年、多くの学者が、宇宙や太陽系が静止した状態を前提に論理を並べます。宇宙の膨張が光の光度を超えることを無視しつつ。こんな理論に何の意味があるでしょうか?真空とは何か?音速とは何か?水の昇華とはいかなるものか?次元の定理すら解き明かせない。

現在の各国が進める宇宙開発は、、私にとって非常に退屈で低次元なものでしかありません。
サージ
2012年05月29日 21:25
よく近年の大学やネット社会で見掛ける特有の思考パターンを持つ方が多くいます。いわゆる「ソース」を求める方。とても残念に思います。どうして自分で調べて考えないのでしょう? こんなことを続けていては、いつまでたっても洗脳状態から目覚めることができませんよ。

独自の理論にソースなど必要ありません。ま、あえて参考にするとすれば、世界各国の軍事予算とNMD構想、核開発および原発計画を調べてみることです。開示されている公文書もたくさんありますが、irukanchuさんは英文、読めますか?

アメリカ大統領が就任した際に、必ず語られるのが「国家ミサイル防衛構想(NMD構想)」です。これ抜きで国防を語ることなどできません。諸外国も同様です。

核ミサイルは、ロケット技術が必要不可欠です。これを推し進めることと核開発が常にセットで行われていることが明確に浮かび上がるでしょう。GEや日立、東芝などの動きも追ってみることをお勧めします。

アポロ計画でカモフラージュしつつ、ロケット(ミサイル)開発に資金を投入できるなら、制空権を奪ったも同然です。後は真綿で首を絞めるように外交で相手国の資源を奪えばいいのです。近年の紛争は、すべてこれです。

たとえば、保険を掛けたビルを2つ、3つほど爆破倒壊させ、それをテロだと嘘で国民を騙し、大部隊を他国へ進軍させる。イラクの油田や天然ガス資源を手に入れたなら、13兆円などはした金ですよ。
irukanchu
2012年05月30日 19:55
irukanchuです。
サージさん。ありがとうございます。

英文、あまり読めませんし、頭痛がします。大体自分は、音楽や、イルカと泳いだり、瞑想したりしてきた人間で、政治的な問題などまったく興味はないんです。Thriveを最後に、いろいろ調べるのも、やめようと思っています。あまり残された時間はなさそうですし。敵は、ハルマゲドンを自作しようとしている気がします。私の妄想であることを祈りますが。もう彼らは、フリーエネルギーを手に入れて次の段階に進めようとしているように思えます。

Thriveが手がかりを与えてくれてサンキューって感じです。とにかくできる範囲で、自分を守る準備をしようと思っています。悲観はしていませんが、一時期は大混乱に陥るでしょうね。3.11程度では世の中が変わらないのは、よく分かりましたし。この世の中が変わるにはもっと痛みが必要なのでしょう。残念ながら9.11を止められなかったように、これから起こることも、誰にも止められないでしょう。

もし私の考えが妄想なら、逆にこんな世の中が長続きしてしまいますし、痛し痒しです。自分のブログにまとめてみようと思っています。ブログに書くつもりでThriveを観ていると、確かにいろんなことが見えてきました。
サージ
2012年05月31日 10:08
irukanchuさん、こちらこそ。
心地良い音楽、イルカとの共泳、瞑想なんて素敵な時間ですよね。私もハワイで潮風に包まれながら潮騒を聞き、ゆっくりと夕日が海へ沈むのを眺めるのが好きです。そして隙間のない程の満天の星空を眺める。夜が明ける頃には、澄み渡る空のハレアカラやマウナケアの山頂で、今日の訪れと躍動するエナジーを感じるのが好きです。

そうですね。世の中の不要な雑音に、日々生きる意味を失っていくのがよく分かります。自然と切り離された人は、人にあらず。そして次第に動物の仲間ですらなくなっていくのでしょう。

世の中を変えるのに、私は痛みなど必要ないと思います。人の行く理想を示し、その道を示し、ただ歩む。それだけなんですから。私欲のために偽預言者が間違った方向へ人々を扇動している。それが現代社会の姿です。だから気付くこと、目覚めることが必要なのです。自分の意志で歩くことを始めるのです。

私は子供の未来(人類の未来)を考えて生きています。その道を示す役割を果たしていきたいです。太陽のように輝く子供の笑顔を絶やしたくはないのです。
irukanchu
2012年05月31日 18:24
サージさん、ありがとうございます。
irukanchuです。

そろそろ話を打ち切ろうと思ったのですが、話したいことが出てきちゃいますね。ちなみに私は、ハワイ島専門です。イルカと泳ぐため、海にばかり行っちゃうんです。一昨年ようやく、マウナケアに行きかけたのですが、曇りで、ワイピオに変更しました。マウイもよさそうですね。ジョン・リリーが住んでいたのもマウイだったと思います。

さて、未来の話こそ、私がしたい話題でもあります。子供こそが、イルミナティを打ち破るものだと思っています。子供に比べれば、イルミナティなんぞ取るに足りません。イルミナティがヴァンパイアなら子供は光です。ヴァンパイアが恐ろしいのは夜だけです。もうすぐ夜が明けるでしょう。

子供の伸びる芽を摘み取っているのは実は親です。残念ながら。父親は権威を失って久しいので、子供にとっては問題じゃない。残るは、母親の(過剰な)愛ですね。そして、しつけと教育。子供たちの盾になるようなことをしなくちゃと思っています。

早く、くだらないイルミナティにけりをつけ、未来の話、子供たちの話をしたいものです。
サージ
2012年06月02日 00:03
irukanchuさん、優しいお言葉、胸に染みます。
とても嬉しいです。子供たちの未来を考える人たちが、一人でも多くいることに勇気が湧いてきます。大変だけど、頑張ろうという気持ちになれます。

私は絶対に彼らの計画を頓挫させます。
彼らの計画が頓挫するのは、私の確信なんです。そのビジョンが日に日に鮮明になってきます。間違いなく彼らは内部崩壊し、自滅していきます。ただ、次なるミッションもありますから、その準備も平行しつつ進めていこうと思います。

たとえば、子供たちのための新しい学校など、そのための書物を作成したりしなければなりません。自然との共生方法や、生きる知恵、もの作り、正しい歴史も明確化していきたいです。

イルミナティは意外と弱点が多いんです。そもそも気弱な方々ですから、彼らが安心できる社会作りは、実は我々の理想社会でもあるのです。それに気付かせてあげようとも思ってます。なにせこれまでの歴史は、私欲を優先する野蛮人ばかりでしたので、彼らは人を信用できなくなってしまったのです。

もちろん悪人はしっかりとその罪を償わせます。
また、そのような悪事が蔓延らない、悪事自体が意味を成さない社会作りをしていきます。よって多少の知恵と、人のために動ける協力者が必要ですね。
irukanchu
2012年06月02日 21:20
サージさん。こんにちは。
irukanchuです。

思いがけないサイトで、思いがけない会話ができました。ありがとうございます。だいぶ長居をさせていただきました。日本の原点帰り→地方への回帰は、イルミナティのコントロールできない方向へ向かいつつあることを確信しています。またすぐネットでお会いしましょう。楽しみにしています。
サージ
2012年06月03日 16:30
irukanchuさん、こちらこそ。

彼らは6月8日に向けてカウントダウンしていますが、必ず阻止します。絶対に「死者の書」にある扉を開かせません。7月11日も死守します。
murasyu
2012年06月17日 12:48
自分は小学校教師を目指す21歳男です。子どもたちに情報の取捨選択の重要性を伝えたいです。物事を中立的に見るためには一体どのような考えを念頭に置けばよいのでしょうか?Thriveを見ても全てをフィルターに通さずに受け止めてしまいました。。。
サージ
2012年06月17日 16:01
murasyuさま、はじめまして。
当ブログへの来訪とコメントをありがとう御座います。

物事を中立的に見るには、本当かどうか、自分でいつも調べる癖を付けることです。そうすることによって世の中には多くの意見や考えがあり、また、定説や常識だと思っていたことが、実は単なる仮説に過ぎない物であることに気付きます。宇宙論の大半などもまさにです。

こうした気付きの重なりが知恵となり、自分自身の自信に繋がる揺るぎない価値となります。それを磨いていけば、おのずと信頼される指導者となるでしょう。子供たちのために頑張ってください。応援しています。
リーシュ
2012年09月21日 21:22
はじめまして。今日このサイトを発見し、コメントを最後まで一気読みしました。

私は近々星降る高地に移住するのですが、最近そこで出会った方が作家さんであることがわかり、その本が私なぞには到底理解が難しい凄いことばかり書いてありました。
彼がどこからやってきたのかわかりませんが、ここ最近の私の興味あること全てを網羅していました。しかもその本は10年以上前のものです。

何が言いたかったかというと、サージさんやその作家さんのような頭の良い凄い人が世の中にはいるのだなぁと驚きました。

私の2012年お気に入りフォルダにブックマークさせて頂き今後も読まさせてもらいます。
頑張ってください。

ありがとうございました。

サージ
2012年09月22日 11:14
リーシュさん、はじめまして。
当ブログへのご来訪とコメントを頂き、ありがとう御座います。

近々、星降る高地に移住されるのですね。奇遇ですね。私も近々、とても水が美味しい自然に囲まれたところへ本拠地を移します。ここに新たな自給自足と自然との共生共存できる森の村を築こうともいます。満天の星空は、人の目には見えない物への理解力と、創造力を育てますよね。

その作家さん。とても興味津々です。私も物書きですので、是非、その作家さんの名と作品名を教えてください。そうした方との交流は、私もワクワクしますね。日々の生活にはワクワクが不可欠です。私もその作品と本人に会ってみたいです。

こちらこそ。ありがとう御座います。
私が近々出版する新たな長編小説については、このブログ内でも告知させて頂きます。皆さんに手に取って読んで頂けることを、心から楽しみにしています。
A
2012年09月24日 02:44
「非信頼」とは言っていないですよwwwwwwwww「非侵害」ですよwwwwwwww自説を強調するあまり、映画の中身を吟味できてませんね。
サージ
2012年09月24日 10:54
イルミナティAさん、はじめまして。
わざわざ666を3つずつ並べての主張、さすが知恵足らずのイルミナティの見本ですね。そう言うあなたも、このブログ記事の中身をまるで吟味できていませんね。

まず、「非信頼」という言葉について、あなたは誤解をしています。その誤解がいかなるものか、知恵足らずのあなたにも分かるようにご説明致します。
サージ
2012年09月24日 11:00
あなたは、おそらく動画内 1:54:30 ~の「非侵害は、羅針盤の真北に…」と言う点を指摘していると思われますが、私が主張しているのは、このブログ記事でも分かるように、欠陥のある金融制度から脱することです。

彼らの主張は、動画内 1:53:05 ~ 1:54:02 を見ても分かるように、この社会腐敗の最も根源的なシステムである金融制度の上に成り立つ社会を止めず、さらに高度化して推進しようとしていることです。

とても当たり前のことですが、株価が騰がるのは、誰かが今の値段よりも高く株を買うからです。すべての人がその会社の株を持っているなら、その会社の株を買う人はいなくなります。当然株価は騰がることはないでしょう。

しかも、騰がった分から何か別の物へ資金を移行させれば、株を売って換金しなくてはならず、売ると言うことは今の値段よりも低い価格で売ることを示します。

つまり、紙幣を発行する者は何も生まず、何もせずして人の労働と時間を、その結果のすべてを手に入れられる状態であり、さらに銀行制度により税金と利息、手数料を上乗せし、金融制度により流通させることで本来の紙幣価値を超えた架空の資金(バブル)を循環させ、収穫期に一気に刈り取ります。この刈り取りは事前に会議で計画(インサイダー)され、信用収縮前の意図的に行われるクラッシュ(リーマン・ショックなど)によって多くの一般人が資産を失います。それが今の腐敗社会です。
サージ
2012年09月24日 11:10
こんな馬鹿げた金融制度が世界を荒廃されているのです。それを健全化という時点で、この動画の制作陣は詐欺師であり、人を狡猾なすり替え言葉で欺いていることが分かります。

そもそも紙幣発行権を持っているのはだけですか? 日銀すら株式会社です。そのために国民は税金・利息・手数料という増え続ける莫大な借金を背負わされているのです。

つまり、権力者によって意図的に作られた偽の信用創造による金融制度と社会構造そのものが、人々の自由と時間を侵害し、思考と選択、行動(消費)をコントロールていることが問題なのです。

ゆえに現行の金融制度は、「非信頼社会」の基本的原則となっているのです。明らかに彼らの主張は矛盾を犯しています。

私はそれら負の経済社会を廃止し、新たな真の自由思想における共生共存社会を築き上げます。
A
2012年09月25日 13:21
サージさん

まず、貴方の映画に対するミスリーディングを認めましょう。作者側は「非侵害」を理想とした社会を作りましょうと言っている。「非信頼」はイルミナティの側だといっているではないですか。細かい金融上の政策論は疑問が残りますが、大筋ではこの映画はイルミナティに対する告発映画だというのは明白でしょうが。

貴方は議論の前提が間違ってるのに、それを認めてない時点で、うそつき権力者と同様の思考なのですよ。ご自分が色眼鏡で見ているのだから、どれだけ言っても「馬の耳に念仏」でしょうけど。

さて、9月9日の計画とやらはどうなったんでしょうね。既に形而上的には壊滅状態のイルミナティ、そして彼らに代表されるネガティビティに異常に固執している点で、貴方は同じ穴の狢なのです。自分をヒーロー視するのはご自由ですが、もはや今はいかにポジティブに焦点を当てるかに掛かっているのですよ。

どうせ、ここまで言ってもお聞き入れないでしょうから、どうぞ、ご自分の信者と「疑心暗鬼」という敵に向かって特攻してください。

サージ
2012年09月25日 14:54
Aさん、再びこんにちは。
偉そうなことを言う前に、名前くらい書いたらどうです?

あ、なるほど。あなたはアスペルガーのAと言う意味なんですね。これは失敬失敬。ミスリーディングはあなたの方ですよ。私は貨幣金融依存=非信頼社会と言っているんです。その上でジョージア・ガイドストーンの系譜とプロトコル宣言。この意味が分かりますか?

この動画の制作者側は、金融悪を暴きながら、その依存を辞めない。その上、異星人の存在とそのテクノロジーがあることを前提に語られている。しかも人類がどう対処すべきかは棚上げです。明らかに彼らはイルミナティでしょ。なぜそれに気付かないんですか?

そもそも世界の経済は、すべてインサイダーで動いているのにすら気付いていない。ビルダーバーグ会議やダボス会議は何のために開かれていると思うのですか? 貴方の色眼鏡は、現実すら凝視することが出来ないようですね。

私がヒーロー? とても幼稚な考え方をするんですね。私は自分の志に生きているだけです。貴方にとやかく言われる筋合いはない。人に批判的態度で接することしかできない、無責任な傍観者に手向ける言葉はありません。

自然フリーエネルギーの開発供給や、自らに内なる神聖を開眼させ、自然との調和と共生共存社会を築こうとすることが、ネガティビティなんですか? だから貴方は私のブログすら吟味できていないと申し上げているんです。最初から読み直してから出直しなさい。

ほぉ、イルミナティが壊滅状態ですか。何も知らないんですね。私は明確に人物を特定しているので、私に「疑心暗鬼」などありませんが。貴方は盲目な上に、自己完結型で、さらに自己顕示欲が強い。ま、貴方のような方が現れると、このブログもまんざら捨てたものではないと言うことですね。

お体をお大事に。
サージ
2012年09月25日 15:06
明日、明後日が何事もなく平穏無事に過ぎ去ることを強く望みます。国内において、誰もがこれ以上の混乱は避けたいですからね。
イカロス
2012年09月25日 17:29
サージさん。いつも記事を楽しみに読まさせていただいてますイカロスです。
ちょっと横槍で失礼します。Aさんはスライブの信者という認識で間違いないですよね?ならあなたは民衆の敵です。あのDVDを販売・配給している企業はロックフェラー財団関連です。明らかにスライブはイルミナティ側のプロパガンダ映画です。そんなことくらい、ちゃんと調べて発言しているんですよね?

スライブを熱心に絶賛してる信者が、まるでコピペしたように似たブログ記事を次々と書いているのが分かります。明らかな工作行為ですね。まともな映画なら、このような現象は起きないはずです。

あのパッケージの瞳の中にあるトクホマークって、人口削減プロパガンダを自ら暴露しているようなものですね。フリーメーソン企業のキリンの発ガンコーラにすらトクホマークが入ってるのには笑えました。

某新興宗教にも見られますが、洗脳された人は自分が正しいと思い込み、その意見に反対する者を見つけると即座に攻撃する習性ががあります。
少なくとも私はサージさんの意見の方が正しいと思います。どんどん突き進んで悪党をその雷で打ちのめしてください。私はけしてあなたの信者ではありませんが、勉強会に参加したいと思います。よろしくお願いします。
サージ
2012年09月25日 20:30
イカロスさん、こんばんは。
久々のコメントと勉強会の参加のご意思ををありがとう御座います。

Aさんには、私の文章をもう一度しっかりと読んでもらえば、Aさんの勘違いだとはっきり分かると思います。欠陥の金融制度が一番の問題なのに、それを解決しないこと自体が矛盾しているんです。プラザ合意後(当時1ドル220円)の金融自由化の押しつけで日本が保有したアメリカ国債の価値が、今現在どこまで目減りしているか考えただけでも、こんな詐欺行為はないでしょう。この損失を郵政民営化と増税、相続廃止の資産放棄で補うなんて強盗もいいところです。

まぁ名前も書かず「www=666」なんて初対面のプログに書き込む方ですから、モラルはあったもんじゃないと思いますけど。自分の間違いを指摘されて、引っ込みが付かなくなった小中学生でしょう。

たしかにロックフェラー関連会社です。映像の制作会社が、あのシークレットと同じですから間違いないですね。あの引き寄せ本やDVDにも騙された人がかなりいました。洗脳された方は、まさか自分が洗脳されているとは気付きませんからね。

トクホマークは、最近ニッスイの商品にも付いて大々的にネット広告をやってますね。ユニクロの売国横断幕や朝鮮企業はやることがえげつないです。
リーマン
2012年09月26日 17:07
サージ船長。はじめまして。
なにやら文字面でしか言葉を理解しないアスペさんでしたっけ。いちゃもんつけられてお困りのようすですね。。。
サージ船長が誤解を受けている理由がわかりましたよ。よそのブログや阿修羅の記事内に非侵害(non-violation)を非信頼と聞き違えてTHRIVEを批難している人と、同じだと決め付けてるんじゃないすか。。。

船長は元金融マンだったんですよね。私もディトレの端くれなもので、日夜ファンダにダンボ耳になってます。船長が言っている拝金金融依存=非信頼社会とすぐに理解できますが、一般人には少し敷居が高いんじゃないですか。。。

いわゆる自由取引ってやつは、信用できない相手でも通貨や資産をかえせばスムーズに取引ができる。このおかげで世界中で取引される先物、商権、債権、通貨も元金を担保にして膨らませて信用取引ができ、莫大な取引額に膨らむってことですよね。そのしわ寄せは素人投資家や弱者に向かうわけで、それが貧困の原因ってことですな。。。

投資もバクチと同じで勝者と敗者がいるわけで、その敗者が情報に疎い多数の一般人となる。結果、上流階級は下々の者たちのなけなしの金を刈り取って回収する。船長の言う通り。怖い、怖い。。。

いい説明がどうかはさておき、ざっくり説明するとこんな感じですかね。。。
サージ
2012年09月26日 18:04
リーマンさん、はじめまして。
当ブログへのご来訪とコメントでのフォロー説明まで頂いて、本当にありがとう御座います。

そうですね。以前、ファンドマネージャーという職に就いていたこともあります。ある場所でオフショア投資顧問も務めておりました。金融経済の動きとそのカラクリを知ってから、お金にまったく興味がなくなり、自分を含めた多くの人々が檻の中で飼われている家畜だと気付いたんです。

ある途上国で、人々の間に信頼関係があれば、お金など必要ないことも学びました。逆にお金を使うと、心や信頼などを感じることがなくなると分かったんです。お金を払うから手に入る。何かをしてもらえる。それが当たり前になる。怖いことです。

お金を払えば、人殺しをする人まで現れるのですから。

私が作りたいのは、人々の信頼関係が築ける場所です。互いに助け合い、一緒に楽しく生きていける場所。そのためには自然のことをもっと学ばなければなりません。だからティル・ナ・ノーグ計画を日本復興のひな形にしようと考えました。そして、それを実行に移します。
リュウモン
2012年09月26日 22:54
何だかこのスレは朝からイライラするので‥
リーマンさんのコメで、少し収まってたのですが、
やはり、気が短いもので一言。

侵害とは、他者が個の権利を踏みにじる事です。
信頼とは、他者との間に発生する良い関係です。

他者に侵されたと、害として排除するのは○○でしょ。
しかし信をおいて頼るのは、他者を認めている証です。

非侵害を完成させようとすると、個の利益を拡大させる事になり、競争を激化させ、殺伐とした世界を増幅させるだけです。
信頼を完成出来るなら、集う人々すべてに利益を拡大させる事になり、共創し喜びの世界を増幅させる事が出来るのです。

非信頼の世界など、糞くらえだが、
非侵害の世界なども、同じ糞です。

これで、分からないなら、言葉の隅を突つく女々しいAの称号でもエリザベスのゲスからでも貰って下さい。

言葉は記号です。
その一つを取って揚げ足を取るなど、
余りにも子供じみて、コンプレックスの塊ですね。

Aよ、言葉遊びは、寝てしなさい。
私は学が無いから、気が短いのだ!
暇な事してないで、皆と笑いなさい(^O^)

ちなみに、私も信者じゃないよ。
賛同し集う仲間だと勝手に思ってます。(^O^)

あー、スッキリした。

サージさん、余りにもタイムリー過ぎて驚いたでしょ(爆笑)
忙しい中、申し訳ないです。
以後、短気は控えますね。(^O^)
スルーしてOKです。m(_ _)m
サージ
2012年09月27日 10:14
リュウモンさん、おはよう御座います。

イライラさせてなんだか申し訳ない。世の悪と膿を出し切るまでは、こうしたイライラも続くかも知れませんが、これも世を正すための認識力アップということで私も苦渋を飲み込んでます。何が正しく、何が間違っているのか。それらが明確にならなくては、次なる行動はできません。

非信頼と非侵害の関係の丁寧な説明をありがとう御座います。個の価値観を追及することが、さらなる競争社会に繋がり、弱者は排除される。この弱者が老人や子供に向かう時、我々は何をすべきかを真剣に考えなくてはなりません。

お金を稼ぐことの出来ない子供や老人、障害を持つ方の生活が脅かされています。記事にも書きましたが「Thrive」では、税金を限りなく0にする代わりに、福祉費も0、医療費は自己負担と宣言してます。確実に弱者は切り捨てられる。弱者は病気になっても、病院で治療すら受けられなくなります。これは「お金がすべてだ」という拝金社会そのものです。

エリザベスのAには笑えました(笑)

はい。真剣に日本、そして世界の未来を考える人たちで集まり、より良い方向へ舵取りできるような団体へ育てていきましょう。その時、私は社会腐敗の温床となっている国会と政府制度を廃止し、国民評議会を制定します。
大和魂
2013年04月10日 14:20
はじめまして、記事を拝見していくつか疑問に思った点が有ったので質問させてください。

まず一つ目ですが、政府は必要ないという風な考えをお持ちのようですが、それは最終的には、と言う意味合いでしょうか。この考えが成り立つのは、世界中の全ての人類がそう願っている事が前提でなければ成り立たないと思います。つまりは、昨今日本で問題視されている反日思想に利用されている左翼思想の様な短絡的な思考に陥っている方と同じような考えになってしまいます。確かに世界中の人類が政府を必要としないぐらい平和的になり、それが実現すれば素晴しい世界になるかとは思いますが、そもそも人間には暴力的な行動を取る様な遺伝子も組み込まれているわけで、遺伝子操作で人類をコントロールでもしない限り不可能だと思われます。従って一定の枠組みは必須になってきます。現時点ではそれは国であり政府で在るわけですが、その点はどうお考えでしょうか。
サージ
2013年04月11日 18:08
大和魂さん、はじめまして。当ブログへの来訪とコメントをありがとう御座います。

私が「政府は必要ない」とする考えですが、現政府が行っているものは、すべて民間に置き換えることができるということと、政府が相次ぐ失策と失態を繰り返しており、多数の人命を危険に晒す状況にあるため、憲法に照らし合わせても、現政府の必要性をまったく感じないと言うことです。

私は右翼思想でも左翼思想でもありません。そもそもそれらはレッテルであり、本質を見失う要素ですので、そうした端的な言葉に惑わされない方がよろしいかと思います。社会はもっと複雑です。

「人間は暴力的な遺伝子を持つ」についてですが、その見解は全くの誤りです。「手があり足があるから、殴る蹴る」と言っているのと同じです。これは基本的な教育の問題です。選択肢は多数あるわけで、その中から暴力的な選択を選ぶのは、生活感環境下に「暴力を選択する」をする要因があるからです。特にメディアのモラル欠如による悪影響が著しいと考えます。

幼年期にDVを受けた子供。あるいはテレビやゲームで刷り込まれた子供は、大人になった時にDVを繰り返す、という統計に合致します。この場合、トラウマとして潜在意識に刷り込まれているので、それら統計の数字に如実に表れます。

人類をコントロールする考えは、搾取や差別思考であり、独裁者の発想そのものです。本来は、自由選択を促すために、より高い教育の充実が必要なのです。現在の学校教育は低俗で、真逆に向かってます。
東金
2013年05月11日 23:03
はじめまして。
半年程前に『スライブ』を見て、フリーエネルギーのことを知り感動していて最近になりまた気になりだして検索を掛けた所こちらのサイトに出会いました。

イルミナティーの事は知っていましたが、スライブがあちら側のプロパカンダだとは全く気付きませんでした。


しかし、あのトーラスというフリーエネルギー自体は嘘ではないのですよね??

だとしたらもの凄い事だと思うのですが、全くと言って良い程表社会ではニュース等になっていないのが悲しいです。


話は変わりますが、地球外生命体は居ないと断言していますが、何故でしょうか??

一昔前までは生命が生きるには『太陽光・酸素・水』が不可欠と考えられていましたが、その考えを覆したのが地球の深海ですよね。

深海では光が無いにもかかわらず、生命が居た。
その他強酸性の沼ですらバクテリアが居る。
この事から生命が誕生するには水さえあればどんな過酷な環境下でも生命は誕生する可能性があると言うのを知りました。

宇宙には数え切れない程の水がある星があるのは事実です、無論人型の様な進化はしていないにしろ何かしらの生命がある方が極当たり前と考えているのですが、『何故地球外生命体は居ない』と断定出来るのでしょうか?

考えを教えて下さい。宜しくお願いします。
サージ
2013年05月12日 11:16
東金さん、はじめまして。
当ブログへの来訪と、さらにコメントまで頂きまして有り難う御座います。

スパム表示に関しては、おそらく運営サーバー側が設定しているキーワードに引っ掛かっているのだと思います。何度か書き込んで頂いたメッセージはすべて保存されていますのでご安心ください。

スライブは、仰る通りイルミナティ側のプロパガンダDVDです。ナショナルジオグラフィックスやヒストリーなどの映像コンテンツも、多くの嘘の刷り込みを行っていますので、独自に調べないでそのまま情報を鵜呑みにするのは危険です。

「トーラスというフリーエネルギー」という表現は少し変です。物体のスピン運動における磁界やエネルギー領域を三次元で視覚化すると、トーラス形状になる。と言うことです。結晶形状の最適化がハニカム構造(六角形)になるのと同じです。それを立体球形にする際に、連結軸に五角形をあてがう構造(サッカーボール形状)も自然学の基本です。

つまりトーラス自体が、フリーエネルギー媒体という訳ではありません。ジャイロ運動と同じく、スピン運動における結果論をそれらしく表現しているだけです。誤解しないでください。

地球外生命体について、私は物理学、幾何学、量子力学、自然学、神秘学という多角的観点から調査した結果、絶対に球外生命体は存在しない、という結論に達しました。つまり皆さんが知る宇宙に関する情報のほとんどが嘘だと分かったのです。月や惑星の存在。宇宙のあり方についても、連日のようにNASAやJAXAを通じて嘘(未確定論説)がまるで事実かのように飛び交っています。

人類は、自然のことを10%も理解していません。
サージ
2013年05月12日 11:17
つづき…

機会があれば、2011年制作のアメリカ映画「APOLLO18」をご覧ください。あの映像、当時のアポロが提供した映像と大差ないでしょ。これまでのイルミ映画である「食人族」、「ブレアウィッチ」、「パラノーマル・アクティビティ」などを彷彿させる作風で、しかもイルミナティ・プロパガンダの王道である異星人ネタです。体内に虫(地球外生命体)が入り込むシーンは、ハムナプトラのスカラベ虫のようです。

話しは戻りまして、光に関して、自ら発光する生物がたくさんいるのはご存じですね。光は現象の一部ですので、それを基軸(アインシュタイン理論)として考える現代量子力学は大きな過ちを犯しており、つじつまが合わないことだらけなのです。つじつま合わせのエーテル(媒介物)が存在するという発想も、完全にSFですね。時間や空間という概念においても同様なことが言えます。

生命に関して、そもそも水とは何であるかを知る必要があります。固体、液体、気体と自然環境下で変化する媒体は非常に希なのです。また水と生物とは、切っても切れない関係にあります。いや、水そのものが生命であり、エネルギー源という視点を持つことも大切だと考えます。

あえて極論を述べますが、あらゆる生命は、水のないところで活動存続することができません。「生命が存在する=水がある空間」ということですね。つまりその逆説も成り立つと言うことです。

この分野に関しては、いずれ論文を発表しますので、それをお待ちいただけたら幸いです。
neg
2013年06月28日 00:46
人間同士の争いは美しい。
結局、命を食らう人間は、生涯その矛盾を認めない限り、自然と融合なんてできやしない。
毒を持つ植物、動物を愛す人間が、毒を持つ人間は愛せない。こんな不自然な話はない。この矛盾の中に生きてこそ、人間らしくて美しい。この世にはいいも悪いもない。嘘もこの世の中の一部。この世の全てを含んでるのが人間。みんな認めればいい。きたなくない人間なんていない。綺麗じゃない人間なんていない。それにしても、私の生涯の目標に近づくとても貴重なサイト。時間を忘れて読みふけりましたm(_ _)m本当にありがとうございました。
サージ
2013年06月29日 10:50
negさん、こんにちは。コメントをありがとう御座います。

人間に限らず、命を懸けて戦う姿に、人は憧れと美意識を感じます。それはコロシアムにて勝利に両手を挙げるグラディエーターへ、歓喜の声と拍手喝采を送るように。誰もが血が沸き立ちのを感じるでしょう。ただ、戦いが美しいのではなく、生きることが美しいのです。この意味が分かるでしょうか?

逆説を言わせて頂ければ、何もせず、すべてを受け入れてただ死を待つ姿のどこが美しいのでしょうか。そう思いませんか?

自然界における自然淘汰の姿に眼をこらすと、必死に生命が生き長らえている姿を見ることが出来ます。言葉はなくとも、本当に感動しますよ。

生きることがいかに大切か、ティル・ナ・ノーグに集う会で広めていきたいと思います。

ころらこそ、お読み頂きありがとう御座いました。
ぽん
2013年07月02日 02:33
内容が充実したブログだと思います。
ただ最後のスクロールでスライブのDVD購入推進広告が
あるのを見て、ああこのブログも指南していている対象の利権なんだと感じてしました。
大どんでん返しをみたような気がします。

サージ
2013年07月02日 17:16
ぽんさん、コメントをありがとう御座います。

早合点ですね。あなたはちゃんとこの記事の文面を読んでないのですか?

私は「THRIVE」について、「核心をつく1時間40分以降(9-10と10-10)の情報は、彼らの本質である新世界秩序の刷り込みが語られており、現在の社会問題の解決法とはほど遠く、逆に「引き寄せ」と同じく、深い洗脳に掛かる危険な情報ですので、参考にする価値はありません。」と最初に申し上げております。

また、「開始から1時間40分以前の情報は、それなりに有意義な情報ですのでそちらは是非参考にしてみてください。ただ、あくまで中立的な立場で必要な情報のみ拾っていきましょう。」と、明記しております。

参考にしたい方は、このブログ内の動画を見ればいいし、中立的な視点からAMAZONのレビューを見たりするのも良いと思います。ただリンクが張られているかと「奴ら側だ!」と声を上げるのであれば、あまりにも短絡的で軽率な判断としか言いようがありません。

この記事内へ「THRIVE」の動画を張り付けているのに、それが利権を支援することになると思うのですか? こじつけのようにも思えますね。それともあなたはTHRIVE支持派の工作員ですか?
HI
2013年10月01日 06:22
初めまして。ハワイに住んでいます。THRIVEをみて、主人にすすめて一緒にみたところ、このサイトをすすめられました。サージさんのご指摘よくわかりました。
サージさん、JCETIのグレゴリーサリバンさんとか、金星からきたオムネクネオクさんについて、コメントしていただけないでしょうか?どうぞよろしくお願いします。
サージ
2013年10月07日 11:11
アロハ、HIさん。当ブログへの訪問とコメントを頂きましてありがとう御座います。そう言えばハワイにもCIAの拠点がありますね。

さて、JCETIのグレゴリーサリバン氏および新井信介について、彼らは間違いなくNSAが仕掛けているプロパガンダのラインに乗って、宇宙人ネタを扱っているだけです。このことは元NSA長官のボビー・インマンも明かしています。これら計画の背後にはモルモン教や統一教会などのカルト宗教のスピリチュアル系部門が介在しています。

つい先だってのブラジリアン・ハッカーによるNASA攻撃にお陰で、色々な情報が流出しました。興味があればネットで調べてみて下さい。まだ情報が落ちていると思いますよ。

元CIA職員のエドワード・スノーデンの暴露で、色々と面白いことが明確になりました。

参考までに下記の動画を張り付けておきます。

人類は月へ行っていない!
http://youtu.be/cjS-tu20uP0

オムネクネオクの論法に沿って私を自己紹介すれば、私も幼い時にアセンションを体験し、自分がアルデヴァラン星からやって来たことを自覚しました。しかし、我々人類にとって、どこの星から来たかなどは全く重要ではありません。

一人一人が持つ「使命」を全うすることが、一番大切なことなのです。魂は核(神)であり、手足や体はそれを成し遂げる道具です。
ameflyfaumb
2013年10月10日 20:55
888 here are very good site:

サージ
2013年10月12日 03:15
ameflyfaumb さん、こんばんは。

はい。ありがとう御座います。
888の数字に恥じることのない、人々の救いになる言葉を送り続けます。999の鍵を、後に続く者に受け継がせていきます。
HI
2013年10月14日 23:55
サージ船長、コメントありがとうございました。勉強になりました。SIRIUSシリウスという映画も、宇宙人が出てきますが、これもやらせなのでしょうか。
すぐ信用してしまうので、コメントしていただければありがたいです。
実は、もう一つお聞きしたいことがあるのですが、サージさんは、宗教にはご関心がないかもしれませんが、深見東州さんのワールドメイトについて、コメントをお聞かせいただけないでしょうか。早く世界政府ができて、みろくの世がくるように、という教祖。神事では、万物を見通す目(フリーメーソン)をオシリスの目と言って神事をし、神社にはユダヤ神人が祀られている(伊勢はダビデ、熱田はソロモンなど)ということで、今は、箱根で、富士山爆発を止めようという神事をしています。そろそろやめようかと思っています。9.11も3.11も、深見さんは、会員を甘やかしたと言っています。白山神社の菊理姫に、もっとしっかり祈り向かえば1/3に被害が減っていたはずだと。ついこの前まで信じてきたのですが、もうやめてもいいですよね?
HI
2013年10月15日 00:47
サージさん、私は、深見さんの言うことを守れば、日本と日本人、世界を守れるのだと思い、12年真面目に信じてきました。深見さんが師とする植松愛子さんは、エリザベス1世、神功皇后の生まれ変わりで、深見さんはご自分のことを明治天皇、坂本龍馬、聖徳太子他の生まれ変わりで、ご自身の魂はアンドロメダから来て、死後は白鳥座に行くとおっしゃっています。ん?神事ではすごい集金力です。星ツアーもあれば、チャクラ開け、先祖供養、救霊もあります。神事を申し込み祈れば証も出る、ただおかしいのであれば、私のような4万人の真面目な会員がかわいそうです。いったい正しいのでしょうか?今までそちら中心でしたが、やっとネットで世の中の真実を調べることを始めました。どうか、コメントをよろしくお願いいたします。
サージ
2013年10月16日 12:58
HIさん、こんにちは。

過去のコメントにも書きましたが、私は深見東州氏について、彼がメディアに登場する前からの過去を知っていますし、また彼が何のどこに所属しているかも知っています。ですので、彼の言葉の中で信じる部分は1ワードすらありません。

また宇宙人のことを口にする者は、誰一人として信じるに値しないと肝に銘じておいてください。すべてNSAが仕掛けてきたフェイクです。空飛ぶUFOもフォログラムや地球製のパルーン、無人のエアクラフトです。日本でも、こういう球体ラジコンがあります。

DC EXPO2011『防衛省 球体飛行体』デモ
http://youtu.be/X6pIu0-ACv4

実際にカメラを搭載しており、外部から遠隔操作が可能です。

他者を信じる前に、自分を含めたこの国の未来を守りたいという願い。その想いを信じてはいかがでしょうか。そして、行動する。

私やあなたが今ある世界を変えるのではなく、自らの内なる輝かしい理想の世界を外へと発信し、自らの行動によって自分を中心に理想世界を広げていくと言うことです。その想いからの行動は、確実にあるべき世界を押し広げてゆくでしょう。

私のTNNG計画の神髄がそこにあります。
HI
2013年10月16日 23:51
サージさま、どうもありがとうございます。よくわかりました。過去ログのどこをみれば深見さんのことがわかりますか?ぜひ読ませていただきたいので教えてください。
余談ですが、深見さんは10月24日に富士が爆発、崩落するというようにメルマガに出しました。
あと、もしよろしければ、アメリカにすんでいる者として、米デフォルトにどのように準備すればよいかコメントいただけないでしょうか。どうぞよろしくお願いいたします。
サージ
2013年10月18日 11:40
HIさん、こんにちは。

過去のコメントログについてですが、わざわざ探して読むほど、たいして詳しいことは書いていませんよ。

それにあなたの性格上、一般の方より依存度が高いと見受けられます。つまり自分が納得する言葉ばかりを探しているように見えます。そういうスタンスでは、また洗脳されてしまいます。

真実を見極めるのに大切なのは、一旦、手にした情報を手放して、客観的に自分や他者を考察することです。私がよく「私の言葉を鵜呑みにしないように…」と普段から言っているのは、ちゃんと自分で調べ、考え、熟考して行動するクセを皆さんに付けてもらうためです。これらは自立し、心を自由に解放する上で不可欠なプロセスと言えます。

カルト宗教にはまり、依存度が高く、多少の不都合や不条理にも目をつむり盲進する方々は、最初から答えを決め付けて、それに符合するワードを探しているだけです。それは明らかに洗脳プロセスの一環です。多くの日本人が、義務教育課程で植え付けられているものです。

つづく
サージ
2013年10月18日 12:00
ハワイはアメリカの州ですが、世界的な観光地ですし、農作物も地産地消でまかなえますから、デフォルト時の影響は微々たるものでしょう。ハワイ的には独立のチャンスで願ったり叶ったりだと思います。

しかし、アメリカ本土は厳しいでしょうね。ま、中国や中東、ヨーロッパも大打撃を受けるでしょう。これは1929年から始まった世界恐大慌時と同じく、意図的に仕掛けられるものです。世界の資産が目減りすれば、自動的にドルの価値が高まります。

つまり、新ドル発行の時期にあえて当て込んだのは、国内の資産家およびシオニストたちの通貨交換を優先させるために、あえて行政機関を凍結させたことと、国民の1/3が受給しているフード・クーポンが停止した場合の影響度のテストなどがあります。

すでにアメリカは国民の家畜化が完了しています。彼らは遺伝子組み換えだろうが、発ガン添加物食品だろうが、選んで口にする権利を失っています。医療や保険制度も同様で、国の政策に従わない者は死ぬだけです。TPPはそれら支配制度を世界規模へと拡大するミッションです。

あと、本日(1018=118)から明日(1019=119)および10月22日(5522)、24日(富士)、11月18日(満月)のファイナル・ミッション情報を事前に得ていますが、当然にして我々も阻止のために動いていますのでご安心下さい。

また、それぞれの勢力は三つ巴の化かし合いをしていますので、1勢力の思惑だけでは上手くいかないでしょう。中国やロシアは漁夫の利でアメリカを乗っ取るつもりですよ。ただ本命は日本です。

いずれにしても、万が一のために家族人数×2L×5の飲料水と、保存の利く10日分の食料は備蓄しておいてください。
小林大理
2014年03月03日 23:19
あのですね 民主主義とは 明確な反証が絶対条件です。どこがどういんちきなのか。高齢者は死ね?そんな理論はthriveには存在しません。合気道の知識経験はありますか?武道は?その指導資格をこのコンピュータアンドロイドの主は所持しているのか?少なくとも私は剣術を経験しています。そういうことです。経験も見識もなしに 仮想知識仮想体験を述べる、しかも匿名絵コンピュータに向かって。

本名です 私は。

小林大理
サージ
2014年03月04日 11:19
あなたの通名などどうでもいいです。

では民主主義とは何ですか? どこの世界に民主主義が確立されているというのでしょうか? もし日本が民主主義国家であるというなら、あなたは無知蒙昧の極みです。

剣を握る者は、剣を抜かぬことが真理です。言葉は剣であり、それを抜き取り交わすことは、獣道であることも理解できないのですか。あなたに剣を握る資格はない。

コンピュータは道具です。あなたは誰に話し掛けているのですか。その先に人はいるのです。それを知りなさい。

Thriveを信じたければ、黙って信じればよい。
そして、自分自身を見つめなさい。

私は、これが「真理だ」と上段に構え、救いを乞う者から金を巻き上げといて、偽善を押し売りする宗教まがいの偽物を信じないだけだ。人を救いたいと真剣に思う者は、知恵を授ける見返りに金銭を取ったりしない。

そんなことも分からないのか。愚か者め。
spat
2014年03月30日 13:15
はじめまして。とてもよく調べ、考えておられるので感心しました。

ただ、宇宙人は存在しない、という“信念”に関しましては、私自身も50数年の人生を経て、数年前に改めさせられた経験から申しますと、見直されるほうが真実に近づけるのでは、と思います。

映画などで、多くの、恐怖を煽る“宇宙人の侵略もの”がありますが、それは単なるウケ狙いの映画の脚本家たちが引き起こした偶然などではなく、そのこと自体が映画産業を牛耳る連中の、刷り込みのためのプロパガンダであることはご理解いただけると思いますが、そのことは、逆に闇の支配者たちが、どれだけ宇宙からの人々と一般の人々の接触を避けさせたがっているかを示しているとは、考えられませんでしょうか。

何が、私を宇宙人の存在に対して心を開かせたかと言いますと、目撃ですね。
空に超巨大な物体を見た、ということです。
そして、その後、ある本に書いてあった通りに、姿を現してくれるように、心の中で念じて、空の一点を見ていたら、夜でしたが雲がそこだけ開いて、パッと巨大な球体が現れ、巨大なライトを点滅させてまたさっと消えた、というようなこともありました。
そうしたことに心を開いて(つまりその存在の可能性に期待して)、たまに空を見上げるようになると、意識が通じてあちらも姿を見せてくれるはずです。
彼らについて学び始めることによって、私のそれまでの人生は、今に比べれば無であったと分かったとさえ言えるほどです。
あ、余計なことを言い過ぎたかもしれません。
失礼しました。
僭越ですが、とりあえず、この本をお勧めします。

アミ 小さな宇宙人 徳間書店刊
サージ
2014年03月31日 10:20
spatさん、はじめまして。当ブログへの来訪とコメントを頂きありがとう御座います。

このところ非常に多忙で、頂いたコメントの掲載およびお返事が大変遅くなりました。申し訳ないです。

宇宙人の存在についてですが、私も同時に千人以上の者が目撃した巨大母船や、わずか15mほどの近距離で着陸したUFOを目撃した経験を持つ者ですが、それでもそれに乗っていたのは宇宙人ではないと確信しています。

私はよく空を観察しているので、UFOを目撃するのは日常茶飯事です。でも宇宙人の存在は信じません。それには明確な理由があるからです。

宇宙人から学ぶものなど微塵もありません。人間は、生まれながらに、学びのすべてを内に秘めています。それを探求せず、外側へ真理を求めるようでは、堕落の一途でしょう。

推奨本をお知らせ頂きありがとう御座います。近いうち、手に取ってみたいと思います。ちなみに私は理想郷を作る一人です。

本や言葉を得たからすべてが変わるのではありません。最初からあなたの中にその答えがあるのです。
どら焼き
2014年04月01日 15:01
私もUFOよく見ます。大きなものは1度だけ。多摩市。2007年頃。夜。
直近のものは2013年6月頃。昼間。鏡のような長方形。
宇宙人ではなく、次元の高い、私たちにつながるものでしょうか?
いずれにしても人間の進化なくしては事は進まないという気がします。
サージ
2014年04月02日 10:50
どら焼きさん、こんにちは。

四国や六甲山、多摩や八王子、富士、八ヶ岳などは多くの目撃報告がありますね。ある場所と合致します。そう修験場です。

はい。宇宙人ではなく、高次元の人間による思念です。せっかく話題が出たので、ひとつ面白い実験動画を紹介します。

フェーズ THE PHASE
http://youtu.be/EfVSvrKkoWM

元々は、1974年に米国バージニア州にてロバート・モンローによって創設されたモンロー研究所によるヘミシング実験が走りです。いわゆるあらゆる聖者が目指した・ヨーガ「体外離脱」のことです。そのやり方は色々あります。

密教で言うところの「悟り」「本願」「彼岸」に到達する修行です。よく滝行や断食行などの荒行を行うのは、肉体的感覚を意図的に休止させる手法で、これは釈迦が否定したようにあまり効率的ではありません。

皆が瞑想するのは、覚醒と睡眠の狭間を意識するためです。その狭間(此岸と彼岸)が未知なる世界の扉なのです。この方法が一番簡単だと言えます。

西洋人にとっては、まるで意味不明でしょうが、日本やアジア、南米、北欧では古くから伝道されている秘術と言えます。ある意味、西洋で言う魔法や呪術という見方も出来ますね。
サージ
2014年04月02日 10:50
私は実家が四国で元修験道者の血筋でしたから、幼い頃から無意識に解脱することが多々あり、時間や空間の超越体験を当たり前にしていました。霊が見えるなど当たり前だとも思っていました。見えない人がいると気付いて驚いたくらいです。今は瞑想や睡眠法によって意図的に解脱することが可能です。

たとえば映画「ゴースト」を参考にすれば分かり易いですが、意識を集中すれば、解脱後、肉体の実体化や物を動かしたりも出来るようになります。やり方によっては幽霊やUFOを出現させることも出来るでしょう。

空を飛んだり時間や空間を超越するのは当たり前として、訓練によっては他者への憑依すら可能にするものです。宇宙人やレプティリアンの実体化も出来るでしょうね。

皆さん、この意味、ご理解できるでしょうか?

知識や形式はさほど重要ではありません。大切なのは度重なる実践です。
どら焼き
2014年04月04日 15:37
覚醒と睡眠の狭間…
中今、みたいな感覚でしょうか。
思考と無思考の境い目。

夢をコントロールしないのは人類の大きな損失だ、というようなことをチベットの高僧も言っていますね。
サージ
2014年04月09日 15:43
どら焼きさん、当ブログのサーバーがXPサポート終了に伴いメンテナンスに入っていたようで、しばらくログインできませんでした。返事が遅くなって申し訳ない。

明晰夢と解脱はまったく異なります。早い話が「幽体離脱」です。これを会得することです。明晰夢は精神修行の一環で、呪縛を破る経験は大いなる学びがありますが、ここにはまり過ぎるとマイナス効果です。

最終的には解脱を目指しましょう。

つづく
サージ
2014年04月09日 15:49
spatさん、時間のない中、ちらちらと「アミ 小さな宇宙人」を読み進めていますが、読み終えたら感想文でも記事として掲載してみようと思います。

ただひとつ。宇宙人アミは現実から乖離した、空想の宇宙人であることを皆さんもちゃんと認識して下さいね。けっこうアミは文中で嘘を付いていますよ。皆さんも鵜呑みにしないで真実をちゃんと調べましょう。

ちなみに私は、ビートルズ(獣たち)や嘘つきジョンも嫌いです。

善と悪は元々は同じ物であること。我々は、悪を抱き込んで愛すると言うことも学ばなければならないのです。でなければ押しつけ愛は、少数を搾取する独裁に変わってしまう。

悪が生まれるプロセスを学ぶことです。悪なる土地を浄化し、悪の種を芽が出る前にしっかりと手入れすれば、未来に悪は存在しません。農業と同じです。

「愛」とは存在のことです。その存在を意図して消し去ろうとすることこそが悪です。悪は必ず自滅します。それに反省が伴えば、悪は自然と存在できなくなるんです。それが「許し」。宇宙の法則です。

多数決の民主主義の正体は、独裁一歩手前の社会主義です。メディアコントロールによって大衆の思考は制御され、世界は間違った方向へと進んでいるのです。

武器や核兵器の輸出のための憲法改正。弱者切り捨ての増税。特権確保の新法案。いま、愚かな役人たちは自滅の道に向かってます。

お金や欲のために悪に荷担することを止め、悪を見て見ぬ振りすることも止めましょう。それだけで世界は激変します。

生きるとは何かを、皆さん一緒に学びましょう。
三毛猫
2015年05月10日 02:03
はじめまして。今日マインドコントロールに関する雑誌を立ち読みしていたら、ジーン・シャープの本を紹介していました。調べてこちらにお邪魔しました。独裁体制を壊し、傀儡政権を建てるのが彼らの目的ですから、ジーン・シャープは羊の皮を被った狼に間違いないと思います。わざわざ貴重なお金を出して買う価値の無い本だと思いました。有難うございました。
サージ
2015年05月11日 16:14
三毛猫さん、はじめまして。当ブログへの来訪とコメントまで頂きましてありがとう御座います。

民主革命とは、過渡期を迎えた旧体制を崩壊させ、新たに成立する権力構造に自分らの息の掛かった者を据えるという革命工作です。世界各地で分断と再統合が行われています。

ジーン・シャープだけでなく、メディアに登場する多くの方々が「羊の皮を被った狼」です。いわゆる捕食者(Human Predator)であり、言葉巧みに市民を扇動し革命の駒となるよう落とし込んでいます。

これら民衆扇動に決して乗らないというのが正しいと考えます。

私の情報が、少なからずお役に立てたことを光栄に思います。こちらこそ、ありがとう御座いました。
ドゥラメンテ
2015年05月21日 18:32
表のマスメディアの役割を理解し危機に思い、ラジオ放送のYoutube、地方新聞のネット、信頼できる識者のツィッターやブログ、ブログや記事の紹介サイトから収集しています。SNSで仲間と情報を共有し、今の日本を警戒しています。
また、片方で世の中のからくりを知ろうと、ウラを読む人たちのブログやHPへ行っています。
そんな中、ある検索をしていたところへスライヴのYoutubeの紹介がありました。ウラを少し知っていたので一致した真実を明らかに視覚化されていると思って喜んでいましたが、アマゾンの低評価レビューしている人の意見を目にして、そして片目であることも疑惑があったので、疑って検索した結果、ここへたどり着きました。
レビューには、トヨタの燃料電池が連中に潰されないのはおかしいだろとありました。また買う価値はないともありました。
ここの内容と主さんのコメントを見てまともな感覚だと思いました。
スライヴも有名陰謀論者と同じ向こう側の人間だと分かりました。ある程度の真実を暴露しつつも、ミスリードして新たな思惑へ誘導洗脳することが、向こう側の人間が使う手口だと理解しました。
スライヴには、視覚化された支配構造は利用価値がありました。
日本は、連中が作った天皇と田布施システムなどや三菱などの財閥もあり欧米の連中と結託したこれらの連中の支配下にあるのを承知しています。
スライヴがYoutubeにある以上、ここは意義あるブログだと思います。
スライヴの商品は字幕なのに、Youtubeは日本語吹き替えです。誘導洗脳に余年がありませんね。
サージ
2015年05月25日 10:21
ドゥラメンテさん、こんにちは。当ブログへの来訪とコメントまで残して頂きましてありがとう御座います。

はい。仰る通りマスメディアの偏向報道や思想誘導は日に日に過激化しています。安倍内閣の方針も、憲法改正をはじめマイナンバー制の導入と、日本を売り渡す流れに拍車を掛けております。

彼らは日夜、陰謀論とUFO情報を交えて思想洗脳しています。8割~9割真実を暴き、残りで大嘘を仕掛けて誘導するというのは、彼ら支配者側の専売特許です。本当に自分で調べ情報を精査する方でないと、いとも簡単に誘導されてしまいます。

特に安易にレッテル張りをする方や、国内の分断闘争を煽る方は、皆あたら側の工作員の可能性が高いです。自民党のJ-NSCは3000人のネット工作員を雇っています。彼らの情報工作活動にくれぐれもお気を付け下さい。
風邪ひいてる人
2015年10月30日 20:10
こんにちは。随分前の記事にコメントすみません。
最近友達がfbでthriveの動画を紹介していたので、以前こちらのサイトで読んだ情報で気になることがあったのを思い出しました。
thriveのサイトの女性の写真の目に映りこんでいる風景、フィレンツェだそうですが、具体的にはどこになりますか?
400年代にありがちな最上階がテラスになった建物で、その中に大きな地球儀(?)があるような感じですが。どこなのか、フィレンツェ在住ですが思い当たりません。

Borgo degli AlbiziにあるPalazzo Valori-Altovitiにフリーメイソンの本部があると、まあどの呼び鈴だったかは忘れましたが、そんな話は聞きましたが、通り側からしか見た事がないので、なんとも分かりません。
Palazzo Vecchioにはテラスも地球儀もあるけれども、一緒ではないし・・・。

気になって風邪が治りません!!笑

よろしくお願いいたします。
サージ
2015年11月10日 10:34
風邪ひいてる人さん、こんにちは。当ブログへの来訪とコメントを頂きありがとう御座います。

風邪は万病の元です。気になって風邪が治らないのであれば、気にしないことをお勧めします。風邪という病気はありません。風邪の症状は、体調の崩れを示す事象です。その原因の大半は精神面にあります。「病は気から」の言葉通りです。

まずは日常におけるストレスを解消し、健やかな日々を送れるよう、適度な運動と日光浴、そしてバランスの取れた食事をお勧めします。また好意を持つ方や家族などとのハグやスキンシップも日々の生活に潤いを与えます。

日本はちょうど紅葉の季節です。フィレンツェではワインやポルチーニと香しき季節と言えるでしょう。天気の良い日には、お弁当を持ってボーボリ庭園やカステッロ・デル・トレッビオなどピクニックへと出掛けましょう。
風邪の治った人
2015年11月12日 00:06
ご丁寧に風邪への対処法をご教授くださりありがとうございます。
風邪が治らないというのは、冗談でして・・・。

Castello del Trebbioをご存知なんですね、以前S.Brigidaに住んでいた事があるので、毎日前を通っていました。
UffiziのCollezione Contini BonacossiのAndrea del Castagnoの絵はやっと最近になって鑑賞しました。

ちなみに、フィレンツェ某所とはどちらになるのかご存知ありませんか?
Museo di Simbologia Massonicaでメンバーの方に聞いてみるのが一番でしょうか・・・。


風邪の治った人
2015年11月12日 00:09
ちなみにご回答をいただいたのが、Papa Francesco Iの来訪の日とぴったりでした!
サージ 
2015年11月13日 10:15
こんにちは。お風邪が治って良かったです。

ええ。カステッロ・デル・トレッビオは、主はパッツィ家からメディチ家へ移り、今は私設の別荘兼ワイナリーになっていますね。バトラーの見識から見ても、実に興味深い建物です。この場所の景色も見事で素晴らしい。

アンドレア・デル・カスターニョと言えば、イエスと聖母を描いたフレスコ画がとても興味深いですね。もちろんご存じかとは思いますが、このサイトにご興味のある他の方向けへリンクを張っておきます。

http://wtfarthistory.com/post/10405343509/avast-mateys-its-talk-like-a-pirate-day

そうですね。オルト通りへ尋ね歩いてみるのも面白いかも知れません。点と線を結ぶきっかけが見つかるかも。レオナルド・ダ・ヴィンチとミケランジェロの逸話にしても、フィレンツェという町は実に興味深い町です。ゆっくりとカンバスに向かうために訪れたい町の一つです。

"Piccoli musei, grandi storie" - Museo di Simbologia Massonica, MUSMA. Firenze[YouTube]
https://youtu.be/chwqMYQ62XU
風邪の治った人
2015年11月17日 17:39
サージ様、お返事ありがとうございます。

たまたまですが、昨日うちのパートナーがスーパーで買ってきたワインが、Torre dei PazziというまさにCastello del Trebbioのものでした。笑

Andrea del Castagnoのこの作品のあるところは無料で入れるのに、日本人はおろかイタリア人もあまり知らないので、もっと知られてほしいです。S.S.Annunziata教会にある有名な作品の興味深いsinopiaもあるし、なにより最後の晩餐があります。

フリーメーソン博物館からちょっとの、Giardino di Torrigianiで、「ここから戦後処理の終わっていないゾーンで、不発弾があって危険かもしれないから入らないでください。」と案内の人に言われた所があり、それも興味をくすぐります。

話は掘れば掘るほど、歴史と土地が絡み合いとても面白いですね。

UffiziとAccademiaとブランド品と、フィレンツェ風ビーフステーキ(900年代初頭の観光政策!)を目当てに来る日本人がほとんどですが、
是非こちらにいらっしゃる際はゆっくり楽しまれてください。

サージ
2015年12月10日 10:08
風邪の治った人さん、こんにちは。コメントを頂きありがとう御座います。

偶然は必然か、あるいは、やはり単なる偶然か…。人間の智慧とは自己解釈論で完結するが故に、ハムレットではありませんが、人間にとっての永遠のテーマなのかも知れませんね。

さすが不発弾の行は、フリーメイソンならではの注意書きだと感じました。「秘密を暴くために、自らの命を懸けるか?」の問いにも見えます。ディズニーの「アラジン」で描かれた黄金のスカラベと、獅子の洞窟内における秘密の露見。

こういうことを言うと、偏見で誤解されかねないですが、古き良き時代とは、命懸けの遊びだったのかもしれませんね。逆に今の時代は極端な過保護で、命懸けで人生を楽しむ方がめっきり減った気がします。

本当の意味で自分が無知者と理解する人は皆無です。

はい。ありがとう御座います。ゆっくり訪れたいと思います。
ナトゥー
2016年01月25日 21:52
この作品から以下の2点を感じました。

・科学でコーティングした新宗教
・浅い思索

正直、こういった思想には関わったことがなかったので、いくつか勉強になったことがありましたが、それにしても酷い内容だと素人でもわかりました。
理想の世界の実現、宇宙規模のこじつけ、性善性のゴリ押し。
世界はそんなに簡単じゃない。
そして、基本的に視聴者を小馬鹿にした演出だなと感じました。
「あなた達は祝福された人達なんです!」っていう新興宗教感が満載でした。

しかし、いいキッカケにはなります。
誤りに気づき、真理を追求すべきだという事に改めて気付かされました。
サージ
2016年01月26日 12:04
ナトゥーさん、はじめまして。当ブログへの訪問とコメントをありがとう御座います。

仰る通り「科学でコーティングした新宗教」というキーワードは、太古から使われてきた人心掌握レトリックですね。手品や化学的トリックを魔法と嘯き、民衆を虜にして統率する。まさにカルト宗教の手本とも言える手法ですね。教団名がそのまま「幸福の科学」なんて団体もあるくらいですから。

真理は自然から学ぶのが一番です。人間のささやかな智慧とは、自然の恩恵から得たほんの一部の知識でしかないのです。最先端技術もそれらノウハウも、すべて自然のサイクルの中にある物の応用でしかありません。当然、人の欲から出た衝動の結果だけに不完全であり、副作用的弊害が必ずついて回ります。

自然を観察し、さらに自分自身に目を向けることが一番大切だと思います。人が五感で得られる情報は、自然の一部でしかないことも悟るべきです。人間にもありますが、動物や植物にも五感以外に関知できるセンサーがいくつもあります。それに気付くだけでも世界はもっと広がるはずです。

ご存じのように人間の可視可聴域とは極めて狭い範囲でしかなのです。人の目に見えない世界、耳には聞こえない世界は確実に存在し、人の関知域を遙かに上回る広大な世界を形成しています。エネルギーや多次元の存在に意識を向けることも大切だと思います。

私の言葉が、ナトゥーさんの真理追究のきっかけになれば幸いです。

この記事へのトラックバック